-あなたの気になるにお答えします-

てるてる坊主の由来!実は怖い歌詞の意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

てるてる坊主〜てる坊主〜♪

雨の日になると子供の頃はよくてるてる坊主作って遊んでいましたね。運動会や遠足の前日など、待ちに待った日に限って雨!!!みたいなことってありせんでしたか?僕はそんな時によくてるてる坊主を作ってお祈りをしていた覚えがあります(笑)

これからてるてる坊主が大活躍する梅雨の季節が到来しようとしていますね。

今回は梅雨がきててるてる坊主を作るその前に、てるてる坊主の由来と、歌詞に秘められたちょっと怖い都市伝説を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

てるてる坊主の由来とは?

てるてる坊主の由来は中国の伝説上の人物である「掃晴娘」だと言われています。日本のてるてる坊主と違い、赤い服を着た女の子の姿をしています。また紙でできており、ほうきをもっているというのが大きな特徴ですね。

ほうきを持っている理由は、晴れ娘が雨雲を掃き、晴れの気を寄せてくれるようにという願いがこめられ、雨が続く時に軒下に吊るして晴れを祈る風習がありました。

今の中国ではこの風習はほとんど行われていないそうですが、「雨が続く時に軒下に吊るして晴れをお祈りする」という点では日本のてるてる坊主と一緒ですね。

Sponsored Link

どういう経緯で男の子になったの?

073402

まずてるてる坊主とは、晴れることを祈り、軒先などに吊るす紙や布で作った人形のことです。実際に作ったことある人も多いんじゃないかと思います。

日本に伝わった由来は正確にはわかっていないのですが、平安時代には既に伝わっており、江戸時代に広まっていったというのが一番有力な説です。先ほど紹介したように中国では女の子の人形でしたが、日本ではてるてる「坊主」という言葉にも表れているように、男の子の姿として定着しています。

いったいなぜなのでしょう…。

これに関しては、日本では日照りを願うのが修験者や僧侶といった男性だったからと言われています。

江戸時代の書物には、「のっぺらぼうで吊るし、晴天になったら目鼻をつけてお参りした」や、「晴れになったら瞳を書き入れ神酒を供えて川に流す」と記されていることからも日本では、てるてる坊主には顔は書かず、晴れたら感謝・お礼の意を込めて顔を書いてあげるという風習があったようですね。

Sponsored Link


実は怖い話だったの?

怖い話がが苦手な人もいると思うので、大丈夫な方だけ動画を見てくださいね。

 

最後に

いかがでしたか?

こういう童謡系には実は怖い意味が隠されていた!!っていう話よく聞きますよね。なんで昔の人は怖い話を歌にしようとしたがるんですかね!?

ということで今年の梅雨の時期、どうしても晴れて欲しい!!!という日あると思います。

でも天気って自分の力ではどうしようもないですよね。そんな時にてるてる坊主を作り、僧侶になったつもりで雨乞いなどしてみてはいかがでしょうか♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事