-あなたの気になるにお答えします-

無気力な引きこもり主婦!40代から50代に多い理由と脱出する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「引きこもり」と聞くと学校へ行けずに家に閉じこもっている子供、社会との関りを嫌い家の中から出て来ない若い男女のことをイメージしがちですが、実は引きこもっているのは若い人達だけではないのです!

世の中には「引きこもり主婦」が存在するのです!!しかも、40代~50代の大人主婦!!主婦の引きこもりなんてなかなか想像できませんよね。

某有名出版社の発表によるとこの引きこもり主婦、なんと100万人もいるらしいのです。なんとも驚きですよね。

今回は引きこもり主婦の実態と、引きこもってしまった理由や引きこもりから脱するためにはどうしたらいいのかなどをまとめてみました!

まずは実態からみていきましょう! 

Sponsored Link

引きこもり主婦の実態

v6hhih30

引きこもり主婦、イメージとしては「なにもせずに家に一日中いてだらだらしている」感じがしますが、これだと100万人まで増えません。

引きこもり主婦の実態は「家事はしているけど社会との関りを断っている」人達なのです。家事、主婦業を本業としているため、無職で家にいる男性よりも社会的には問題がなく、そのためにものすごい数の引きこもり主婦が生まれています。

実態としては仕事に出ることを嫌い、(または家族からの反対)外に出る機会を失っている、自分の外見に興味がなくなり、メイク等を含めすべてにおいて億劫になってしまい結果引きこもってしまっている状態、無気力で家事以外のことには体が動かない、こんな感じです。40代から50代にこの引きこもり主婦は多く存在します。

なぜ40代から50代に多いのか?次で見ていきましょう! 

Sponsored Link

40代から50代に多い理由とは?

f2b6353b

女性の40代から50代って、実は「体と環境」の変化が著しい時期です。

体の変化は更年期の症状が出始めることによりホルモンバランスの崩れが体の不調を引き起こし、だるさや無気力を感じることが多くなります。それに加え、「子供たちに手がかからなくなる」という環境の変化があります。

目が離せず、常に気を張っていた幼児期から子供がある程度自立して小学生、中学生、高校生、となってくると追いかけまわす必要もありません。気を張る必要がずいぶん少なくなるのです。

「楽になった」と感じられればよいのですが、それが「寂しい、孤独」と感じてしまう方も少なくなく、精神的に落ち込んでしまいます。体と環境の変化が無気力や脱力感を引き起こし、結果引きこもってしまう要因となっています。

他には子供に手がかからなくなったから、仕事しようかなと就職活動をするも年齢のせいでなかなか簡単に仕事が見つからず落ち込んでしまう、折角仕事を見つけても職場で辛い目に遭ってしまってまた家に引きこもってしまう、このようなことが原因で40代から50代に引きこもりが増えてしまうことになります。

年齢による体調、環境の変化、仕事をすることの難しさ・・これが大きな引きこもりの原因となってしまうようですね。

それでは、あきらめて引きこもるしかないのか?無気力のままでいいのか?そんなはずはありませよね。引きこもりから脱却する方法はないのでしょうか?

次で見ていきましょう!

Sponsored Link

脱却する方法はどうすればいい?

20160510_1432700

ここからは引きこもっている方へ向けて書いていきます。

引きこもりで一番問題となるのが「社会との関りが断たれていること」にあります。

社会とのつながりがどのような形であれ少しでも増えていけばおのずと外に出たいという意欲につながります。脱却の第一歩として必要なのは「人との関わり」です。

ネット上での友達でもいいのです。会わずとも自分の言葉が伝えられる人がいればずいぶんと自分の心が救われます。旦那さんや子供と話しても解消されない気持ちってありますよね。顔の見えない相手なら、同じような境遇の人も居るだろうし、沢山自分の気持ちを伝える事ができると思います。「自分の居場所」を確保することが大切です。

私も子供が生まれたて~3か月頃までは外に出ずに某ブログサイトで友達を作って会話ばっかりしていました。ヤバイことではありません、孤独感を感じると自分がみじめになってしまいます。人との関りを持つことは大切です。

次に「何か一つ好きなことを見つける」です。なんでもいいのです。立派な趣味でなくても韓流ドラマにハマってみる、好きなアイドルを見つける、漫画を全巻読破する、などなど「今自分が生きていて楽しいこと」に没頭できるようになれば無気力という状態から脱却することができます

旦那さんが働いているのですから、仕事は一番最後にやりたかったらやればいいのです。気負わず毎日を「好きに生活する」ことに努めていけば引きこもりを解消することへどんどんと近づいていけます。体調の変化も著しい時なので決して無理をせず、でも規則正しい生活を送りましょう。

昼寝ばかりして夜全然寝られない、なんてことのないように努めていきましょう。

またこういったサプリに頼るという方法もありですね♪

私の母親はこれを飲んでいるから?毎日元気いっぱいですよ 笑

返品もできるので試してみても良いかもしれませんね♪

まとめ

「引きこもり」=だらけていると思われがちですが実は多くの引きこもりには原因があり、社会との関りが断たれてしまっている状態にあることがあります。今は引きこもって悩んでいる方への相談窓口も沢山開かれています。「この状況、どうにかしたい」そう思ったときが脱却へのチャンスです。人の手を借りてでも、社会との関りを取り戻しましょう。

外は嫌なことももちろんありますが、楽しいことも沢山あります。殻の外に出るには相当な勇気が必要ですが、一歩前進すれば見える景色もぐっと広がるはずです。周囲の理解や協力も必要です。もし身近にそんな人が居たら、手を差し伸べることができるようでありたいですね。 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事