-あなたの気になるにお答えします-

七折梅まつり2017の日程や見所!今年の見ごろはいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛と言えばみかんですが、冬から春に移り変わる時期には梅の名所としても有名です。特に1900年初めにはじまった七折町の梅まつりは毎年多くの観光客で賑わいます♪

まずはこちらの動画で雰囲気をお楽しみください!

 

ここの梅の実の特徴として、種が小さく果肉が大きくて柔らかい。酸味は少なくて香りがよく、品質が高いとされています(´ω`*) そのため取引の時には「青いダイヤ」と呼ばれるようになり、かなり高値で売られていました。

梅干し好きにはたまりませんよね〜(゚¬゚)

ということで今回は七折梅まつりの日程や魅力、開花状況についてご紹介していきたいと思います♪まずは日程などの基本情報から見ていきましょう!

Sponsored Link


七折梅まつり2017年の日程は?

2017年の七折梅まつり開催は・・・  

2月20日(月)から3月10日(金)

営業時間は10時から16時までです♪

入園料は、

  • 大人(中学生以上)300円 
  • 小人無料
  • 大人団体(20名以上)250円 

となっております!

では次の章で七折梅まつりとはいったいどんなお祭りなのか?ご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link


七折梅まつりとは?

p2_1_2

画像引用元:http://www.nanaore-koume.jp/2.html

もともと七折の小梅は1900年代ごろから特産品として有名でした。

「七折梅まつり」は、そんな七折の小梅をもっと多くの人に知ってもらいたいということで、地元の有志の方々が平成3年に、観賞用としてみんなが楽しめる、交流を持てるようにと開催されるようになったんですね♪

その梅の数はなんと約16,000本 !!多様に混在する赤・ピンク・白の梅の木は目を見張るものがあります。

また梅を愛でながら菜の花も植えられているので、梅のコントラストに菜の花の黄色が添えられて色鮮やかになります。下から眺めるのも絶景ですが、展望台から園内を眺めるのも格別です。

では次に七折梅まつりの見所をご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link


七折梅まつりの見どころは?

p2_2_2

画像引用元:http://www.nanaore-koume.jp/2.html

梅まつりだけあって、梅を使った試食や販売が魅力のひとつ!

期間中は梅シロップや梅茶が休憩所にあり、無料で振舞ってくれます。歩いて疲れた体には心休まる飲み物ですね♪ちょっとビックリしてしまうかもしれませんが、梅肉入りのたこ焼きなんかも販売されていますよ〜!!

梅には、クエン酸・タンパク質やカルシウム・リンゴ酸など有機酸が多く含まれています。癒しの効果とエイジング効果が一石二鳥効果の梅をぜひお試しください(^^♪

他にも餅まきや種飛ばし大会などもありますので、エントリーしてみても楽しそうですね。ただし、天候不順などにより中止になる場合もありますのでご注意くださいね。

では次に開花状況や見ごろについてご紹介していきたいと思います(^^♪

開花状況は?見ごろはいつ?

例年は2月下旬ごろに満開になることが多いようです!

今年も同じ時期に満開になるのではないかと予想されています。ただ、あまりにも寒さが続く場合には3月の上旬などにずれ込む場合もあるので注意して下さいね^^;

では次にアクセス方法や駐車場の情報などをご紹介していきたいと思います!

アクセス方法や駐車場の情報は?混雑状況は?

ではまず地図で場所を確認してみましょう♪ 

住所

愛媛県伊予郡砥部町七折109

お問合せ

089-962-3064(農事組合法人ななおれ梅組合)

電車・バスなどをご利用の方

JR「松山駅」➡伊予鉄道「松山市駅」➡砥部線伊予鉄路線バス約40分「宮内」➡徒歩40分

車でのアクセス

  • 山自動車道「松山IC」➡七折梅園まで約20分
  • JR伊予横田駅から車➡七折梅園まで約20分

駐車場

周りには無料の駐車場が100台まであります。

 

バスなどで行く方は、「宮内バス停」から徒歩で40分程です。送迎バスが無いのでハイキングのつもりで、景色を眺めながら行かれてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

地元の方々の熱い思いが詰まった七折の梅まつり!20日間という比較的長い期間開催していますので、天候や開花状況などをチェックしつつご都合の良い日に一度訪れて見て下さい

七折の16,000本の梅を楽しむのもよし、梅を使った味覚を楽しむのもよし!ぜひぜひ散策コースと梅グルメをお楽しみください(^^♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事