-あなたの気になるにお答えします-

野球の盗塁ってどんなルール!?誰にでも分かる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球ってルールが難しいので、初めて見る人やルールに詳しくない人には不評ですよね。僕は小学校の頃野球のゲームで感覚的に覚えたのですが、野球に興味がない人にルールを伝えるのは結構難しい…。

特に選手が盗塁なんかした日には初心者はチンプンカンプン

baseball_head_sliding

なんでランナーが進んでいるの?

なんでランナーがいなくなくなったの?

意味がわかりませんよね^^;

ということで今回はもっと野球観戦を楽しめるように、盗塁のルールを解説していきたいと思います。

Sponsored Link

【野球のルール解説】 盗塁とは?

まず盗塁の一般的な定義から見ていきましょう!

盗塁とは野球における攻撃側走者進塁方法のひとつ。

走者が、安打、刺殺、失策、封殺、野選、捕逸、暴投、ボークによらないで、一個の塁を進んだときに盗塁が記録される

wikipediaより引用-

ん〜わかるようなわからないような、なんだか難しい言葉が沢山並んでますね。

簡単に説明すると、ピッチャーとキャッチャーの隙をついて次の塁に進むこと!野球は攻撃の際には点を取ることを目的としているので、なるべく次の塁にランナーを進めたい。

一般的な盗塁は、一塁にいたランナー(走者)が二塁にすすむことですね。もちろん二塁から三塁、三塁からホームベースに進んでも盗塁として記録されます。

動画で見るのが一番わかりやすいかと思うので、あなたもご存知であろうイチロー選手の盗塁シーンをまずはご覧になってみてください。

一塁から二塁に進んでいますよね。これが盗塁です。あなたもどこかでみた光景だと思います。

では、盗塁がどういうものかわかったところで、どうやったら成功どうやったら失敗なのか見ていきましょう。ここまでわかれば盗塁の基礎はバッチリです♪

Sponsored Link

盗塁が成功する場合と失敗する場合

まず覚えておいて欲しいのが、野球のルールの一つとして、ランナーが埋まっていない場合はランナーにタッチしないとアウトにならないというのルールがあります。それをふまえた上で盗塁が成功するケースと、失敗するケースについてみていきましょう!

 

盗塁が成功(セーフ)になる場合

上の動画ではボールがイチロー選手より早く到達はしているのですが、ボールが上にそれてしまい、背番号13番の守備の人がタッチするより先にイチロー選手が2塁ベースに到達しているので、セーフとなります。

盗塁が失敗(アウト)になる場合

ではアウトになるケースもイチロー選手の動画を使って見てみましょう。

このようにイチロー選手が2塁ベースに付く前に背番号1番の選手がタッチしているので、アウトということになります。要はランナーがベースに触れるのが早いか、守備の人がランナーにタッチするのが早いかですね。

 

もう一つの失敗の例として、盗塁も試みる前に牽制で失敗になるパターンもあります。

*牽制って何という方はこちらの記事で詳しく解説しております。

野球の牽制ってどんなルール?誰にでも分かる簡単解説

盗塁の仕組みについてはおわかり頂けたかと思います。でもでもランナーがいるときにいつも盗塁するわけじゃありませんよね。ではもう少し野球を楽しむために、どういう時に盗塁をするのか?について見ていきましょう。

Sponsored Link

どういう時に盗塁ってするものなの?

盗塁ってランナーがいてもするときとしないときがありますよね!

なぜなんでしょう?

・・・・・

それは100%成功する訳ではないからなんですね。

もちろん攻撃側はランナーを進めたいのですが、相手もそれを防ごうと必死です!野球に詳しくなるにつれ、その攻守の攻防がとても面白くなってくるんです。走るの?走らないの?みたいな…。

ちなみに盗塁は成功率が70%以上の人が優秀だと言われています。もちろん盗塁は成功率が高いときを狙って試みるもの。それでは盗塁の成功率が高くなるのはどんなときか見ていきましょう!見るべきポイントは2つランナー相手バッテリー(ピッチャーとキャッチャー)です。

ランナー

  • 盗塁するランナーの足が早いとき。
  • ランナーの技術(スライディング技術や、盗塁のスタート技術)が高いとき。

相手バッテリー(ピッチャーとキャッチャー)

  • ピッチャーが遅い玉(カーブなどの変化球)を投げそうなとき。
  • ピッチャーの投球動作が遅いとき。
  • 相手キャッチャーの肩が弱い(投げるスピードが遅い)とき。

などを考慮し、なるべく成功する確率が高い場合を狙って試みることが重要になってきます。ランナーの足がどんなに速くても、相手のキャッチャーの肩がそれ以上に強かったり、ピッチャーの投げる動作がもの凄く速かったりするとアウトになったりもします。

 

何も知らない人からするとただ走ってるだけに見えますが、実は戦略的に色々考えられているんですね。そこを追求していくと野球観戦がもっともっと楽しくなってきますよ!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

記事を書いてみて思ったのですが、やっぱり野球の解説をするのは難しいですね^^;あとは盗塁にもいろんなパターンがあるので、TVで見て覚えるのが一番かなと!

family_tv_baseball

TVだと解説者が「盗塁成功です」みたいな感じで言ってくれるので、これも盗塁かぁ〜と一発でわかりますね(笑)今回説明した盗塁の基礎を理解しておけば、いろんな盗塁のパターンもすんなり頭に入ってくると思うので、ぜひぜひ参考にしていただければと思います!

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事