-あなたの気になるにお答えします-

台湾ランタンフェスティバル 2017!日程や見所を一発チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週末海外旅行にもってこいの「台湾」。そんな身近な台湾に「死ぬまでに一度は見たい!」と話題のランタンフェスティバルがありますよ(^▽^)/

オープニングからド派手な演出ですね♪

 

長崎で行われるランタンフェスティバルとはまた違った雰囲気をお楽しみ頂けます♪

大人気のイベントで世界中から旅行者が訪れ、たくさんの美しいランタンに彩られた台湾を見てみたいと思いませんか??

今回はそんな「台湾ランタンフェスティバル」についてご紹介します!!まずは日程からご紹介していきたいと思います(^^)

Sponsored Link


台湾ランタンフェスティバル2017年の日程は?

毎年旧暦の1月15日から9日間開催されますので、今年の開催期間は・・・2月11日から2月19日まで

旧暦は月の満ち欠けによって決まるので、新暦とはずれるため、毎年開催される日にちが変わってくるんですね!

では次に今年の開催場所をご紹介していきたいと思います。

開催場所は?

台湾ランタンフェスティバルは国を挙げての一大イベント!!開催場所も毎年変わりますよ(^▽^)/さて、今年の開催場所は…

「雲林県」!!

と言われてもピンとくる人は少ないですよね(^^;)「雲林県」とは、台湾中南部の都市で、台湾新幹線の駅があり、アクセスは抜群です。そして、農業が盛んな土地で、「台湾の台所」と呼ばれていますよ(^^)!

一応地図を載せておきますね♪

会場は2か所。

 

「メインランタンエリア」:高鐵雲林駅前~農博生態周辺

台湾新幹線の「高鐵雲林駅」降りてすぐ、台北からも訪れやすくてうれしい♪

「北港ランタンエリア」:中山路一帯および観光大橋周辺

歴史的な寺廟(日本でいう神社仏閣のようなもの)がある、レトロな雰囲気なエリアです(^.^)

 

二つの会場はシャトルバスで行き来できるようになってますのでどちらのエリアもお楽しみいただけます(^_^)/

では次の章でどんなイベントなのか見ていきましょう!

Sponsored Link


台湾ランタンフェスティバルってどんなイベント?

 

#ランタンフェスティバル 想像以上の激しさと綺麗さ♡

moeさん(@mmpy7)が投稿した写真 –

 

国を挙げてのお祭り「台湾ランタンフェスティバル」は「元宵節」をお祝いする行事です。

もともと、台湾では旧暦の1月15日(元宵節)に、いろいろな年越しの行事の締めとして、盛大に花火を打ち上げ、ランタンを空に飛ばして健康祈願、国家安泰などを祈願して、新しい年を迎えるという習慣があります。

その時、各地で大きなランタンを展示して、人々が見学に来ていたものが、このような大きなお祭りに発展したのですね~(^_^)/

また、2007年には、アメリカ、ディスカバリーチャンネルのディレクターがイベントに参加し、「世界水準で価値のあるイベント」と絶賛し、「世界で最も素晴らしい祭典の一つ」に選ばれました。特別番組も放送されたそうですよ!!

また、台北や高雄などの主要都市では市主催のお祭りもありますので、合わせて楽しむのもおススメです!

では次に見どころをご紹介しますね♪

Sponsored Link


見どころは?

「巨大なメインランタンと花火、音楽のショー」は圧巻です(*_*)

少し前の動画になりますが、雰囲気だけでもお楽しみください♪

 

メインランタンは毎年干支をテーマに作成され、2017年は「吉鳴雲揚」。

「吉」は中国語で「鶏」と同音、「雲揚」は顔を上げ羽ばたいていくことを象徴し、県民の勤勉さとこれからの飛躍、新年の喜ばしい雰囲気を表しているそうです♪

2017年はどんな「鶏をテーマにしたランタン」になるのか?楽しみです!

そして、台湾らしいど派手な光の演出はまさにフェスティバル!!花火もドカンドカンと打ち上げられ、ドキドキワクワクのショータイムは最高ですよ♪

他にも、会場で行われる、国内外の民族団体のパフォーマンスや、台湾少数民族の歌や踊りも素晴らしい(^▽^)/昼間はパレードもあり、多元文化の台湾ならではのショーや民族舞踊に衣装も、存分に楽しめます!

まとめ

いかがでしたか?

今年もと~っても楽しみですね!飛行機で約3時間で行けちゃう台湾で、こんな楽しいイベントがあるんです!!行かなきゃ損ですよ~!(^^)!

もちろん、おいしい台湾屋台もたくさん出ますよ♪

また、会場はと~っても広いので、最初に地図を確認して回るといいですよ(^^)

最後に、「ランタンフェスティバル」と銘打ったイベントは、台湾各地でありますので、場所をお間違えないようにご注意くださいね!!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事