-あなたの気になるにお答えします-

半夏生にたこを食べる理由!2017年はいつたべるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半夏生(はんげしょう)ってご存知ですか?半夏生の日に「たこ」を食べる風習なのですが私の住んでいる九州ではあまり馴染みが薄く、土用の丑の日(どようのうしのひ)のほうが知名度は高いです。

魚屋さんにタコとウナギが並んでいると、心なしかみんな「今年はどうしよう・・」なんてウナギのほうにばかり人だかりができます。この半夏生という風習、たこを食べるのは関西のほうからの風習で、私も知ったのは大人になってからです。

そもそも半夏生って何?と思われている方、なんでタコなんだろう?って方のために今回は半夏生とたこの関係やタコ以外に食べられているもの、2017年の半夏生はいつなのかをまとめてみたいと思います!はじめに半夏生とはなんなのか?からご説明していきたいと思います(^^♪

Sponsored Link

半夏生ってなに?

fish_tako

半夏生(はんげしょう)とは、雑節(夏至や冬至などおおまかな季節の呼び方)の一つで夏至から11日目をさす雑節とされていましたが、現在では太陽黄径(地球から見た太陽の通り道、春分点を0度とする)が100度になる日を半夏生と呼んでいます。

大体7月1日~2日あたりがそれにあたる日とされています。もっと簡単に説明すると1年を24等分の季節に細かく分けた際、梅雨の終わりごろを示す雑節の呼び名が「半夏生」と呼ばれます。

うん、こっちのほうが覚えやすいですね(^▽^)/次に、なぜ半夏生にたこを食べるのかについて調べてみました!

Sponsored Link

 半夏生になぜタコを食べるの?

7104

半夏生の季節は「田植え」や「畑仕事」を終える農家の目安になっており、その後は少し休むという習わしが昔ありました。この半夏生までに田植えをやり終えなければ豊作は望めないとされていたことから、半夏生にむかって農家の方々は必死に作業にめどをつけるため働かれていたというわけです。

半夏生に採れる野菜には毒がある、とされる言い伝えもあったようでそれまでになんとか作物の収穫も行ってあとは休むことが推奨されていました。毒草が生えるなどなど、半夏生にまつわる言い伝えは諸説ありますがなにしろとりあえず農作業をひと段落させる節目であったことに間違いありません。

なぜタコを食べるようになったかというと、それまでにせっせと田植えをして、半夏生で終わりを迎えた農家の方が神様に豊作を祈りタコをお供えしたことから始まりました

タコには8本足があることから、「8本の足でしっかりと根をはり、豊作でありますように」という願いを込めたところからと言われています。沢山ある吸盤は稲穂に見立て、沢山稲穂がついてお米が沢山とれますようにと願ったのだそうです。縁起を担いだ日本らしいお供えからの風習だったのですね!

それでは、半夏生はタコいがいにも食べられているものはあるのでしょうか?次で見ていきましょう(^^♪

タコ以外に食べられる半夏生の食べ物

半夏生のそもそもの意味が「豊作祈願」と「自分たちへの労い」でありますので、地方によって食べられるものも様々です。

香川県はうどんが有名ですよね。そのうどんをタコの代わりに豊作祈願、疲労回復として打って食べたり、疲労回復に効果のある焼き鯖を家族で食べたり、きなこ餅を食べる地方もあります。代表的なものは関西のタコなのですが、地方により色々なものを神様にお供えしたり、自分たちで食べたりとお祭りの仕方は様々です。

さて、ここまで見てみると半夏生って大体どんなものかおわかりだと思います。気になるのは今年の半夏生はいつなのか!次で見ていきましょう! 

Sponsored Link

2017年の半夏生はいつ?

calender_takujou

今年の半夏生は2017年は、7月2日~6日です。

先ほど説明したように、半夏生はある程度決まりがあり、夏至の日から11日目のこと、もしくは、夏至から5日間前後のことをいいます。大体7月2日頃。7月2日頃から6日頃までになります。

このように夏至の日は毎年同じではないので半夏生の日も、その年によって変わってくるんですね

 

まとめ

この時期って本当に疲れが溜まりやすいですよね。身も心もダルダルになりがちなジメジメ期。皆さん本当に大変だと思います。疲れが出やすいこんな時期に負けないように、半夏生や土用丑の日などの食べ物にまつわる行事をうまく活用して、疲労回復、栄養補給をしっかりとして、来る夏に備えてくださいね!

私も栄養ドリンクが手放せない季節なのですが・・なんとかイベントを利用してちゃんと栄養補給したいと思います(^^♪ 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事