-あなたの気になるにお答えします-

ひな祭りの食べ物の由来って何?どういう意味があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひな祭りは女の子の健やかな成長を祝う年間行事です(*’▽’)5つの節句のうちの一つであり、桃の節句や上巳の節句とも言いますよね♪

3月3日は毎年どのように過ごされていますか?年に一度の女の子の為の日ですから、ひな人形を飾って豪華な食事と色鮮やかなお菓子を食べながら家族で祝っているという方も多いのではないでしょうか(^^)

我が家でも娘が生まれてからは毎年お寿司やお菓子を用意して祝っていますが、ママは大忙しで大変です(;^ω^)

ところで、ひな祭りの時に食べられている一般的なものにはどんな由来や意味があると思いますか(^^)?今回はひな祭りの食べ物について注目してみました!ひな祭りの食べ物には、愛する娘を想う親から子への愛に溢れていましたよ(*^^*)

まずはひな祭りの食べ物の由来について見ていきましょう♪

Sponsored Link

ひな祭りの食べ物の由来って何?

ひな祭りと言えば、

 
  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • 雛あられ
  • 菱餅
  • 白酒

 

が一般的ですよね(^^)これらの食べ物にどのような由来や意味があるのか、1つ1つ見ていきましょう♪

Sponsored Link

ちらし寿司の由来って何?

food_chirashizushi

実は由来はありません。

ですが、お寿司には「寿を司る」という意味があり、縁起がいい食べ物とされているため、祝いの時に振舞われることが多く、さらに“ちらし寿司”は多くの具材が食べられて見た目にも鮮やかである事から、ひな祭りに食べられるようになったと言われています。

また、バランスの良い物を食べることによって健康になるように、そして大人になっても食べるものに困らずに過ごせますようにとの願いが込められています(^^)

とはいえ、平安時代はちらし寿司ではなく、魚をご飯に漬けて発酵させた“なれ寿司”が食べられていました。ですが、なれ寿司は見た目も悪く味もあんまり…(;・∀・)

そして江戸時代になると具を混ぜた“ばら寿司”が食べられるようになり、その後時を経て現在のちらし寿司が食べられるようになりました。

ちらし寿司の具として代表的なものにおいても、1つ1つ意味がありますよ♪

 
  • エビ:腰が曲がるまで長生きできるように。
  • れんこん:大きく空いた穴から遥か先まで見通せるように。
  • 豆:健康でマメに働くことができるように。

 

との意味合いが込められています(^^)

もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になってみて下さい♪

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来って何!いつ食べるもの?

では次の章ではまぐりのお吸い物の由来について見ていきましょう♪

Sponsored Link

はまぐりのお吸い物の由来って何?

2013_0301

はまぐりは二枚貝で、対になってぴったりと合わさっていますよね!ここがひな祭りに選ばれるポイントです♪

実はこの貝を一枚ずつ外して他の貝に合わせても、ぴったり合わさる事はありません。このことから“一人の人と一生を添い遂げられるように”という願いが込められています。

さらに、はまぐりはとても栄養価が高い事から、栄養のあるものを食べて健康に過ごしてほしいとの親心も含まれていますよ(^^)

では次の章で雛あられの由来について見ていきましょう♪

雛あられの由来って何?

hinamatsuri016

江戸時代におひな様に春の景色を見せてあげるという「ひなの国見せ」が流行しました。その時に外に持ってくのが難しい菱餅を砕いてあられにして持っていったのが現在の“雛あられ”だと言われています。

雛あられの一般的な白・赤・緑にもそれぞれ意味があり、

  • 白は大地
  • 赤は生命
  • 緑は木々

を表しています。自然のエネルギーを頂き、健やかに成長できるようにとの祈りが込められています(^^)

では次の章で菱餅の由来について見ていきましょう♪

菱餅の由来って何?

hinamatsuri_hishimochi-png

菱餅の始まりは中国の上巳の節が原点になります。

昔は母子草と言う草が使われ、緑一色の餅の団子が食べられていました。日本ではヨモギが主流ですが、現在でも一部の地域では母子草が使われています♪

ヨモギには病気の予防や解熱、解毒の効果がある事に加え、独特の香りがある事から邪気を払うと言われ、厄除けに使われてきました。

江戸時代初期になると子孫繁栄に効果があるとされるひしの実を使った白いお餅が加わり、明治時代になるとクチナシを入れて健康と魔除けの意味を持つ赤色のお餅が入り、現在の3色のお餅となりました。

元々は丸いお餅だったのですが、菱餅と言えばひし形ですよね♪このひし形には心臓を表している、大地を表現している、女性を表現しているなど色々な諸説があります

また、菱餅のそれぞれの色は、

  • 白は雪や清純
  • 赤は魔除けや花
  • 緑は若芽

を表現していますよ♪

では次の章では白酒の由来について見ていきましょう♪

白酒の由来って何?

free-illustration-sirozake01-illustrain

中国では桃の花を浮かべた桃花酒が飲まれていました。桃の花には邪気を払う効果に加え、気力が向上する効果が期待されます。

日本でも桃花酒が飲まれていましたが、江戸時代になると白酒が流行ったことで白酒が定番になったんですね。ちなみに、白酒はアルコールがありますので、子供が飲む場合はノンアルコールの甘酒にしてくださいね(^^)

私は甘酒が苦手で、子供の頃は甘酒の代わりにカルピスを飲んでいました♪白く濁っているし雰囲気は似ていますので、苦手な子供にはおススメですよ(*’▽’)

ここまではそれぞれの食べ物の由来や意味について見てきました♪次は地域によって食べるものに違いがあるのかについて見ていきましょう(^^)

地域によって食べるものって変わってくるの?

地域によって違うものと言えば、雛あられは関西と関東では味も形も違うのですよ(*^^*)

関東や多くの地域での雛あられはポン菓子に砂糖で色づけしたものが食べられていますが、関西ではもち米をあられにしたもので、最近では甘い物もありますが基本はしょっぱい系が主流なのです♪形も関東は米粒の形をしていますが、関西は丸いあられです。

また、鳥取ではポン菓子を水で固めてショウガなどで味がつけられている“おいり”が食べられています。他にも、砂糖菓子の“金華糖”を飾る風習があるのは石川や長崎で、鯛や果物などの縁起の良い物の形を砂糖でかたどり、色付けされています(^^)

さらに京都ではお餅と餡で作る和菓子である“引千切”が食べられています。これは“あこやもち”とも言われていますよ(^^)

まとめ

いかがでしたか?

ひな祭りの食べ物には親から娘への沢山の愛が盛り込まれていましたよね(^^)古くから伝わる年間行事であるひな祭りですが、ひな祭りの意味に加えて食べ物の素敵な由来などについても後世に伝えていきたいですよね~♪

私も娘に「このお祝いはあなたへの愛情でいっぱいよ♪」と言いたい!少しずつ、分かるように伝えていきたいと思います(^^)

皆様も沢山の愛情に包まれたご飯やお菓子を召し上がりながら、ぜひ素敵なひな祭りをお過ごしくださいね!そして、これからも健やかに幸せに過ごせますように(*’▽’)

関連記事はこちら♪

ひな人形の意味って何?子供にもわかる簡単解説!

ひな祭りの由来って何?子供向けに簡単解説!

雛人形の飾り方!時期や方角などをご紹介

ひな祭りのお菓子の飾り方!決まったルールってあるの?

ひな祭りの歌詞の意味!実は怖いその内容とは?

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来って何!いつ食べるもの?

菱餅の由来って何?色には何か意味があるの?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事