-あなたの気になるにお答えします-

赤ちゃんの下痢が続くけど元気!外出させても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんのウンチがなんだかゆるいし、回数もいつもより多いような…でもニコニコ笑うし、いつもと同じで元気!

こんな時って、病院へ連れていくべきなのか、普段より安静にするべきなのか、食事はいつも通りでいいのか、色々と判断に困りますよね。

今回は元気なのに続く赤ちゃんの下痢の原因や対処法についてご紹介します♪

まずは赤ちゃんの下痢が続く原因について見てみましょう(^^)

Sponsored Link

赤ちゃんの下痢が続く原因は?

20160226-cy-20383

まず、腸内環境が未成熟の赤ちゃんにとって、下痢が続くことは珍しい事ではありません。毎日のウンチの回数や状態においても、その子その子によって違います。

日々赤ちゃんのお世話をしているお母さんやお父さんだからこそ“あれ、これはいつもと違うぞ、何かおかしいぞ”と気づいてあげられるのです。なので、赤ちゃんの日々のウンチ事情の観察や把握も大切になってきます。

まず、考えられる原因について!

ウイルス性胃腸炎やインフルエンザの感染

代表的なウイルス性胃腸炎として、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスがあります。これら下痢に加えておう吐や熱を伴うことが多いとされています。また、ロタウイルスにおいては便が白っぽくなるのが特徴です。

インフルエンザにおいては下痢に加えて高熱が出ます。胃腸炎やインフルエンザに発症することにより、元々腸内環境が未熟な赤ちゃんの腸の動きが悪くなり、下痢を引き起こします。

ウイルス性胃腸炎においては冬と夏、インフルエンザにおいては冬に感染しやすいので、前もって予防が必要ですね。 

食物アレルギー

食物アレルギーといえば、全身にブツブツが出たりするイメージではないですか?ところが、下痢やおう吐で体がアレルギーをお知らせしている場合もあるのです。

離乳食を初期の頃なんかは特にこれ大丈夫かな…と、毎回ドキドキですよね。

もしもアレルギーの場合に早めに的確に気付いてあげるためにも、初めての物を食べさせるときは元気な時に!一品ずつ!にしていきましょう。 

二次性乳糖不耐症

ウイルス性胃腸炎やウイルスに感染して急性の下痢になった後、一時的にミルクや母乳、牛乳などの乳製品の消化がしにくくなるという病気です。二次性乳糖不耐症になると酸っぱいような臭いの水様便が特徴です。 

お腹の弱い体質

お腹が弱い体質なのかもしれません。毎日の排便回数はどうでしょうか?例えば、いつも3回ほどなのに、今日は10回!という場合は下痢と判断した方がいいと思いますが、回数が多くてもそれがいつもなのであれば、問題ありません。

薬の副作用

薬の服用をしていませんか?特に抗生物質においてはお腹がゆるくなる場合があります。

寝冷えやストレス

お布団をかけず眠ってお腹が冷えていたり、何か強いストレスがあった時など、下痢を起こすことがあります。

 

では次に、元気だけれど下痢…外出どうしよう…という時について見ていきましょう。

Sponsored Link

元気な場合は外出させても大丈夫?

12

下痢はしているけれど赤ちゃん自身はケロッとしていて元気な場合、外出しようかどうか悩みますよね。でも、考えてみてください。その外出先は赤ちゃんが下痢をする度におむつ交換ができる環境ですか?

下痢の時は体力、抵抗力が低下しているので、おむつかぶれを引き起こしやすくなります。こまめに交換してあげる必要があるのです。

また、機嫌が良くて食欲もあって睡眠もバッチリ!熱もない!という状態であっても、続く下痢によって少なからず体には負担がかかっていると思われます。

でも、家で安静にしているのが一番いいと分かってはいても、どうしても出なければならない時ってありますよね。そんな時は沢山のおむつ交換の準備と脱水予防に水分を持っていきましょう。そうでない場合はできるだけお家で安静に過ごしましょう♪

次はそんな時の対処方法について見ていきましょう(^^)

Sponsored Link

対処方法ってあるの?

shared-img-thumb-lisa78_naniittenda20141018102414_tp_v-1024x683

温かい物、柔らかい物を食べる

冷たい物や硬い物は避け、温かい物や柔らかい物、胃に優しい物を食べましょう。脱水の恐れもあるので、一度に沢山飲ますのではなく、ちょびちょびと回数を分けて少しづつ水分を摂取するのが望ましいです。下痢時の水分補給には常温のイオン水がおススメです。

離乳食は一時中断するか、一段階前に戻す

もしかすると、離乳食の段階が早すぎるのかもしれません。特に下痢の時は消化吸収の機能が低下していますので、一時的に中断するか一段階前に戻してみるといいと思います。病院にかかっている場合は医師に確認してみてくださいね♪

おむつかぶれを予防する

赤ちゃんの肌ってスベッスベでツルッツル。でも、本当に荒れやすい!豆腐か!というぐらい、敏感ですよね。

一度おむつかぶれを起こしてしまうと治るまで大変です。かぶれないように、下痢をしたらこまめにおむつ交換をしてあげましょう

かぶれている時は市販のウエットティッシュでは刺激が強い場合があります。ぬるま湯で洗うのが効果的です。でも毎回シャワーでは大変ですよね。

私は子供が下痢の時、食器用洗剤の空き容器にぬるま湯を入れてエコシャワーをしていましたよ(^^)無料♪すぐできる♪押してピュー!です♪おススメです。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんが下痢になると本当に心配だし、毎回おむつを交換するのも大変ですよね。お母さん、お父さん、お疲れ様です!

とにもかくにも、機嫌が良くて下痢以外の症状がなかったとしても、一週間以上続く場合は病院へ受診してくださいね

ちなみに余談です!赤ちゃんっていつまでが“赤ちゃん”って言うの?と、思った事ありませんか?実は決まった定義はないそうです。児童福祉法では1歳の誕生日の前日までを乳児と呼ぶとされています。

乳児=赤ちゃんとするならば、1歳まで。短いですよねー!赤ちゃんの期間って短い!子育てに奮闘中のお母さま、赤ちゃんはあっという間に大きくなります(^^)かわいい赤ちゃんとのラブラブライフをお互い楽しみましょうね♪

大切な赤ちゃんの下痢よ、早くどっか飛んでけ~!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事