-あなたの気になるにお答えします-

冬に花粉症!?風邪との見分け方のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃寒い!急に寒くなりましたよね~!寒さに身体がついていかない!

この時期、急な気温の変化などで体調を崩される方が多いように思いますが、いかがお過ごしでしょうか。なんだか鼻がムズムズ、くしゃみもでるし、ぼーっとする等の症状に悩まされている方、おられませんか??

風邪かな…もしや、花粉症?冬なのに?!とお思いの事でしょう。ええ、そのお気持ち、よーく分かりますよ。だってこんなに寒いのに?って、思いますよね。

でも実は、花粉は飛んでいるのです(+_+) 今回は冬の花粉症の原因や風邪との見分け方についてご紹介します♪

まずは冬に花粉が存在するのか!について見ていきましょう(^^)

Sponsored Link

冬に花粉症ってあるの?

mask_woman 

冬に花粉症があるのか!?

その答えは『はい、あります。』

花粉が飛ぶピーク時期ではないものの、実は色々な花粉が飛んでいるのですよ。まずは月別に見ていきましょう。

 
  • 12月…スギ花粉、稲花粉(関東・九州)、ブタクサ(関東)
  • 1月…スギ花粉、ハンノキ花粉、
  • 2月…スギ花粉、ハンノキ花粉、稲花粉、ヒノキ花粉(関東)

ほら。飛んでいますでしょ( ;∀;)?

一番ポピュラーなスギ花粉は2月から4月がピークになりますが、実は9月から1月までは少量ですが飛んでいます。また、あまり聞いたことはないかもしれませんが、ハンノキ花粉においては3月から4月がピークですが、少量が1月から6月まで飛んでいます。その他のヒノキ花粉や稲花粉においても、少量ではあっても意外と長い期間飛んでいるのです。

 今の時期は季節の変わり目なこともあって強風が吹く日も多く、その強風に乗って花粉がやってくるということです。怖いですね…。

 でも、花粉症だと思っていても実は風邪の場合もありますよね。

次は花粉症と風邪の見分け方について見ていきましょう♪

Sponsored Link

 風邪との見分け方は?

c9a97b3a63ab8f2de2afcde230e86a36_300_217

 

 風邪の場合

  • ウイルス、細菌感染による原因が多い。
  • 熱を伴う場合が多い。
  • 粘り気のある黄色い鼻水や痰が出る。
  • かゆみはなし。
  • くしゃみより咳が出やすい。
  • 大体長くても一週間で治る。
  • 夜に身体が辛くなる 
 

花粉の場合

  • 花粉が原因。
  • サラサラで透明な鼻水が出る。痰はでない。
  • 目や鼻などにかゆみが出る。
  • 咳よりもくしゃみが出やすい。
  • 一週間をすぎても良くならず、ダラダラと症状が続く。
  • 夜になると体が楽になる。

 

いかがでしたか?どちらに当てはまるものが多かったでしょうか?

特に鼻水の状態やかゆみの有無についての違いで見分けやすいかと思います。

また、ダラダラと続く花粉症から体の抵抗力も低下し、風邪を併発する場合も考えられます。その他にも、冬物衣類や布団の入れ替えの際に花粉がついたまましまっていたため、長く押し入れなどで眠っていた花粉が舞い散ったことによって花粉症状がでているという事もあります。その場合は洗濯をして乾燥機をかけると改善しますよ♪

 次は花粉症の原因について見ていきましょう(^^) 

Sponsored Link

原因って何?

 %e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87_004

やはり原因は少量ではあるものの、空中に飛び散っている花粉にあるようです。外は強風で家の中では乾燥しやすいこの時期、飛んでいる花粉にとってはもはやお祭り状態ですよね( ;∀;)簡単にどこにでも飛んでいける~♪という感じでしょうか。

一度病院で検査を受けて、自分がどの花粉に反応しているのかを調べるといいかもしれませんね。その方が花粉が飛ぶ季節がくる前になにかしらの対策が取れますし、心の準備もできますもんね♪

まとめ

 いかがでしたか?少しでも参考になりましたか?

花粉症の辛さは花粉症もちの人にしか分からない辛さですよね!

実は私も鼻水が出て一度鼻をかむともう終わり!ひたすら透明の鼻水と闘いが始まり、一日中ティッシュとお友達になる人なのです( ;∀;)辛い!怖い!

家に入る前にパンパンと体を叩いて花粉を落としたり、家の乾燥に気を付けたり、マスクをしたり、目薬したり、やわらかいティッシュを常備したり。小さな努力ですが、しないよりは絶対にいいはず!地道に対策を行っていきましょう!病院で薬を出してもらうこともできるので、辛い場合は一度病院へ行かれることをお勧めします。どうか良くなりますように、願っています♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事