-あなたの気になるにお答えします-

高尾梅郷の梅まつり 2017!日程や見どころを一発チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬の終わりから暖かい日が増え、春を感じる日が多くなってきましたね♪春の訪れを知らせてくれる花として「梅」を思い浮かばれる方も多いと思います。

今回はそんな梅の名所として有名な高尾梅郷(たかおばいごう)の梅まつりをご紹介をしたいと思います。園内だけではなく、色々な角度から梅を感じられる場所としてこの季節には人気のスポット!また、4.5キロメートルの広大な敷地にたくさんの梅が植樹されているので、ゆっくり散策したい方におすすめです♪

まずはこちらの動画で雰囲気をお楽しみください(^^)

 

ではまず初めに日程からご紹介していきたいと思います♪

Sponsored Link

高尾梅郷の梅まつり!今年の日程は?

今年の日程は・・・

3月11日(土)~3月12日(日)となっております。

入園料は無料ですので、どなたでもご参加頂けますよ〜♪

※高尾梅郷公式ホームページ(八王子市役所)

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/001/p003240.html

では次の章で高尾梅郷の梅祭りの魅力やイベントなどをご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

高尾梅郷の梅まつりとは?魅力は?

旧甲州街道沿い約4.5キロメートルの間には天神梅林・荒井梅林・湯の花梅林・木下沢梅林・小仏梅林・関所梅林と遊歩道梅林があり、すべての梅林を合わせた総称を「高尾梅郷」と言います。

7つの梅林を合わせてなんと約10,000本もの梅の木が植えられていると言われているんですよ〜!!

旧甲州街道と小仏川と中央本線が並行している位置にあるので、時期になると鉄道ファンも多く訪れます。多種多様な撮影場所があるのでそれぞれ楽しむことができるのが出来るのも特徴なんですね(≧▽≦)

また、普段は梅の保護のため立ち入る事の出来ない「木下沢梅林」が特別に解放されます。

 

「木下沢梅林」は約1400本もの紅・白梅がある里で、梅が開花する時期には一面に咲き誇る梅を眺めることが出来る絶景スポットです。園内にはトイレやベンチなどもあり、休憩しながら堪能できますよ〜(^^)また道の起伏が激しいので歩きやすい靴と格好で行きましょう♪

木下沢梅林

  • 住所:東京都八王子市裏高尾町
  • TEL:042-620-7378(産業振興部観光課)
  • 入場料:梅まつり期間中無料
  • 開園日:例年3月中旬~下旬 要確認
  • 開園時間:10時~16時 要確認

※特別日程と時間は電話などでご確認してください。

 

では次の章で高尾梅郷の梅まつりのイベント情報を見ていきましょう!

Sponsored Link

高尾梅郷のイベント情報

例年イベント期間中は、梅林ごとに露店が立ち並びます。農家の人達が梅干しや野菜などの直売する場所もあり、とても賑わいます!(^^)!

野点や琴の演奏が行われ、4つの梅林をめぐるスタンプハイクなども行われます。散策しながら複数の梅林を楽しめちゃいます(^^)スタンプを集めた方に豪華な景品が用意されているのでぜひ挑戦してみてくださいね♪

また、各梅林では「甘酒」「焼きそば」「おでん」など、まだまだ寒い季節にぴったりの食事も販売されていますよ♪

次の章では気になる開花情報や見ごろをご紹介したいと思います。

見ごろはいつ?開花状況は?

例年、2月下旬~3月下旬ごろまでが見頃です。

この時期は一斉に見ごろを迎えることはありませんが、何と言っても梅の木の数が膨大なので、1本も咲いていないということはないでしょう(^^♪

ただ気候により時期が前後する場合もありますので、お出かけ前には一度電話でのお問い合わせをおすすめします!

ちなみに昨年は3月中旬に散り始めて、例年よりも見ごろが早かったようです。

では次の章ではアクセス方法や駐車場の情報をご紹介したいと思います。

アクセス方法や駐車場の情報は?

ではまずは地図で場所を確認していきましょう♪

地図

住所

東京都八王子市裏高尾町・西浅川町

TEL

042‐620-7378(産業振興部観光課)080-6758-1187(高尾梅郷梅まつり実行委員会)

電車でのアクセス

  • JR「高尾駅」から徒歩約15分
  • 京王高尾山口より徒歩約10分

*JR高尾駅北口より「小仏」行きバスで各梅林に停車します。

  • 遊歩道梅林 「小名路」下車
  • 木下沢梅林 「日影」又は「大下」下車
  • 湯の花梅林 「蛇滝口」下車
  • 天神梅林  「荒井」下車
  • 関所梅林駒 「木野」下車

車でのアクセス

圏央道「高尾山IC」すぐそば

※梅郷までの車道は道幅が狭く、周辺に駐車場が無い為電車やバスでの移動をお勧めします。

梅まつり期間内は2日間で約2万人の方が訪れますが、梅園内は広大な敷地なので混雑なくゆっくりと散策することができますよ(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに高尾梅郷よりも少し早めに咲く場所があります。JR高尾山駅下車、高尾梅郷へ向かう途中にある「小仏関所跡」です。付近の梅は時期には早いけどどうかな?と思われる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

距離が長く起伏に富んだ地形もありますので動きやすい靴や格好で行きましょう。(水筒も忘れずに(≧▽≦))

それでは高尾梅郷で春の訪れをお楽しみください♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事