-あなたの気になるにお答えします-

お酒を飲み過ぎた!気持ち悪い時の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールの美味しい季節ですね♪お酒にも開放的な気分になる夏!!気がつけば結構酔いがまわってる(;´Д`)しまった・・飲み過ぎてしまった!!明日が休みならまだしも、しっかりお仕事だったりすると二日酔いがとっても心配ですよね。

二日酔いには絶対なりたくない!!どうしたらいいの・・しかも気分も悪くなってきた・・お酒の相手がお友達や家族ならまだしも、上司や接待のお相手だったりするとすぐに「帰ります!」となかなか言い出せないですよね。

今回はお酒を飲み過ぎて、気分が悪い時の対処法をまとめてみました!まず、飲み過ぎると気分が悪くなるメカニズムから知っていきましょう(^^♪ 

Sponsored Link

飲み過ぎるとなぜ気持ち悪くなるの?

26284

ずばり、「機能低下」です。

私たちの体は体液中の電解質を一定に保つように出来ています。(ナトリウムやカリウムなど)これが一定であれば不調は引き起こされないのですが、アルコールによる利尿作用が進むと、飲んだ量よりも体内の水分までどんどん排泄されていってしまいます。体液中の電解質はどんどん体外へ排出されてしまいます。

すると体内のバランスが崩れ、機能低下を起こし、おつまみやらなんやら食べたものを消化できなくなり結果リバース、という形になってしまうのです。気持ちが悪くなる原因は「アルコールによる脱水症状」なのです

それでは次にお酒を飲み過ぎて気持ち悪い時の対処法を見ていきましょう!

Sponsored Link

お酒を飲み過ぎて気持ち悪いときの対処法は?

04933195

気分が悪くなって来たら、けっこうアルコールが体内に入り、そして脱水が進んでいる証拠です。とにかくアルコール以外の「水分」を摂りましょう

対策としては4つ。

対策①水を沢山飲む!

体外へアルコールをどんどん排出してしまいましょう。

対策②「グレープフルーツジュースを飲む!」

こちらは体内でアルコールを分解してくれますし、柑橘系のスッキリ感があるので多少気分がよくなる効果があります。

対策③「スポーツドリンクを飲む」

こちらは水よりも体に浸透しやすいので、脱水を素早く防いでくれます。

対策④体を出来るだけ温める!

冷えていると体の機能も低下して気分の悪さが取れません。できるだけ温かくして消化器や肝臓など、体のなかから温めるようにしましょう。

 

次に飲み過ぎて下痢をしてしまう場合の対処法を見ていきましょう!

 下痢をしてしまう場合の対処法は?

cc-library010008460

まず、お酒による下痢の原因ですが「摂りすぎ」が挙げられます。アルコール、飲める人は本当に「笊(ザル)」、と呼ばれるほどすごい大量に飲めますよね!生ビールをジョッキで5杯は飲んだ・・なんて。2L位飲んでない?それ・・とかよくある話です。

これが水やジュースだとそんなに飲めませんよね。実はアルコールだけは唯一、胃で吸収されるのです!水分って普通腸で吸収されるものなんですが、「液体だけど水分とは別のところで吸収される」のです。で、腸では水分の吸収どころか水分の吸収を阻害されてしまい、便に水分が集まります。だから便が水分を含むキャパオーバーを起こし、結果下痢となってしまうのです。

対処法としては、もう出るものは出すしかありません。ですから、上記に書いた水分を少しずつ沢山とっていくことをお勧めします。大事なのは下痢をしてしまったら消化器系は必ず荒れています。急に常食へ戻してしまうとまた消化器に負担がかかってしまい、体調を崩しますので消化のいい食べ物を食べて胃腸の調子を整えましょう。腸内の環境も悪くなっていると思いますのでヨーグルトやサプリメントで腸内環境も整えるようにしましょう!

では次に永遠の課題、お酒を飲み過ぎないためにはどうしたらいいのかについて迫ってみましょう(^^♪

お酒を飲み過ぎないためにはどうすればいいのか?

nomikai_salaryman

5つのポイントでまとめてみました(^^♪

ポイント①お腹が空いた状態で飲むのは絶対にやめる。

すきっ腹(お腹のすいた状態)で飲むと胃からのアルコール吸収速度も速くなります。結果、早く酔いがまわってどんどんお酒が進んでしまい、気がついたら完全に飲み過ぎの状態になってしまいます。必ず何か少しお腹に入れてからお酒をスタートさせましょう!

ポイント②水をそばに置く

お酒を飲むこと自体、とっても楽しいですよね。飲み過ぎを気にしながらちびちび飲んだってちっとも楽しくありません。お酒の傍らにお冷(水)をもらってお酒と交互に飲むようにしましょう。すると脱水は防がれるし、飲むアルコールの量も減ります。これは一般的な方法のようですがなかなか実践している方を見たことがありません。お酒とお水はセットで注文するようにしましょう(^^♪

ポイント④チャンポンしない

お酒を飲まない方にとっては何のことやらさっぱりだと思いますが、多種類のお酒を交互に飲むことを「チャンポン」と言います。でもこのチャンポンをやり始めるのはもう酔っぱらった後の事・・防ぐのも難しいと思いますが、種類ごとにアルコール濃度や糖分などの成分が違うため、1種類を長く飲むよりも分解に時間がかかってしまいます。結果アルコールが体に長く残ってしまい、不調を引き起こすのです。

ポイント⑤飲む前に飲む!

お酒を飲む前に、肝機能を向上させるドリンクや、アルコールなどの分解を促進してくれるドリンクが多く出ていますよね!代表的なもので「ウコンの力」「ヘパリーゼ」などがあります。コンビニで売っていますので飲む前には必ず1本、飲んでいくと良いでしょう(^^♪

Sponsored Link

まとめ

長々と書いてしまいましたが、実は私もお酒で若い頃相当失敗してしまったタチなのです。

友人曰く、「強くないのにピッチが速い!」と言われていました。これはもう飲み過ぎ決定の飲み方ですよね~(~_~;)実はお酒の場が私は大好きでした。今もそうです。雰囲気や開放感がたまりません。現実逃避できるし(笑)だからお酒に強くなくてもその時だけはハメをはずしやすくなっちゃうんですよね~。

でも翌日には体調不良・・。何度経験したことか。若い時に失敗を経験していると許容量やダメなお酒の種類などが大体把握できてきますから30代になった今ではゆっくり嗜むことができるようになりました(;´∀`)

皆さんも「お酒と自分」に対して客観的に観察して、飲み過ぎ対処法を実践しながら楽しいお酒を飲んでくださいね!!

こちらの記事もおすすめです♪

二日酔いで頭痛が治らなくてつらい!試してみたい5つの対処法とは?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事