-あなたの気になるにお答えします-

初詣は寺と神社どっちに行くべき?違いって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年を迎えたら、初詣へ行きますか?新年を幸せに過ごせますようにのご挨拶と昨年の感謝をお伝えしに行く初詣、今回はどこに行くかもう決まりましたか?

毎年同じ場所での初詣と決めているという方も多いと思いますが、初詣と言えばお寺と神社、どちらに行くべきだと思います?そもそも違いって何だっけ(;^ω^)

何となく分かるような…分からないような…。今回はそんな疑問をスッキリと解決しますよ~♪ 

まずは初詣にはお寺と神社、どちらに行くべきかについて見ていきましょう(^^)

Sponsored Link


初詣は寺と神社どっちに行くべき?

hatsumoude_torii 

一言でいうと、『どちらでもOK!』です(^^)

どちらでも良いのですが、しいて言うなら自分が信仰しているのが神道であれば神社、仏教であればお寺へ行くのが良いそうです。

とはいえ、今こそ神社とお寺は分けられていますが、昔は神様も仏様も同一視されていました。なので、どちらへ行っても大丈夫!どちらも正解なのですよ♪

初詣の場所の決め方については神社・お寺にとらわれず、受験生であれば勉学で有名な所、妊娠中であれば安産で有名な所など、その時々の自分の状況に応じてお参り場所を決めるのもいいかもしれませんね。 

次はお寺と神社の違いについて見ていきましょう♪

Sponsored Link


寺と神社の違いって何?

8afe6b8a0d8c3510807073973803b715 

お寺と神社には信仰の違いに加えて建物の違いや行事の違い、作法の違いがありますが、違いが明確に分かりやすいのはこの3つになります♪

 
  • 『神社は神様、お寺は仏様』
  • 『神社には鳥居がある、お寺にはない』
  • 『お寺にはお墓や仏像がある、神社にはない』

 

それではお寺と神社、順番に詳しく見ていきましょうね♪

お寺

お墓や仏像があるところ。インドや中国から伝わった仏教を信仰。当時お釈迦様の遺骨を納める塔を中心に作られましたが、時代とともに変化を遂げて仏像を安置する本堂が主になりました。お寺には教義、経典、戒律があります。日本の仏教には様々な宗派が存在しています。お参りの方法は拍手はせず、静かにお参りをする。

神社

鳥居と本殿があるところ。信仰は神道。神社の起源は日本であり、仏教より歴史の長い日本だけの宗教です。お寺とは違い、神社には“〇〇しなければならない”という決まりがありません。お参りの方法は『二拝二拍手一拝』。

それでは次に、お寺での作法について見ていきましょう♪

Sponsored Link


お寺の作法って何?

tatemono_otera

せっかくお寺へお参りに行くなら、作法を理解した上でスムーズにお参りしたいですよね♪ここからは順番に作法について見ていきましょう(^^)/

お寺へ行くときは数珠を持参しましょう。

数珠のかけ方については宗派によって異なる場合がありますので、お参りの前に確認する方がいいですね。

  • 山門の前で一礼します。
  • 手水場で手口を清めましょう。
  • 香炉があれば、線香の煙を体に受けて身を清めましょう。

本来は身を清めるための煙なのですが、悪い所に煙を受けると良くなるとの言い伝えがあるようです。頭に浴びると頭が良くなるとか…。

お賽銭を入れましょう。

お寺でのお賽銭にはお布施の意味があり、自分の煩悩を捨てて『今から修行させて頂きます』ということを意味します。

鐘を鳴らしましょう。

今までお参りの後に鐘を鳴らしていたという方、いませんか?実はお参りの後に鳴らすのは「出鐘」と言い、亡くなった方をあの世へ送る時に鳴らす行為ですので縁起が悪いのです。お寺に鐘がある場合は「仏様、今からお参りをさせていただきます」とご挨拶の意味で、お参りの前に鳴らしましょう。

合掌し、拝礼します。

神社とは違い、お寺では拍手はしません。静かにお参りをしましょう。

お参りが終わりましたら御朱印を頂いて帰ります。

本来は写経をお寺に納めた証として発行されるのですが、現在では納経料を納めれば御朱印が受けられるところが多いようです。

まとめ

いかがでしたか?

神社とお寺、結構違いありましたよね~。とはいえ、神様も仏様もきっと一年を無事に過ごせるように暖かく見守ってくださるはずですよね♪毎年寒い事間違いなしお正月、温かい恰好で気を付けて初詣へ行ってきてくださいね(^^)/

 

関連記事はこちら♪

初詣っていつまでに行けば良い?混む時間はいつ?

東京の初詣!人気ランキングをご紹介!

関西の初詣!人手ランキングをご紹介

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事