-あなたの気になるにお答えします-

おせち料理の由来って何?子供に聞かれたらこう答えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはお正月におせち料理を食べますか?

うちでは、子供が生まれてから食べるようになりましたよ~♪もちろん一から手作りで!と言いたいところですが…もちろん注文です(´∀`)小さいお重のおせちを買います!

こんな風に作れたら良いなぁ〜といつも思うのですが・・・笑

ところで「おせち料理」の由来って知っていますか?もし子供に聞かれたら答えられますか?おせち料理の由来を知って、子供に説明できるようにしておきましょ(^▽^)/

まずは大人向けに少し細かくおせち料理の由来をご紹介していきます♪

Sponsored Link

おせち料理の由来って何?

mochi011

おせちの由来はその昔、季節の節目に神様にお供えする料理「節供料理」が始まりです。

一年に五回の季節の節目を五節句と言い、「御節供(おせちく)」を供えていました。その後正月料理のことを指すようになり、「おせち」と略されるようになりました。

五節句の行事は中国から伝わり、奈良時代の朝廷内で節会(せちえ)として行われ、「御節供」はそこで祝儀料理として振る舞われていました。そして次第に広く一般庶民にも伝わり、現在のお正月料理を指すようになったと言われています。

現在の正月料理は江戸時代の武家作法をもとに作られました。

重箱に料理を詰めるようになったのは、明治以降で「福を重ねる」「めでたさが重なる」という意味が含まれているからなんですね(^^)

このように昔の人はおせち料理に豊作・家内安全・子孫繁栄の願いを込めていたのですね。

季節の節目に、神様にお供えするようになったのは、弥生時代。自然の恵みや収穫に感謝して、節目節目にお祝いしていました。それがだんだんと変化し、現在のお正月に食べる、お重に詰めた料理を「おせち料理」と呼ぶようになったのですね。

以上は大人向けの説明♪子供にはわかりやすく簡単に♪では次の章をみていきましょう。

Sponsored Link

子供に聞かれたらこう答えよう

osechiryouri_osyougatsu

お子さんには、

 
  • 「家族で新しい年を迎えられることを感謝して食べるんだよ」
  • 「家族みんなにとって幸せな一年になることを願って食べるんだよ」

 

という感じで説明してあげましょう♪

「感謝」も「願い」も神様へすること、、、古来日本は、八百万の神様へ事あるごとに、感謝し、願ってきました。つまり、いたるところに神様はいる、というわけ。

ですから、サッカーやってる子だったら「サッカーボール」。食べることが好きな子なら「畑や田んぼ」。洋服好きなら「クローゼットや箪笥に」。何でも感謝しちゃいましょう!物を大切にするような気持が芽生えてくれたら棚からぼたもちですね♪

うちの子は、何が好きかな~♪車のおもちゃが大好きだから1個1個に「ありがとう、いつも遊んでくれて」と感謝しよう!子供と一緒に家中を「ありがとう」しながら回ってみるのも楽しいかも♪ お正月早々、楽しい気分がふくらみますね~♪

由来がわかったら、料理の意味も説明できたら、うれしいですね。代表的なそれぞれの料理の意味を、次の章でご紹介します(^^)

Sponsored Link

それぞれの食材の意味とは?

osechi001

 

「祝いの肴」に込められた願い

  • 数の子…ニシンから「二親健在」。子宝、子孫繁栄。
  • 田作り…かつてイワシが畑の肥料に使われたことから、豊作祈願。
  • 黒豆…まめに(勤勉に)働き、まめに(達者に)暮らせるように。
  • 紅白かまぼこ…半円の形は日の出を表し、おめでたい紅白。紅は魔除け、白は清浄を意味する。
  • たたき牛蒡…地中深く根を張ることから、豊年と無病息災を願う。
  • 伊達巻…巻物の形から、知識や文化の繁栄を願う。伊達政宗の好物だったとか…
  • 栗きんとん…「金団」と書き、商売繁盛・金運・財運をもたらす。
 

「焼き物」に込められた願い

  • 鯛の焼き物…「めでたい」から、語呂合わせ。
  • ぶりの照り焼き…出世魚、立身出世を願って。
  • エビの焼き物…腰が曲がるまで長生きしますように、長寿祈願。
 

「酢の物」に込められた願い

  • 紅白なます…紅白のおめでたい色と、お祝いの水引を表したもの。
  • 酢蓮根…穴の開いた形から、将来が見通せるように。 
 

「煮物に込められた願い」

  • 昆布まき…喜ぶ(よろこぶ)にかけて、語呂合わせ。
  • れんこん…穴が開いている形から、将来が見通せるように。
  • 里芋…子芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれますように。

 

他にも梅の形に飾り切りした人参や、亀の甲羅に飾り切りした椎茸、金運を願ってキンカン(金冠)を飾ります。

地域や各家庭によって入る具材や料理は変わりますが、たくさんの願いが込められていますね。神様も大忙しですね(^^)

まとめ  

いかがでしたでしょうか?

これでおせちについて聞かれても、答えることができますね♪

元日は年神様をお迎えして家内安全と豊作祈願をするのが古くからの習わしです。そして、三が日は神様をお迎えしているので、静かに過ごすため、炊事はお休みします。

また、かまどの神様にお休みいただく、という配慮もあるそうです。ですので、おせちは味を濃い目に、火をしっかり通して作り、日持ちするようにしておきます。今は冷蔵庫があるので、その辺はあまり気にしなくてもいいかな。しかし、暖房があるので、出しっぱなしはやめましょうね。

私としては、おいしいおせちが作れるようになりたいな~と思いますが、その願いは来年に持ち越します(-_-;)ずっと持ち越しています…m(__)mまあ、楽しく家族そろって年末年始を過ごしたいので、今年もおいしいおせちを注文して、お正月はのんびり過ごしたいと思います!

またこちらの記事でお正月に関する様々な疑問にお答えしていますので、ぜひご覧になってみて下さい^^

正月っていつからいつまで?気になる記事をご紹介!

皆さんも思い思いの素敵なお正月をお迎えくださいね~♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事