-あなたの気になるにお答えします-

湯島天神の梅まつり 2017!日程や見どころを一発チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期は学生諸君にとっては受験シーズン真っ只中!毎日をピリピリとしている方も多いかと思いますが、ここで1つ休憩を取って気持ちをリフレッシュしてみませんか?

今回ご紹介する「湯島天神の梅まつり」はメディアにも取り上げられるほど有名な初春の名物。また学問の神様と知られている菅原道真公を祀っている場所としても有名なので、受験生の方にはぴったりなスポット♪

まずはこちらの動画で雰囲気をお楽しみください(^^)

 

「湯島天神の梅まつり」でお守りを買って梅を眺めて空を見上げてみてください。梅の香りとともに空気を吸ってみましょう!

ということで今回は湯島天神の梅まつりの日程や魅力、開花状況などをご紹介していきたいと思います!まずは湯島天神の梅まつりの日程や基本情報から確認していきましょう♪

Sponsored Link


湯島天神の梅まつり2017年の日程は?

 

開催日程

2月8日(水)~3月8日(水)

*開花状況などにより多少前後する場合もあります。

湯島天神の公式ホームページです。

http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/ume/

住所

東京都文京区湯島3-30-1

TEL

03-3836-0753(湯島天満宮)

開演時間

8時~19時30分(宝物殿は9時~16時30分)

※参拝自体は24時間自由にできます。

料金

無料

※宝物殿は500円ですが、梅まつり期間中は『大人300円 小・中学生100円』となっております。

 

次の章では湯島天神の梅まつりとは一体どんなイベントなのか?お伝えしたいと思います。

Sponsored Link


湯島天神の梅まつりとは?

2015

出典元:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/ume/

湯島天神は江戸時代から梅の名所として一般の方々にも親しまれていた場所。梅まつり自体は、昭和33年から始まり2017年で59回目を迎える事となりました。

300本の梅はだいたい70年~80年の樹齢が中心となり咲いており、回を重ねるごとに盛大になってきて初春の風物詩として定着してきました。

期間中には約45万人の人が訪れるかなり大規模なお祭りなんですね(゚ロ゚

ではどんな種類の梅があるのかご紹介したいと思います。

 

白梅

  • 白加賀(しろかが)が7,8割を占めています。
  • 南高(なんこう)実は最高級品の南高梅の実として有名。(和歌山県原産)
  • 十郎(じゅうろう)一重(小田原原産)
  • 月影(つきかげ)ガクは緑のものです。
  • 冬至(とうじ)早咲き
 

紅梅

  • 豊後(ぶんご)淡紅・遅咲き
  • 寒紅梅(かんこうばい)八重咲
  • 見鶯(けんきょう)薄紅
  • 道知辺(みちしるべ)薄紅
  • 紋造(もんぞう)淡紅
  • 紅千鳥(べにちどり)紅・一重
  • 想いのまま(おもいのまま)

 

となっています。

では次の章で湯島天神梅まつりの見所をご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link


湯島天神梅まつりの見所は?

催し物

電話で問い合わせてみたところ、今年行われる催し物は少し違うものを考えているようなのですが、まだ教えてもらえませんでした^^;

そこで2016年に行われた催し物をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 
  • 湯島白梅太鼓
  • 在日中国雑技団
  • 神輿渡御
  • ベリーダンス
  • 猿回し
  • 野点(お茶券500円)

 

セクシーなベリーダンスは毎年行われているので、今年も開催されるのではないでしょうか?

 

2016年の梅まつりは他にも落語やカラオケなど行われていました。2017年の梅まつりは同じものもあるそうですが、どんな催し物があるか楽しみですね。

ライトアップ

 

2017年もライトアップが予定されています。幻想的な梅の花のライトアップは昼間見る梅と違う美しさを醸し出しているのでご堪能あれ(≧▽≦)

時間帯は夕方~20時頃を予定しています。

※場合によっては中止になることもあるのでお問い合わせください。

 

2017年の開花状況はどのようになっているのでしょうか?

開花状況は?見ごろはいつ?

例年の見ごろ時期は 2月中旬~3月上旬です。

もちろん、その年の気候などにより多少前後する場合がありますので、ホームページからリアルタイムに確認をして満開の時期に行けるようにチェックしておくか、電話でのお問い合わせをお勧めします!

次の章では、アクセス方法などをご紹介したいと思いますので、参考にどうぞ(^O^)/

アクセス方法や駐車場の情報は?(混雑状況は?)

まずは地図で場所を確認していきましょう♪

 

 

電車でのアクセス

  • 東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」➡徒歩8分
  • 東京メトロ銀座線「上野広小路駅」➡徒歩5分
  • 東京メトロ千代田線「湯島駅」3番出口➡徒歩2分
  • JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」➡徒歩6分
  • 都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」A4出口➡徒歩5分

車でのアクセス

  • 首都高速「神田橋」出入口
  • 首都高速「上野」出入口     

共に約5分程です。

駐車場

隣接地に駐車場はありますが、コインパーキング形式となります。

※33台分20分200円となります。

 

車で来ると混雑が予想されます。すぐに満車になってしまい歩く距離が増えてきてしまうので、基本的には公共機関を使って来園することをお勧めします。平日でしたらパーキングに停められるかもしれませんがあまり期待しない方が良いかもしれませんね^^;

まとめ

いかがでしたでしょうか?

湯島天神の梅まつりは行って良かった梅の名所ランキングで1位を取ったことのある梅の名所

それほどまでに満足のいくイベントやアクセスが良いスポットなので観光の方・受験生の皆さんも一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事