-あなたの気になるにお答えします-

飛騨古川祭り2017!日程と見どころを一発チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛騨古川祭りは400年の歴史を持ち、「神輿行列」「起こし太鼓」「屋台巡行」から成り立つ、気多若宮神社の例祭です。国の重要無形文化財として指定され、ユネスコ無形文化遺産としても登録されているほど伝統ある祭礼なんですね♪

また古川祭りは、

 
  • 「静」の「屋台行列」
  • 「動」の「起こし太鼓」

 

という2つの顔を持っています。

飛騨市古川町は、古い街並みが残り半日程で散策ができる静かな山間の街ですが、このお祭りの時ばかりはたくさんの人達で賑わい、勇猛果敢な男たちの太鼓を打ち鳴らす姿、豪華絢爛な屋台が町を練り歩く祭事が執り行われ天下の奇祭とも呼ばれているんです。

ということで今回はそんな飛騨古川祭りの魅力やスケジュールなどをご紹介していきたいと思います。

まずはこちらの動画で雰囲気をお楽しみください♪

 

まずはじめに日程のご紹介からしたいと思います。

Sponsored Link

飛騨古川祭りの日程は?

今年の日程は、4月19日(水)20(木)です!

祭りのスケジュールは次のようになります。

屋台

19日

8時30分頃より日中各町内を曳行します。

夕方屋台蔵に帰ります。

20日

起こし太鼓の激しいぶつかり合いから一転、煌びやかな9台の屋台行列が、桜咲き誇る中、曳行します。

  • 8時頃 まつり広場にて屋台引き揃えが行われます。
  • 10時頃~お旅所を屋台曳行
  • 19時30分頃に屋台蔵に帰ります。

からくり・獅子舞・子供歌舞伎

19日

8時頃~16時頃まで各町内を数回巡行

20日

8時30分ごろ~まつり広場にて奉納

12時30分ごろ~14時ごろまで真宗寺付近にて奉納し、解散

起こし太鼓

19日 20時30分頃、起こし太鼓出発

朱雀会館➡真宗寺➡栄町会館➡円光寺➡まつり広場の順に巡行予定。

 

次の章ではイベント内容をご紹介したいと思います。

次の章では飛騨の国古川祭りとはどういったイベントなのかをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

飛騨古川祭りはどんなイベント?

桜満開の元、豪華絢爛な屋台と共に獅子舞も、それぞれに町内を進みます。神楽台・鳳凰台・麒麟台・金亀台・龍笛台・三光台・清曜台・白虎台・青龍台・三番卑です。

屋台の中には「からくり」と「子供歌舞伎」があるのでご紹介したいと思います。

からくり

 

屋台の中に「青龍台」と「麒麟台」があります。祭り広場でからくりが奉納されるんです。匠の技が光る見事なからくりは唄に合わせて動きます。

演目

  • 青龍台 げぼうの梯子ずり
  • 麒麟台 花かご運び

操る引き綱師の華麗なる技を堪能してください。

子供歌舞伎

 

「白虎台」は子供歌舞伎が奉納されます。子どもたちが歌舞伎役者に扮した愛らしい姿を見せてくれるのでシャッターチャンス間違いなしです。

演目 弁慶と牛若丸

雨天の場合、獅子舞は行われますが、屋台の巡行は中止になります。屋台蔵にてからくりと子供歌舞伎が披露されます。

起こし太鼓

 

古川祭りの一番の見どころと言えば日本三大裸祭の1つ「起こし太鼓」ではないでしょうか。

19日の夜、まつり広場にて約1000の手提げ提灯の灯る行列に導かれ、さらしを巻いた男たちが直径80センチの大太鼓の上に乗り太鼓を打ち鳴らいながら町を巡行します

町の4つの角では「付け太鼓」と呼ばれる小さな太鼓が突入してくるんです!!大太鼓の男たちはそれを防ごうとします。この攻防戦は深夜にまで及び迫力満点!!この時、男たちの熱気と高揚感が最高潮に達します。

激しい攻防のため見学する場合はケガなどに注意が必要です。

起こし太鼓を打つのは起こし太鼓の主事になった地区の若者なんです。太鼓の打ち手は一生に一度しかできません。何故なら、毎年地区のくじ引きで決められるからです!古川の男なら1度はなりたい役なんですね。

若い熱気が溢れる喧嘩祭りのような勇壮な祭事をご覧あれ!!

Sponsored Link

アクセス方法や駐車場の情報は?

住所

岐阜県飛騨市古川町

TEL

0577‐73‐2111(飛騨市観光課)

会場

飛騨古川市街地

電車でのアクセス

JR飛騨古川駅より、御旅所まで徒歩約5分

臨時列車

高山駅~飛騨古川駅

列車名:特急ひだ15号

*「古川祭」向けの臨時列車は他にも普通列車計5本が運行されます。

車でのアクセス

  • 東海北陸道飛騨清見IC➡県道90号経由15キロ約30分
  • 中部縦貫道「高山IC」➡国道41号線経由約30分
  • 北陸自動車道「富山IC」➡国道41号線経由約1時間30分

無料駐車場

有り 200台

飛騨市公式観光サイト

https://www.hida-kankou.jp/

まとめ

やはり、目で楽しんだら舌でも味わいたいですよね(≧▽≦)飛騨と言えば!!飛騨牛!!!せっかくお祭りに行ったのですから、ぜひご賞味有れ♪

飛騨は山間にありますが、ここにとらふぐが、養殖されているの知ってましたか?養殖と言っても侮るなかれ!!甘みと旨みは絶品です。土産話の一つにいかがですか?(´艸`*)

お酒が好きな方には地酒!!北アルプスの山々を望む飛騨市、豪雪地帯として有名ですよね。春には雪が解け飛騨の大地に純度の高い地下水が流れ込みます。

お酒って水や酒米によって味が左右されます。飛騨の気候風土や造り手によって生み出されるお酒は、あなたのお気に入りの1本に加えてみてはいかがでしょうか。

春に近づいているとはいえまだまだ、寒さが残ります。風邪を引かないように防寒対策を万全にしていきましょうね(^^♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事