-あなたの気になるにお答えします-

野球の牽制ってどんなルール?誰にでも分かる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて野球に関する話題もこれで5回目♪今日はちょっと難しそうだからという理由で避けていた牽制の記事を書いていこうと思います。

牽制といえば、野球をよく知らない人からすると変態か(゜ロ゜)と思わず思っちゃうぐらいピッチャーが変な動きしますよね。

baseball_pitcher

実はあれは変態ではなく、盗塁を阻止するため、なるべく相手のランナーに走られないようにする作戦なんですね!

*盗塁に関してはまた別記事で紹介していますので記事の最後で紹介しますね^^

ということで今回は牽制のルールについて見ていきましょう!

Sponsored Link

【野球のルール解説】牽制とは?

まずいつものごとく一般的な牽制の定義から見ていきましょう。

走者は自身が望む場合、自らの塁を離れること(リード)が許されている(ソフトボールでは投手のボールリリース前の離塁は禁止)。

守備側としてはあまりに塁を離れられることは次の塁を取られることに繋がり不利であるので、投球前の投手や捕球後の捕手が走者の動きを牽制するために、走者のいる塁に送球することが許されている。

この送球を牽制球という。

wikipediaより引用-

僕の野球記事シリーズをご覧になって頂いている方はよく耳にするあろう言葉ですが、

野球の基本として、

  • 攻撃側の目的は点を取ること!
  • 守備側の目的は点を取られるのを防ぐこと!

というのをまず頭に入れておいて下さい。

そのため点を取るために少しでもランナーを進めるための作戦が盗塁!それを阻止しようとするのが牽制です。

では実際に動画を見ながら、牽制の成功例と失敗例を見ていきましょう。

Sponsored Link

 どうなれば牽制が成功で、どうなれば失敗?

ではまずみんな大好きハンカチ王子こと斉藤佑ちゃんに登場してもらいますね。牽制失敗と牽制成功の対比がとてもわかりやすい動画です。

1回目が牽制失敗で2回目が成功です。

少し詳しく解説していきましょう!

まず覚えておいて欲しいのが、ランナーにはなぜかベースから離れて良いですよというリードと呼ばれる権利が与えられています。動画でもランナーがベースから離れていますよね!

そのランナーがベースに戻る前にピッチャーから守備の人にボールがわたって、ランナーにタッチすることが出来ればアウトになるというのが牽制の基本ルールです。

動画では1回目の牽制は1塁(ファースト)を守る人がランナーにタッチするより、ランナーがベースにタッチする(帰塁)方が早かったので牽制は失敗となり、ランナーは生き残ります。

2回目の牽制はその逆でランナーがベースにタッチするのより、1塁を守る人がランナーにタッチする方が早かったので牽制は成功でランナーはアウトになります。

 

今回の動画では1塁の牽制でしたが、その他にも2塁への牽制や3塁への牽制もあります。

 

牽制に関しては細かいルールが色々とあったりするのですが、これ以上詰め込んじゃうとこんがらがってしまうと思うので、牽制のルールに関しても別記事で解説していきます♪

では最後にキャッチャーの牽制について簡単に解説して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

ピッチャーだけじゃない!キャッチャーの牽制!

それではまずは得意の動画で見ていきましょう。めちゃくちゃかっこいいのでほれないように注意してくださいねヽ(´▽`)

いかがでしょう?

仕組みはさきほどのピッチャーの牽制と同じで、ランナーがリードをしていますよね!なのでランナーがベースに戻る前に1塁を守る人がランナーにタッチすれば、牽制は成功ということになります。

ちなみにこれはピッチャーの牽制にも言えることなのですが、何回牽制してもOKです。

だだ、牽制の球がそれてしまうとランナーに次の塁に進まれてしまうというのと、投げすぎると疲れてしまうというデメリットもあるので多用はされない作戦です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

牽制とはリードしているランナーをアウトにするための作戦。

もちろん牽制も一つのスキルなので、上手な人と下手な人に分かれます。牽制が上手なピッチャーと足が早いランナーの攻防での投げるまでの間合いは、緊張感があり見ているこっちまで息が詰まりそうになります^^;

ぜひぜひ今後野球を見る際には牽制にも注目して観戦するようにしてみると、またひとつ野球が楽しくなってきますね♪

記事中で紹介した盗塁に関しては上の記事、牽制のルールに関しては下の記事で詳しく解説しています。あわせて読んで頂けると牽制に関しての理解がより理解が深まるかと思います^^

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事