-あなたの気になるにお答えします-

いとこの子供の呼び方は?結婚式での席次表で困ったあなたへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の中で最も輝く日と言っても過言ではない結婚式。大勢の人に祝福される結婚式を迎え、これから愛する人との生活が待っていると思うと、幸せいっぱい夢いっぱいですよね♪

とはいえ、結婚式の準備って実はとっても大変!こだわればこだわる程、しなければならないことが山積みになるのですよね(;^ω^)

中でも特に悩むのが、結婚式の招待客についてではないでしょうか?お互いの人数をある程度合わせて、尚且つ両家が納得するように前もって招待客の人数や座る席についても色々確認して…等、しまいには胃が痛くなりますよね~。

こんなことに困っていませんか?いとこの子供は結婚式に招待しようかどうしよう…。そもそも、招待する親戚の人達は席次表になんて書くの?

今回は席次表を作る時の親族の呼び方について焦点を当ててみました!これから結婚式を控えているという方に参考になれば幸いです♪

まずはいとこの子供の呼び方について見ていきましょう(^^)

Sponsored Link

いとこの子供の呼び方は?

gatag-00005696

口頭では問題なく伝わる『いとこの子供』ですが、書面にするとなんか変…。実はちゃんと呼び方があるのです!

いとこの子供は、

 
  • 男の子の場合は『従甥(じゅうせい)』
  • 女の子の場合は『従姪(じゅうてつ)』

 

となります。また、『従兄弟違い(いとこちがい)』という呼び方もありますね。

逆に、従甥・従姪にとっての自分は『従兄(弟)叔父』と書いて「いとこおじ」、『従姉(妹)叔母』と書いて「いとこおば」となります。

いとこの子供を席次表に入れる際は『従甥』や『従姪』でもいいと思いますが、見る人が分かりやすいように『(いとこの名前)様のお子様』や『(いとこの名前)様の長男』等でも大丈夫です♪

なお、間違えやすい点として、いとこの子供は親族なのであらたまった書き方はしません。『ご令息』や『ご令嬢』は敬語になるので使わないように気を付けましょう。

それでは次に他の親族の呼び方について見ていきましょう♪

Sponsored Link

その他の親戚の呼び方一覧!

 

family_big

席次表には呼び名の前に『新郎』『新婦』を付けます。

 
  • 両親…父・母
  • 兄弟姉妹…兄・弟・姉・妹
  • 兄弟姉妹の配偶者…義兄・義弟・義姉・義妹
  • 兄弟姉妹の子供…甥・姪
  • 祖父母…祖父・祖母
  • 祖父母の兄弟…大伯父・大叔父・大伯母・大叔母
  • 両親の兄姉…伯父・伯母
  • 両親の弟・妹…叔父・叔母
  • 年上のいとこ…従兄・従姉
  • 年下のいとこ…従弟・従妹
  • 両親のいとこの子供…再従兄・再従弟・再従姉・再従妹

 

その他の親族においては『親族』とします。

それでは次はいとこの子供を結婚式に呼ぶべきなのかどうかについて見ていきましょう♪

Sponsored Link

いとこの子供は結婚式に呼ぶべき?

watermark

親族を結婚式に招待するにあたって、いとこの子供って微妙なラインですよね!

こればかりは呼ぶべきか、呼ばないべきか、一概には言えません。親戚との日頃の付き合い状況にもよりますし、結婚式の規模や招待客の人数の制限にもよると思います。

また、いとこの子供がもし幼児の場合は、式と披露宴含めて3時間ほどの時間をずっと大人しくしているというのは子も親も大変ですし、きっと無理でしょう。かといって結婚式の間中、泣いたり騒いだりされるのもちょっと…ね( ;∀;)ではどうすれば良いのか。

結婚式は1つとして同じものはなく、十人十色です。ですので、要は決めるのはあなたたちです

招待する方も、される方も、気持ちよく時間を共に過ごせる方法が一番だと思います。後々揉めたりすることがないようにまずは自分たち二人の意見を合わせた上で、両家の親に相談してみることをお勧めします♪

まとめ

いかがでしたか?

親族の呼び名については聞きなれない言葉もあったかもしれませんね。席次表を作る際に役立てて頂けるととっても嬉しいです♪

そして、今結婚式の事前準備で大変な思いをしているかもしれませんが、でも大丈夫ですよ!大変なのは後ちょっとだけです♪当日はきっと沢山の人に祝福され、『本当に頑張ってよかったー!すごく幸せー!』と感じることができると思います(^^)

どうか幸せに満ち溢れた結婚式になりますように…そして、ご結婚おめでとうございます

 

関連記事はこちら♪

”いとこ”と”はとこ”の違い!いまさら聞けない疑問を解説

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事