-あなたの気になるにお答えします-

深大寺のだるま市 2017!日程や混雑状況を一発チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”だるま”と聞くと、皆さんはどんな光景が頭に浮かびますでしょうか?私は選挙で当選した政治家の方が目を入れながら写真を撮っている光景が浮かびます。

だるまは縁起物として広く親しまれ、最近は雑貨屋などで手乗りの小さい可愛いだるまなんかも売ってたりしますね(´▽`)

そんなだるまの中でも今回は、東京都調布市で行われる深大寺だるま市というだるまさんのお祭りに焦点をあててご紹介していきたいと思います!

静岡県の毘沙門天だるま市、群馬県の高崎だるま市とあわせて日本三大だるま市と呼ばれている大人気のお祭りです!

まずはこちらの動画で雰囲気をお楽しみください♪

 

ということで今回はそんな深大寺だるま市について色々とご紹介していきましょう

Sponsored Link

深大寺だるま市の日程は?

毎年、深大寺の紅梅白梅が見ごろの3月3日・4日の2日間で行われます。

時間は9:00~19:00ですが、だるま開眼と護摩祈願は9:00~17:00となっています。

ここで、護摩祈願について少し説明を・・・♬

護摩祈願の護摩とはホーマ(古いインドの言葉)といい、焚く・焼くなどの意味があり、護摩壇中央にある路の中の火に供物や願いが書かれた特別な薪を入れ、煩悩を焼き尽くし、皆さまの願いを元三大師様にお伝えし、願いが成就することを祈願することです。

この護摩祈願は10:00、11:00、12:00、13:00、15:15、16:00で申し込み出来ますが、両日とも14:00より百味供養、お練り行列、ならびに元三大師御影供、大護摩供奉修の為一般の方は入堂はできません。ただ申し込み自体は可能で、ご祈願は各15分前までに申し込みになります。

だるま開眼は、9:00~17:00頃までとなっています。17:00以降にだるまを購入しても参加できない可能性がありますので、お気を付け下さいね☆彡

では次の章で深大寺だるま市とはどういうお祭りなのか?ということについてご紹介していきたいと思います! 

Sponsored Link

深大寺だるま市とは?

春の訪れを感じる風物詩であり、毎年約10万人の参拝者で賑わいをみせる深大寺だるま市。厄除け大師といわれる元三大師様を称え、御利益と厄除けを授かれる祭りであります。

お寺の境内は、大小約300余の縁起だるま店が軒を連ね、威勢のいい声でだるまを売り、だるまを買い求める参拝者で身動きがとれなくなるほど非常に活気に溢れています♪

だるま開眼とは?

 photo03

出典元:http://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php

2日間のだるま市で境内で購入しただるまは、僧侶の手により直々に目入れをして頂きます。これをだるま開眼と言うのですが、ただ普通にだるまの目に丸く黒く塗りつぶすように入れるのではありません。

深大寺独特の風習で、だるまの目に梵字(古いインド文字)で、左目に物事の始まりを意味する「阿(あ)」字を入れ、一年後願いが叶ったり、一年無事に過ごすことが出来れば、右目に「吽(うん)」字を書き入れてもらい、感謝の気持ちを込めてお寺へ納めます

「阿」字が入っただるまは、元三大師様の分身として皆様のご家庭、会社、お店などに福をもたらす有難い存在ですm(_ _)m「阿吽の呼吸」という言葉の語源もここから来ているようです!勉強になりますね(^0_0^)

ちなみに、だるま開眼する前は本堂でお参りを済ませてからにしましょうね☆彡また、昨年のだるまがある場合は、開眼所の脇に納め所がありますので、そちらへ納めましょう。

次に見どころを紹介しますね(n‘∀‘)η

Sponsored Link

だるま市の見どころは?

だるま市の最大の見どころは、両日14::00から、百味供養(元三大師宝前に茶菓子やお供え物を献上し、大師の御利益をあやかること)を行い、お練り行列が始まります!!

お練り行列とは、雅楽にあわせて木遣り(きやり)唄を唄いながら、揃いの法被を着た雅楽衆、木遣衆、真っ赤な法衣に身を包んだ高僧たちが境内を進む行事です。それは煌びやかでまさに圧巻!の一言!!!

大祭中の中でも最大の見どころで鳥肌ものです☆彡

 

この後、元三大師御影供(大師像の掛軸(御影供)にお供え物を供え、供養する伝統法要)が行われます。このお練り行列を生で体感して、御利益をあやかりたいものです(゚∀゚ )

では、次に気になるだるまの値段とおすすめの買い方をご紹介しましょう☆彡 

だるまの値段は?購入ポイントとは?

冒頭にも書きましたが、大小約300ものだるま店が軒を連ねておりますので、小さくて安いものは数百円から大きくて高いものは一万円を超えるものまで、幅広い値段のものが売られています^o^

お時間に余裕を持って色々なお店を見て回ることをオススメします(^^♪同じ大きさのだるまでもお店によって値段が違ったりしますので・・・

ここで御利益購入ポイントをいくつかご紹介します!!

だるま市で初めてだるまを購入する際は小さめのだるまを購入することをオススメします。というのも、次に購入する際は、今よりも一回り大きいもの(高いもの)を買うと縁起がいいと言われています(#^.^#)

また、購入する際は頑張って値切って購入すべし!!!(n‘∀‘)ηな、なんと!値切れば値切るほど、だるまさんの御利益も上がるとか!実は、だるま市では値切り交渉するのが前提なので、値段を少し設定してあるそうなんです(゚∀゚)値切り交渉が苦手な方は無理にしなくても、お店を見て回り、安くて自分が気に入っただるまを購入してはいかがでしょうか?(^_-)-☆

お店によってはだるまを購入すると、だるまの背に各々の願いを書き入れてくれるサービスもあるようです(^ω^)お気に入りのだるまさんが見つかりますように・・・☆彡

次に深大寺へのアクセス方法をご紹介しますね♪

深大寺へのアクセスは?

ではまずは地図で場所を確認していきましょう♪

 

 

所在地

〒182-0017

東京都調布市深大寺元町5-15-1 

TEL

042-486-5511(対応可能時間 : 9:00~17:00)

◎電車・バスでお越しの方

●京王線「調布市」「つつじヶ丘駅」下車

●JR中央線「三鷹駅」「吉祥寺駅」下車

→深大寺行きバス「深大寺」下車 徒歩1分

◎車でお越しの方

●中央道「調布IC」→国道20号を新宿方面に直進

→「下石原交番前」交差点を左折→その道(武蔵境通り)を直進

→「深大寺入口」交差点を右折し、500mほどで深大寺の参道入口に到着

  

だるま市開催中は深大寺通りが10:00~16:00まで一方通行になり、三鷹通りからの進入は禁止になります。周辺道路、駐車場も非常に混雑しますので、なるべく公共交通機関を利用して行くことをオススメします\(◎o◎)/

お練り行列が行われる14:00~頃が一番混雑すると予想されますので、だるまを購入される方や祈願を希望される方は時間に余裕を持って行かれるといい思います★

また、深大寺周辺にはコンビニ・ATMなどはありませんのでご注意くださいね(・∀・)

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

深大寺といえば、名物の深大寺そばがあります☆彡『深大寺を参拝してそばを食べて帰る』これが定番

また、深大寺のある調布市は、故・水木しげる先生の第二の故郷でもあり、人気の観光スポット「鬼太郎茶屋」もあります(^.^)水木先生もこの古刹・深大寺で仏様や妖怪を見ていたのかもしれませんね。

深大寺だるま市に行かれる方は是非、深大寺周辺を散策してみてはいかがでしょうか☆彡

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事