-あなたの気になるにお答えします-

マグニチュードと震度の違いって何?深さが関係するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地震大国日本、記憶に新しい阪神淡路大震災、東日本大震災、そして熊本地震・・甚大な被害をもたらすこの地震、各地で毎日のように頻繁に起こっていますよね!

私も熊本地震の直後に福岡県から拠点を熊本県に移し、熊本地震の余震を毎日のように感じながら生活しています。最高では震度5の地震を体験しました(;´Д`)震度5でこれなら、震度7って・・と恐ろしくなりました。

さて、この怖い地震ですが「震度」という言葉は皆さんよく使っていて「地震の揺れの大きさの事よね?」なんてあいまいな知識で会話していますが、誰一人「マグニチュードが・・」マグニチュードを語る人はいません。

マグニチュードっていったい何?聞きたくても今更恥ずかしくて聞けない・・そんな方の為に、知っておきたい地震の知識「震度」と「マグニチュード」そして「震源の深さ」について今回はまとめてみました

早速、マグニチュードから見ていきましょう!

Sponsored Link

マグニチュードとは

jishin_house

マグニチュードとは、「地震のエネルギーの大きさ」のことを表します。

ですので、震度とのちがいは「どの地区でも同じ値」だということです。同じマグニチュードでも、震源の深さや場所によって震度は異なります。テレビの速報などで、各地の震度が明確になるまで時間がかかる際、最初にマグニチュードを使ってどのぐらいの強いエネルギーの地震が起きたかを先に伝える手段になっています。

マグニチュードの考え方は台風の大きさを考える時と似ているのですが、「この地震が大きいのか小さいのかひとまとめにした考え方」を数字で表す単位、という事です。

史上最も大きいマグニチュードを観測したのは「チリ地震」です。こちらはマグニチュード9.5という数字を観測したのですが、東日本大震災のマグニチュードは9.0でした。0.5しか違わないのに観測史上最大?と感じがちですが、このマグニチュード、0.5の違いで16倍、1の違いで32倍もの地震のエネルギーの違いを生み出すのです。そう考えると、チリ地震は東日本大震災をはるかに上回る大地震だったことが想像できますよね。

マグニチュードが大体なにかわかったところで次は、誰しも1度は使ったことのある震度について見ていきましょう! 

Sponsored Link

震度とは

mig-1

これは皆さんもご存知の通り、「地震の揺れの大きさを表すもの」です。

特に説明は必要ないかと思いますが、体感されたことのない方へ震度の強さを表現するならば、震度1~2はほぼ気づかないことが多いです。震度3は移動中や走っていると気づかない程度、止まっていたら「あ、今揺れたよね?」くらいです。震度4から棚のものが揺れたり、不安定なものが崩れたり落ちたりしてきます。当然、ぐらぐらっと揺れます。震度5は物が落ちてくる、

軽い家電が倒れる、足元がふらつくぐらい揺れる。震度6~7にかけては建物が崩れる。水、ガス、電気などのライフラインが断たれる、立っていられない程の地震、とこのような強さです。

また「縦揺れと横揺れ」これも危険度が違います。どちらも同じ地震では起こっているのですが、震源地が近いとこの縦揺れを強く短く感じ、遠いと横揺れを感じます。

縦揺れのほうで被害が大きく、横揺れには耐える建物も縦に振られることで簡単に崩れてしまいます。緩やかに横にゆれるほうが振動を吸収して発散しやすく、被害は小さいといえます。縦揺れ、横揺れを起こす「震源地」ですが、深さが関係するもののようです。

次で詳しく見ていきましょう!

Sponsored Link

地震の深さはどう影響する?

mig

地震の深さ、は震度にものすごく関係します。地表近くで起こる地震が「震源が浅い」と表現され、私たちの住む地表に近いところで起こる地震であるため被害も甚大です。

特に海底で起こった場合、震源が浅く、津波を引き起こします。東日本大震災でも震源が海底の浅いところで起こったため津波が起きてしまいました。地中で起きた場合でも震源が浅ければ被害は大きいです。震源が遠いほどほぼ同心円状に揺れが弱まっていきます。

震源の深さ「浅い=揺れが強い」「深い=揺れが弱い」と簡単に理解しておくとよいでしょう。また稀に震源が深いのに大きな被害が出てしまうこともあり、この地域を「異常震域」と言います。そう考えると地震は考えや知識をはるかに超えるもの、ということになってしまいますね。

まとめ

地震って理解しようとすると難しい・・と思いがちですが、簡単に言ってしまえばマグニチュードは地震の大きさ、エネルギー。震度は地震の揺れの大きさ震源の深さは地震が起こったところの深さ、深ければ弱く、浅ければ強い。(こればかりではありませんが)

この基本さえおさえておけば地震速報が出た時も、この地震はどうだ、とさっと把握が出来ると思います。大切なのは地震への日頃からの備え。地震の際必要なものを決めた場所へ集めておくと有事の際本当に助かります。地震が頻発する日本だからこそ日頃から災害へ対する知識を深め、それに備えることが大切だと思います。

Sponsored Link

関連記事

    • 熊本人
    • 2016年 10月 30日

    マグニチュードが0.5上がるとエネルギーは16倍になると本文中にありますが、マグニチュードは10の指数関数で表されるため、実際は1000の4乗根でおよそ5.62倍です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事