-あなたの気になるにお答えします-

隅田川花火大会 2017!日程や穴場スポットをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春のうららの隅田川〜♪ってもういつの間にか春は終わっちゃいましたね。今年もあと2ヶ月もすると各所で夏の大イベント花火大会が行われます。あなたはもう今年はどこの花火大会に行くか決めてますか!?

色々と花火大会はありますが、そんな中でも特に人気の「隅田川花火大会」!毎年約100万人の人が出入りし、その混雑ぶりは日本一だとも言われています。

 

そんな混雑した花火大会の中でもゆっくりきれいな花火がみたいというあなたのために!!今回は隅田川花火大会の2017年度の日程穴場スポットを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

隅田川花火大会 in2017 日程などの概要紹介

隅田川花火大会は東京の7月を彩るイベントで、毎年7月末の土曜日に開催されるのが恒例となっています。

そして今年の開催予定日は・・・

7月日(土)。

なんと僕の誕生日と一緒じゃないですか(笑)

まぁーそれはいいとして、打ち上げ予定時刻は午後7時5分〜午後8時30分に予定されています。夜空を華々しく飾る大きな花火が今年も楽しみですね♪以下気になる情報をあげていきますね。

 

荒天などで開催できない場合

翌日の7月日(日)に順延。

その日も開催出来ない場合は中止。

打ち上げ玉数

約20,000発

予定観客数

約95万人

お問い合わせ先

隅田川花火大会実行委員会事務局

03-5608-1111

 

では次に打ち上げ場所をご紹介していきます♪

Sponsored Link

隅田川花火大会の打ち上げ場所

打ち上げ場所は2カ所に分かれます。

第一会場

桜橋下流〜言問橋上流

第二会場

駒形橋下流〜厩橋上流

 

では次にことしの穴場スポットを見ていきましょう♪

隅田川花火大会!今年の穴場スポット

ほとんどの人は第一会場や第二会場の周辺に行きがちですがこれはあまりおすすめしません…。

前日から場所取りをしている人がいるぐらいで、座ってみるためには遅くともお昼の12時までに公園で場所取りをしておかないと厳しいでしょう。

じゃーいったいどこで見ればいいの?というあなたのためにおすすめ穴場スポットを調べてみましたので、ぜひぜひ今年の場所選びの候補にしてみてくださいね。

コモディイイダ東向島店(屋上の駐車場)

屋上にある駐車場を解放しています。駐車場ってのがまた地元の人しか知らない穴場スポット的な雰囲気がでていますね。

オリンピック墨田文花店(屋上の駐車場)

こちらも駐車場。お店もこの日だけは特別に鑑賞スポットとして屋上を解放しており、お店認定の観光スポット。スカイツリーを背景に花火を楽しめるので、眺めはGOODです。

東白鬚公園

当日はゴザを無料で貸し出ししており、座ってゆっくりしながら鑑賞できますね。木が生い茂っているポイント選んでしまうと花火が見えにくくなるので、場所選びが重要です。

汐入公園

数年前までは超穴場スポット的な場所だったのですが、噂が広がりすぎて、今は結構込み合うようになってしまいました。ただ、当日の夕方までに場所取りをしておけば全然座って鑑賞できるので、まだまだ穴場スポットと呼んでも良いのではないでしょうか。

 

銅像堀公園の周辺

隅田川沿いの遊歩道が解放されているので、そこから花火を鑑賞できます。公園内は立ち入り禁止区域なので注意してください。

本所三丁目交差点付近

高い建物がなく開けているので、とても花火が見やすいスポットです。特に第二会場の花火打ち上げ場所から近く、結構至近距離で花火を見ることができるのでおすすめです。

清澄通り

こちらも遮る物がないので穴場スポットと言えるでしょう。第一ホテル両国周辺は特に視界が開けているのでおすすめです。

Sponsored Link

最後に

さて、ここまで隅田川花火大会の情報をまとめてきましたが、1つだけ注意点が…。

たとえ穴場スポットと言われている場所でも、都内の花火大会はほぼ間違いなく人でごったがえします。それは、この隅田川の花火大会も例外ではありません。

混雑はどうしようもないので仕方ないのですが、特に意識していない人が多いのが帰りの電車です。

どの駅で電車に載るにしても数時間かかることは覚悟しておいてください。ですので、花火大会後に予定を入れている方、早く帰宅したい方は、かなり余裕を持った行動やプランが必要担ってきます。

特に地方から花火を見に来られる場合には、切符売り場の長蛇の列にならばなくても良いように、suicaやpasmoなどをあらかじめ用意しておくようにしてくださいね♪

Sponsored Link

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事