-あなたの気になるにお答えします-

動物ってなぜ冬眠するの?人間がしない理由ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌寒い季節がやってきましたね^^; 冬と言えばこたつにみかんでまったりしたいですね!こんな毎日はあまり出かけたくないと億劫になっている方々は多数いらっしゃると思います。

私も外は寒くて家にこもりがちな毎日なんですが、人間界だけじゃなく動物界にも「冬眠」という言葉がありますよね♪冬になったら活動を停止して冬の間にじっとしているように、なんで動物は冬だけに限って冬眠するのだろうって疑問を持っている方結構いらっしゃるかと思います。

私は恥ずかしながらも冬眠の事をずっと、冬になる寸前まで食料をたらふく食べ、巣穴でひたすら寝る事だと思っておりました 笑

ということで今回は動物はなぜ冬眠するのか?ということについて解説していきます!

Sponsored Link


 なぜ動物は冬眠するのか?

toumin001

まず冬眠の目的はなんなのかというと、

 

厳しい寒さに耐え、生き抜く為の動物達の手段

 

なんですね!

動物界では餌が豊富な時期があり、冬になると極端に餌の数が減ってしまいます。その為動物達は冬の間だけエネルギーを蓄えておく必要があるんですね♪

でも冬眠に入る事自体の要因や、冬眠から目覚めるきっかけはまだ分かっていない事が多いんだそうです^^; 気温の変化、その他日照時間の変化などの要因が複雑に絡まっている事があり、冬眠の長さや時期は住んでいる環境や気候により、違うみたいですね!

では次に冬眠しない動物はいるのかどうか?について解説していきます!

Sponsored Link


冬眠しない動物もいるの?

toumin005

冬眠する動物としない動物の違いは体温が一定に保てるのかどうかの違いによります。つまり気温に左右されるって事ですね!

基本的には、

 
  • 恒温動物が冬眠をしない。
  • 変温動物が冬眠をする。

 

とされています!

恒温動物に代表されるのは・・・

鳥類、哺乳類

変温動物は・・・

魚類、両生類、爬虫類

です。

 

でも恒温動物でも一部例外があり、特に小型の恒温動物は体重に対する表面積の割合が大きいので、体温を維持する為に大量のエネルギーを必要とします。なので、食料が少ない冬では栄養を十分に摂取する事は難しいので小型恒温動物は冬眠をしなければならないんですね!例で言うとコウモリシマリスなどがそうですね。

対して大型恒温動物のクマなんですがこれは冬眠というよりは睡眠に近い状態なのです。体温も大して下がるわけでもなくわずかでも刺激を与えると起きてしまう可能性があります。冬眠によっても色々とあるんですね!

では次の章で人間が冬眠しない理由について見ていきましょう!

Sponsored Link


人間が冬眠しない理由って何?

hammock

でもなんで人間って冬眠が必要じゃないんだろう?って疑問なんですが、人間界では冬でもこれといって食料に困る事のないですよね。動物界と比べ、食料が豊富な私たち人間という存在はある意味では恵まれているのです!

また先ほど説明したように、人間は恒温動物と言われ、ある程度の寒さには適応能力があるので、冬眠しなくても良いのです♪

変温動物と言われる類の動物や小型恒温動物は冬に体温を維持する適応能力が備わっていないので、冬眠が必要不可欠なんですね^^

まとめ

寒くてもう外出たくない!家に引きこもりたい!って思う気持ちは誰にでもあると思います。

なぜ動物が冬眠を必要としているのか?これは生きるための手段なのです。私たちにも冬眠期間があればエネルギーを蓄えられるのになんて淡い期待を持つのはやめましょう。

それよりも人間界に適応する事が大事かと私は思います!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事