-あなたの気になるにお答えします-

長崎ランタンフェスティバル2017!日程や見所をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異国情緒味わえる街長崎。鎖国時の日本でも外国との交流があったため、その名残か未だにいたるところで海外の雰囲気が味わえます。

そんな長崎で毎年開催されているランタンフェスティバル

 

冬のイルミネーションも奇麗ですが、頭上一面に張り巡らすこのランタンもまた違った魅力があり、どこか優しさを感じさせてくれますね♪

その他にも沢山のイベントが盛りだくさんの長崎ランタンフェスティバル!その日程や見所など一気にご紹介していきたいと思います♪

Sponsored Link


長崎ランタンフェスティバルの日程は?

では今年の日程をご紹介していきます!

 
  • 1月28日から2月11日まで。
  • 1月27日には前夜祭である大みそかが開催されます。

 

期間中は毎日17時から22時までランタンが点灯されます。ただ、メインである新地中華街、浜んまち、中央公園では12時から22時までと少し長めの点灯時間担っています。

では次に長崎ランタンフェスティバルってどんなイベントなのか?簡単にご紹介していきたいと思います♪

Sponsored Link


長崎ランタンフェスティバルってどんなイベント?

06712

毎年100万人ほどの人が訪れると言われるこの長崎ランタンフェスティバル。なんといっても最大の魅力は約15,000個も点灯されると言われるランタン!非日常的な光景が人々を魅了します(^^♪

ランタンとは中国提灯(ちょうちん)の事で、1994年から続くお祭り。元々は長崎に住んでいた中国人が新地中華街で中国の旧正月を祝う「春節祭」を開催していた事が始まりだと言われています。長崎市が1994年から協力し、次第に規模を拡大してきしてここまで大きなイベントとなりました。

中国では日本と違い旧正月にお正月のお祝いがなされます。2017年の旧正月が1月28日なので、それにあわせて毎年ランタンフェスティバルが開催されるんですね♪中国が基になったお祭りなので、その他にも中国色豊かなイベントが盛りだくさん!次の章では長崎ランタンフェスティバルの見所をご紹介していきたいと思います♪

Sponsored Link


長崎ランタンフェスティバルの見所は?

特に人気のイベントは・・・

 
  • 点灯式
  • 皇帝パレード
  • 媽祖(まそ)行列
  • 龍踊り

 

です♪

ではそれぞれのイベントの特徴をご紹介していきますね^^

点灯式

 

このように一斉にランタンが点灯し、とても幻想的です。新地中華街会場と中央公園会場で28日の17時30分から18時に行われます。

皇帝パレード

 

清朝時代の皇帝・皇后をイメージした衣装を身にまとい、中央公園から湊公園にかけて約2時間にも及ぶパレードが開催されます。毎年長崎県にゆかりのある有名人が皇帝役で参加することもあり、大人気のイベントです。

今年は2月4日と11日の14時から16時30分まで開催されます。

媽祖行列

 

江戸時代に実際に行われていたとされる行列です。唐の船が長崎の港に入港した際に、航海安全の神とである媽祖神をお寺に迎え・送迎するための儀式です。29日の14時から17時15分までが孔子廟から興福寺まででの道を。2月5日の14時から17時までを興福寺から孔子廟までの道を行進します。

龍踊り

 

よくTVなどでも放送されているので、一度は目にした事があるという方も多いのではないでしょうか?生で見るとものすごい迫力ですよ♪

 

またお子様向けにも、手作りランタンコーナーやプレゼントがもらえるスタンプラリーなど家族連れでも楽しめるイベントが盛りだくさん^^

では次に開催場所やアクセス方法について見ていきましょう♪

開催場所やアクセス方法

まずは地図でメイン会場を確認してみましょう♪

開催場所

  • 新地中華街会場(メイン会場)
  • 中央公園会場
  • 唐人屋敷会場
  • 興福寺
  • 鍛冶市会場
  • 浜んまち会場
  • 孔子廟会場

TEL

095-822-8888

鉄道

メイン会場の新地中華街まで

路面電車 市電築町電停 より徒歩2分。

長崎バイパス西山出口より約10分

新地中華街会場、中央公園会場が特に交通渋滞しますので、基本的に公共交通機関を利用した方が良いでしょう!会場手前の駐車場やパーク・アンド・ライド駐車場が利用できますが、満車の可能性もありますのでご注意を^^;

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中国に行かずとも国内で海外の雰囲気が堪能できるこのイベント!ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事