-あなたの気になるにお答えします-

年越しそばの由来って何?うどんでもいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、「年越しそば」は毎年食べていますか?私が子供のころは、「紅白歌合戦」を観ながら「年越しそば」を食べていたように記憶しています♪

当たり前のように食べていましたが、そもそもなぜ食べるのでしょうか?大晦日におそばを食べる意味って何でしょう?そばよりもうどんが好きな人はどうする?子供はうどんがいいのだけれど…ここでは、そんな皆さんの疑問にお答えします!

ではまず年越しそばの由来や食べる意味について見ていきましょう♪

Sponsored Link

年越しそばの由来や食べる意味とは

illustrain01-tosikoshisoba04

おそばの性質上、切れやすいことから「年内にあった苦労や災いをその年のうちに断ち切る」という願いを込めて食べるそうです。

その他にも、

 
  • 長寿祈願(お蕎麦の形が「細く長い」ことから)
  • 金運招き(金細工師が散った金粉を集まるためにそば粉を使っていたとか)
  • 健康祈願(そばが植物として丈夫なことから)

など。

昔の人々は、新たな気持ちで新年を迎えたい、新年は健康でいいことがありますように、という「願掛け」「縁起担ぎ」でおそばを食べていたのですね(^^)今も昔も、願うことはあまり変わりません、「健康」と「金運アップ」!!もう年越しそば、絶対に食べなければ!!!

では次の章では、いつ食べるのがいいのか?を見てみましょう(^▽^)

Sponsored Link

年越し蕎麦っていつ食べるの?

6091-450x337

 やっぱり「大晦日」デショ。大晦日なら時間に決まりはナシ。

「うちではカウントダウンに合わせて食べるわ~」という人!。ちょっと待って下さい!!おそばは年越し前に食べ終わらないと、「願掛け」の意味がなくなっちゃう!年越しそばを大晦日に食べる意味は、「年内の災いはその年のうちに断ち切るため」ですよ~。年をまたいでしまっては、断ち切れない(゚д゚lll)

ただ、地方によってはお正月にそばを食べたり、小正月(1月15日)の前におそばを食べる風習もあるそうです。

私的には、夜遅くお蕎麦を食べるのは気が引けるので(翌日の胃もたれが…(-_-;))、大晦日の夕食で家族でのんびり食べることにします。

でも、そばは苦手で~という方や、麺ならうどんがいいっ!という方にとっては、「年越しうどん」でもいいんじゃないの?と思いますよね~(^.^)では「年越しうどん」でもいいのか?次の章で見ていきましょう。

Sponsored Link

年越しうどんでも良いの?

food_udon

結論からいえば、やっぱり「そば」でしょう!だって由来が、「願掛け」「縁起担ぎ」ですから~。昔はそば粉100%(10割そば)のブチンと切れやすく、歯ごたえがあり、太めのそばが食べられていました。そこから「災いを断ち切る」意味がついたのです。現在のそばは、現代人に合わせて「つなぎ」で小麦粉などを配合していて、つるつると食べやすくしてあります。

どうしてもうどん!の方は、うどんに意味を持たせてみては?「細く長い」うどんもありますし、小麦も「丈夫」な植物です。「健康長寿」の意味を持たせられますね。食文化は時代とともに変化するものです。

ちなみに私の暮らす沖縄県では、小麦粉でできた「沖縄そば」を食べるのが主流です。でも沖縄そばは週一くらいで食べてます。子供も大好きで…((-_-;)

 

うどん派の方に朗報

なんと香川の「さぬきうどん振興協議会」が、元日から1月15日までの間に食べる「年明けうどん」を2009年から広めているそうです。うどんが「太くて長い」ことから、古来より長寿を祈る縁起物だったことに習い、正月の食文化として始めたそうです。

大晦日は「年越しそば」、お正月は「うどん」はどうでしょう!?もう何歳まで生きるつもりなの!って感じですね(^^;

 

まとめ

 

いかがでしたか?これで年越しそばについて聞かれても大丈夫ですね!

さらに女性にうれしいことに、そばは「低GI値食品」で栄養豊富。美容、ダイエット、生活習慣病の予防に役立ちます。その場合は「十割そば」か「二八そば」をおススメします♪私も家族や友達に教えてあげたくなりました(^▽^)/

今は食べ物の豊富な日本ですが、一昔前は、質素な食事に意味を持たせて、感謝して、一つ一つの行事を楽しんでいたんでしょうね。それでは皆さま、おいしい年越しそばをお召し上がりくださいませ~♪

 

関連記事はこちら♪

うどんとそば腹持ちが良いのはどっち?太りやすいのは?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事