-あなたの気になるにお答えします-

口内炎の原因と治し方!即効性があるものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッしみる!!!(;´Д`)予期せぬ口内炎の痛みって辛いですよね!!

なにか食べるたびに口内炎が痛むと美味しいものも美味しさ半減・・「胃腸が悪いわけでもないのに口内炎になる心あたりがないなぁ・・」なんて方、実は口内炎って原因は一つでなく、いくつも原因があることをご存知ですか?しかも効果的な治療には原因究明が不可欠

辛い口内炎の痛みを早くどうにかしたい!という方へ、今回は口内炎の原因と即効性のある治し方、また予防法について調べてみました!まずは口内炎の原因から見ていきましょう! 

Sponsored Link

口内炎の原因って何?

kounaien

口内炎の原因は大きく分けて3つあります。

 
  • 自分の行動によるもの
  • ビタミン不足(栄養不足)によるもの
  • ストレス

 

それぞれ詳しくみていきましょう!

自分の行動によるもの

たとえば、なにか食べているとき誤って舌を噛んだ、歯ブラシで歯茎や舌をこすりすぎてしまって皮膚が荒れてしまったもの他、熱いものを食べて口の中をやけどしてしまった場合

ビタミン不足(栄養不足)によるもの

唇のはじっことかによく出来るあれは、ビタミンB群の欠乏によるものです。特別なことではなく、私も若い頃はビタミン欠乏で口内炎に悩まされたのでサプリでビタミンを補うようにしていました♪

ストレス

ストレス=吹き出物のイメージですが、口内炎もできちゃいます。せっかく摂ったビタミンなどがストレスにより吸収されず栄養不足の状態になってしまうからです。

口内炎の原因ってよくわからないことが多いですが、原因を知っているとなんとなく自分がどれに当てはまるかわかりますよね!また、「胃腸が悪くて口内炎」というのは消化吸収がうまくいかず、栄養不足に陥ってしまっている状態です。

口内炎は対処法も原因に沿ったものであれば効果は増します。次は口内炎の即効性のある治し方を見ていきましょう! 

Sponsored Link

口内炎、即効性のある治し方

口内炎になった原因を知っていれば、対処も早いのですがそれでもやはり完治までには1~3日はかかります。これ以上、痛いのは嫌!ストレスが原因の場合、環境を変えるなど

簡単に出来るものではありませんよね。一番早く、そして一番有効であるのは「口腔外科へ行く」という方法です。でもこれは裏技で保険がきかなくて高額です。レーザー治療などを行っているので1日~数日で感知できます。でも、口内炎だけでレーザー治療・・ちょっと症状が軽いととても選択肢に入りませんよね。

そんなときはお手軽な市販薬!「口腔内パッチ」といういわば口の中のバンソーコみたいなものが有効です。

 

飲み込んでも大丈夫な優れもの!痛みが治まるので(パッチ使用で)とってもおすすめです!!

夜遅くてパッチ買いに行くのも無理・・食事の時だけでも痛みを抑えたい、という方には瞬時に治すことはできなくても、口内炎の痛みを一時的に抑える方法があります。

大事なのは「患部を刺激しない」ということ!口の中ですからどうしても食べたものによって刺激を与えてしまったり、直接患部に食べ物が当たって痛いとういことがありますよね。後者は自分で気をつけていても前者はなかなか自分でも難しいところです。そんな時は患部に「はちみつ」を塗りましょう!はちみつは食品ですから安全ですし、患部を長くコーティングして守ってくれます。一日何回かの

塗布が必要ですがストレスフリーでできそうな治療法ですよね!!また、常に雑菌だらけの口の中のために、口の中を洗浄する液体の「GUM」や「リステリン」などでこまめに口の中を洗浄してあげましょう。口内炎の治りも早くなると思います。

他にも「ココア、塩などを塗る」という方法もあるようですが、効果はあっても塗ったときの痛みを考えるととてもおすすめは出来ません。あくまで痛みを和らげながら完治していきたいですよね(笑)辛い口内炎はどうやって予防したらいいのでしょう?次で見ていきましょう。

Sponsored Link

口内炎の予防策は?

biyou_hadaare

それはずばり、原因になることを改善していけばよいのです!

簡単に言えば3つの大きな原因「行動、栄養不足、ストレス」をひとつひとつ改善していけばいいのですが、行動と栄養不足は改善出来てもストレスってなかなか改善できませんよね。外的なストレスや毎日受けるものかもしれないし・・なのでストレス要因は改善できなくても、自分の体をストレスに負けないようにする必要があります。

例えば、イライラの原因のビタミンⅭ不足、カルシウム不足を改善する、睡眠時間をきちんととる、カフェインの過剰摂取や喫煙、アルコール摂取を控えるなど、少しずつでもやれる予防策は色々とあります。

「健康的な生活を心がけること」これがいちばんの口内炎予防策となるのです。 

まとめ

小さい頃私はよく食事中に内ほっぺたを噛んでいました・・あれほどのショックと激痛はありませんでした。しかも原因が自分なだけに誰にぶつけようもない気持ちとの闘い。

20歳すぎて一人暮らしをしだしたら栄養不足で口内炎、社会に出たらストレスでまた口内炎。私にとって口内炎って切っても切れない存在でした

今まさに口内炎で悩んでいる方は昔より有効な市販薬も販売されていますし、民間療法も有効です(はちみつなど)是非、なにもせず我慢するよりは色々試して少しでも楽になっていただきたいと思います(^▽^)/ 

Sponsored Link

関連記事

    • 長尾忠
    • 2016年 10月 31日

    テラコートリル軟膏とケナログを1:2の割合で混ぜると特効薬が出来ます。恐しくはファミリー歯科口内炎ブログをご覧ください。

      • atu
      • 2016年 11月 09日

      有益な情報をありがとうございます^^
      ぜひ参考にさせていただきます♪

    • 長尾忠
    • 2016年 10月 31日

    恐ろしくではなく詳しくです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事