-あなたの気になるにお答えします-

夜と朝方だけ咳がひどくなる!その原因と対策方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日中は平気なのに、夜と朝だけ咳がひどくてなかなかしっかり睡眠できない・・といった経験はありませんか?夜ずっと咳が止まらないと翌日まで影響してとても辛いですよね。

なぜ日中は平気なのに、夜から朝に咳がひどくなるのか?特定の疾患があるのでしょうか?時間帯によって咳の出方が違うのはとても不思議ですよね。今回はその夜から朝にかけての咳がひどくなる原因と、その対策などを調べてみました

まず、そもそも「咳」ってどうして出るのでしょう?まずはその「咳」について詳しく解説していきます。 

Sponsored Link

咳ってどうして出るの?

6a97b456

「咳」は外から入ってくる埃やウイルスを体外へ排出する体の防御反応です。また、花粉症や食物アレルギーなどアレルギーの原因物質が喉を通ると一斉に喉に戦う姿勢ができてしまい、戦いの狼煙、炎症を起こして咳の原因になります。

風邪や病気などが原因の咳には抗ウイルス作用、花粉やアレルギーの食べ物の場合も抗アレルゲン作用が起こり、咳の症状が出ます。咳って、体が外からの攻撃を防御するために行うために出るものなのです。

では、どうしてその咳の出方が時間帯によって違うのか?次で見ていきましょう。

Sponsored Link

夜から朝方にだけ咳がひどくなる原因

日中全く咳が出ず、夜から朝にかけて咳が止まらない、となると就寝する環境に問題があると思ってよいでしょう。

お布団、大丈夫ですか?ダニの死骸やほこりがたまってしまっている場合、それらがアレルギー源となり、のどの粘膜の抗ウイルス作用と戦うことになってしまいます。就寝が戦場の場と化すことで咳が止まらなくなってしまいます。

日中は全然咳が出ず、夜から朝にかけて咳が止まらない場合は専門医に相談すると、そういったアレルゲンの特定をしてもらえます。友人の子供が同じ症状で夜に咳と鼻水が止まらず不眠になり、専門医で受診したところハウスダストがアレルギー源と診断され、ずいぶん掃除などに苦労していたことが記憶に新しいです。

日中少し咳がでており、夜から朝にかけて咳がひどくなってしまう場合は自律神経が関係しています。夜はどうしてもリラックスムードになりますので気管支が細くなってしまいます。これは自律神経の作用です。

気管支は広がっているほど咳は出にくく、細くなるにしたがって咳が出やすい作りになっていますので、もともと咳の疾患がある場合は夜から朝方にかけてのリラックス時間がもっとも咳の出やすい時間となってしまうわけです。

それではこの咳に対しての対処法ってあるのでしょうか?次で見ていきましょう!

 

対処方法は?

doctor-yubi

まず、咳の原因を知ることが大切です。上記に記したように、夜から朝にかけてしか咳がでず、日中全く咳が出ない場合はハウスダストなどのアレルギー物質を特定するといいでしょう。血液検査で簡単にアレルゲンは特定できますから、近くの内科などで調べてもらうとよいでしょう。日中咳が少し出て、夜からひどくなる場合は気管支の狭さが関係してきますので風邪などを疑って病院で見てもらい、咳止めなどを処方してもらいましょう。

咳は出過ぎるとどんどん炎症が悪化していくので、咳もひどくなります。私も経験があります。咳のし過ぎで腹筋の筋肉痛になってしまった辛い思い出・・。辛い咳は寝不足にもなり、一緒に寝ている家族などにも迷惑をかけてしまいます。「うるさい」なんて言われたらめちゃくちゃ悲しいですよね。早めの対策が重要です。

次に自分でできる予防法を調べてみましたので見ていきましょう! 

Sponsored Link

自分でできる咳の予防方法

kenkou-1-4

風邪などの疾患がある場合もそうでない場合も、のどにとって最悪の状況が「乾燥」です。特に風邪をひいてなくても乾燥した冬の室内で朝から喉が痛い!!ってこともありますよね。気道には乾燥が天敵なのです。ですので、乾燥を防ぐため「加湿器」の利用をしましょう。室内の湿度を大体60~80%にたもつと、のどの潤いが守られ、咳が沢山出るのを防ぎます。なるだけ湿った環境にいることが咳を出さないための方法なのですね。

食事面では、はちみつや大根など、むかしから「喉にいい」と重宝されてきたものを摂取すると良いでしょう。はちみつが主成分の飴をなめたり、大根おろしなどを積極的に食べたりすると咳を防ぐことができます。アルコールやトウガラシなどの刺激的なものは喉に悪影響を及ぼすため咳が出ているときは控えましょう。 

まとめ

なんでもないのに咳が出る・・なんてことはありません。必ず何かしら原因はありますのであまりにも長く咳が出る場合はお医者様に相談しましょう。甘く見ていると実は大変な病気だったりもします。長く続く咳には早めの受診を心がけ、咳の原因を特定して、食生活や住環境を見直して、咳の出ない生活を送りたいですね(^^♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事