-あなたの気になるにお答えします-

菱餅の由来って何?色には何か意味があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月3日といえば、女の子の健やかな成長と幸せを祈る『上巳の節句』です。

『ひな祭り』や『桃の節句』とも言われますが、一年に一度の女の子のための日!ひな祭りが近くなると店先では雛あられやちらし寿司、甘酒、菱餅が並び、彩り鮮やかな商品たちを見て何だか心がウキウキしますよね。

悲しきかな、年を重ね女の“子”ではなくなった今も、この時期が近づくと何故か私は嬉しくなってしまいます(;^ω^)

ところで、ひな祭りには必ずといって良いほど登場する菱餅ですが、なぜあんな形をしているのか、あんな色をしているのか、そもそも菱餅って何なのか、知っていましたか(^^)?今回は菱餅のあれやこれについてご紹介しますよ~♪

まずは菱餅の由来について見ていきましょう(^^)

Sponsored Link


菱餅の由来って何?

hinamatsuri_hishimochi-png

ひな祭りの原点は昔々の中国の上巳の節にあり、生命の始まりの場所になる川に入り、一年のけがれを落とし清める日とされていました。その時に食べられていたお餅が今の菱餅の原点となるもので、母子草を使った丸くて緑色の餅の団子でした。

日本では緑の餅と言えばヨモギが主流ですよね。ヨモギには独特な香りがある事から邪気を払うとされ、厄除けにも使われていました。また、母子草もヨモギも同様に病気の予防、解熱、解毒、目を良くする効果が期待できます。

そして、江戸時代の初期になると子孫繁栄や長寿に効果があるとされる菱の実を入れた白い餅が加わります。

それから明治時代になると魔除けに効果があるとされる赤色をクチナシで色付けし、現在の菱餅と同様の3色のお餅になりました。

クチナシの実は山梔子(サンシシ)と言い、生薬の1つであり解毒効果があります。また、桃色になることから、桃の花の表現にもなり、桃色の餅には桃の花の他にも健康と魔除けの意味があります。

ではなぜ元々丸かった餅がひし形になったのでしょうか。ひし形は心臓を表現している、大地を表現している、女性を表現している、菱の実を横から見たらひし形をしているため等、様々な説があるようですが、理由ははっきりとは決まっていないそうです。

次に気になる事と言えば、菱餅の色の順番って微妙に違う時ありますよね?何か意味があるのでしょうか。次は色の意味について見ていきましょう♪

Sponsored Link


色には何か意味があるの?

bonbori03

ではそれぞれの色の意味をおさらいしていきましょう♪ 

 

厄除け、邪気払い、若芽。

清浄、純白、雪。

ピンク

魔除け、健康、花。

 

並ぶ順番によってこんな風に読み取れますよ。

 

下から緑→白→ピンクの場合

『雪の下には若葉が芽を出し、雪の上では花が咲いている』

下から白→緑→ピンクの場合

『雪解けの中から若芽が出て、花を咲かせている』

 

 

こうして意味が分かると、菱餅って何だか素敵だ~今年は買おう!と思いませんでしたか(^^)?色の並び順も気になるところですよね♪また、緑・白・ピンクの3色が一般的ですが、地域によっては5色や7色のところもあるようですよ。

では次は菱餅の食べ方について見ていきましょう♪

Sponsored Link


菱餅の食べ方は?

illustrain10-hinamaturi10

焼いて角をちぎりながら食べると“角が立たないように丸く生きられる”という言い伝えがあるようですが、菱餅の食べ方に特に決まりはありません。薄い塩味がついているものもありますが味付けがないものもありますので、どのようにして食べてもおいしく召し上がれると思います。

やきもち、お雑煮、ぜんざい、おかき…さてどんな風に食べましょうか(^^)女の子の成長を喜び祈る日に飾る縁起のいいお餅ですから、ぜひみんなで楽しくおいしく食べてくださいね♪

個人的には、小さなお子様がいてお餅が喉に詰まる心配があるご家庭の場合はおかきがおススメですよ(^^)小さく切って数日干し、乾燥させて油であげればすぐできますよ!

まとめ

いかがでしたか?

今まで菱餅に何の疑問を感じる事なく生きてきた私ですが、由来や意味を知った今、子供達にも菱餅の味や意味を伝えていきたい!と強く思いました♪

今回のひな祭りには、娘が自分の元に生まれてきてくれた事、毎日成長してくれている事、笑顔でいてくれている事に感謝しながらこの日を迎えようと思います(^^)

貴重な一年に一回だけの女の子の日、ひな人形と菱餅を眺めながら、健やかな成長とこれからも幸せに過ごしてくれるようお祝いすると共に、ぜひおいしく菱餅を召し上がってくださいね(*^^*)

Sponsored Link

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事