-あなたの気になるにお答えします-

冬に寒くて起きれない!何か対策ってないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ寒さが厳しくなってきましたね~!

もう毎日起きるのが本当に辛い!起きて布団から出た瞬間から、もうすでに布団が恋しい!起きられないどころか、そもそも目覚まし時計の音やアラーム音にも気付かないって方、おられません?あれ…私だけ(;^ω^)?毎年冬になると、冬眠願望が止まりません♪休日の二度寝、最高~!

 今回は冬に寒くて起きられない原因や対策についてご紹介しますよ♪まずは冬に寒くて起きられない原因について見ていきましょう(^^)

Sponsored Link

冬に寒くて起きられない原因は?

interview1

実は、冬に寒くて起きられないのは自然なことなのです。というのも、人間の体には体温や睡眠、覚醒の周期、ホルモンバランスを調整する“体内時計”が存在します。その体内時計を正確に働かせるためには朝の光が必要になるのですが、冬は日の出が遅く日照時間が短いため、目覚めを促す働きを持つセロトニンが十分に分泌されず、体内時計の調節がうまくできなくなってしまうのです。

また、人間は体温が高い時は活動モード、体温が低い時はお休みモードになるのですが、寒い冬は血行が悪くなるため眠りも浅くなり、中々お休みモードから活動モードに切り替わらず、長く寝たくなってしまうのです。

雪山に遭難すると急激な眠気が襲う、というのを聞いたことある方も多いと思いますが、この状態と同じです。

 では次に、冬に寒くて起きられない場合の対策について見ていきましょう(^^)

 何か対策ってないの?

001-e1413267313207 

ここまでは原因について見てきました♪これからは対策として、『活動モードに切り替える』『質の良い眠りをする』ことに注目していきましょう(^^)

寝る前に入浴する

手足の血行が良くなることに加え、リラックス効果も期待できます。熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。

以前ご紹介したこちらの記事も参考にしてみて下さいね^^

寝る前にお風呂に入ると睡眠の質があがる?注意点もご紹介

就寝前のスマホやパソコンを控える

寝る前に液晶の光を見ることにより、眠りを誘う働きを持つメラトニンの分泌が阻害され、目が覚めてしまいます。寝る前は読書がおススメです。

心と体のリラックスをする

寝る前にストレッチやアロマ、ハーブティ、ホットミルク、癒される音楽はいかがでしょうか?リラックスすることにより、質の良い睡眠効果が期待できます。

個人的には“赤ちゃんが寝る音楽”でネット検索して出てくる音楽はおススメです♪子供の寝かしつけの際によく流すのですが、結構な頻度で子供より先に親が眠りに落ちてしまいます(;・∀・)それはもうぐっすりと…。

身体が内側から温まる食材を食べる

トウガラシやショウガ、黒コショウは体を温めますので、血行促進に効果的です。

朝、太陽の光を浴びる

太陽の光と言っても、寒い冬は太陽が射すのも遅いですよね。そんな時は人工の光でも多少効果があります。目が覚めたら電気をつけましょう。

起きる予定時間の前に部屋の暖房をつける

タイマー機能を使いましょう。起きる予定時間の大体30分前につけるといいでしょう。これなら寒くて布団から出られない!とならず、スムーズに布団とさよならできるはずです。

目覚まし時計をダブルで

せっかく目覚ましをセットして鳴らしているのに、すぐに止めて二度寝してしまうこと、ないですか?そんな方はダブルで設置です!布団から遠い場所に、時間差で鳴るようにしましょう

あとは私も使っているのですが、こういった大音量の目覚ましも効果的ですよ♪

 

ちなみにこんな感じです♪音量にはご注意を 笑

次は布団から出たくない時はどうすればいいかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

 布団から出たくない場合はどうしたら良い?

 eb277ac3-1e2a-4685-b995-6a0dd91f3877

上記の対策でもあげましたが、布団から出たくない状況を脱する為には質の良い睡眠と体温を上げて活動モードに切り替える必要があります。まずは温まった部屋で鳴りやまぬ目覚ましを止め、身体をう~んと伸ばして血行を促進し、勇気をだして身体を起こしましょう。

そんな事言ったって、やってみたけれどやっぱり布団から出たくない!という方。

あとは『気合い』ですよ( ̄д ̄)

シャキッとせんかーい!!

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?寒い日に起きられず、布団を愛しすぎてしまう事はきっと誰もが一度は経験しているはず。

今回の記事を作るにあたって、小さな頃に「起きられないのは気が緩んでいる証拠や!」と、冬になる度に母に怒られていたな…と思い出しました。起きられないのは昔も今も変わっていませんが(+_+)

寝起きが悪くても、優しく広い心で「ほら、起きて♪」と誰かに起こしてもらえると一番幸せですよね~。

これから寒い日が続きます。眠すぎて目が開かない!寒くて起きられない!どうしよう!となった時に少しでも参考になったなら、とっても嬉しいです♪ 

 

関連記事はこちら♪

寝る前にするといいこと悪い事!おすすめ記事6選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事