-あなたの気になるにお答えします-

雷への対策方法!家の中と屋外でできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドーン!バリバリ!!って本当にびっくりしちゃいますよね。遠くで鳴っているならともかく、ピカッと稲光がしたかと思ったら即ドドーン!!「近くに落ちたー!!」なんて経験をお持ちの方も多いのでは!

実際に外を歩いていて雷に打たれてしまい、亡くなった方もいらっしゃるぐらい、雷は本当にどこにどう落ちるか見当がつかないうえとても危険です。家の中にいても、そんなに背の高い作りではなかったにも関わらず、屋根に落ちて家電がほぼだめになってしまった友人宅もありました。屋内にいても雷は危険が伴うのですね!自分で出来る対策方法はないのでしょうか?

今回はその雷への対策方法を屋内、屋外どちらも調べてみました!まず家の中で雷に遭った場合どのような危険があるのかから見ていきましょう!

Sponsored Link

家の中での雷の危険性

lgf01a201408231400

家の中は落雷時、屋外よりも安全とされています。なので、外にいて落雷の危険性がある場合は室内に避難するのがよしとされていますが、安全性は100%ではありません。

電灯、電話線を介した落雷電流によって家電製品がだめになったり、テレビアンテナを設置しているお宅はそれに落雷したりして、屋根を突き破り、家屋が火事になってしまう危険性があります。

金属製のパイプや水道管に落雷し、破損したりと、直接人に被害があうというよりは建物や設備への被害が主になります。大事にしていた家電が落雷により壊れるなんて悲しいですよね。火事になってしまうなんて悲しすぎますよね。次はそんな家の中での雷被害対策をご紹介していきます。 

Sponsored Link

家の中での雷対策(家電、パソコン等)

lgf01a201309051400

対策は簡単です。要は落雷電流を遮断すればよいのですから、雷が発生し、どんどんひどくなりそうな場合、近くに落雷がありそうな場合は家電製品をコンセントから抜きましょう!早めに抜いておくと手遅れにならず、家電が故障するのを防げます。

ですが外にいる場合は外から自宅の家電を守ることは出来ませんよね。そんなときはあらかじめ「避雷器」というものを設置するとよいですよ!避雷器は突発的な落雷による電流を遮断する機能をもつ雷対策の道具です。パソコン同様、このように雷によって流れてくる強い電流をシャットアウトすることが重要になります。

家にいる場合デスクトップ型のパソコンはなるべくバックアップをとって、雷がひどくなって来たら使用を中止することをおすすめします。

次は、外で雷に遭ってしまった場合を見ていきましょう。

家の外での雷の危険性

lgf01a201407172000

家の外で雷にあってしまうと、焦って正しい判断がつかない場合があります。

雷はどこに落ちるかわかりませんが高い建物などに落ちたとしても外壁を伝って感電してしまったり、間違った知識で木陰に隠れ、間接的に雷に打たれた状態になり死に至るケースもあります

なんの対策もとっていないと、直接雷に打たれていななくても地面や壁面をつたって感電してしまうのです。命に危険がありますから次の対策を行ってください。 

Sponsored Link

家の外での雷対策

lb201212302000

家の外にいるとき、まわりに高い建物があるかどうか確認してください。雷は高いところを狙っておちる傾向があります。なにもない海辺やゴルフ場などにいた場合、自分が「一番高い存在」となってしまう可能性がありますから、速やかに屋内に避難してください。

軒先は危険なので室内に必ず入るようにしましょう。傘をさすと雷の標的になってしまいます。雨が強くても傘をさすのはやめましょう。自動車がある場合は自動車の中へ逃げ込むのも有効です。ゴム製品を身にまとっていても、調査によると安全性は証明されず意味はないようです。過信するのもやめましょう。

列車、バス、自動車などには雷は落ちにくくなっていますので安全ですが、近くに安全な家屋などがない場合は電柱、煙突、鉄塔などを45度に見あげる角度で大体4mの距離をとるところにいると落雷の危険性が薄くなります。

「木」は身近にある背の高いものですが、雷が落ちると倒木や間接的に感電する可能性があるので危険です。なるべく人口の建造物の近くに避難しましょう。姿勢を低くして、持ち物を体より下に置き、雷がおさまる20分前後経ってから移動しましょう。 

まとめ

これから夏にかけてレジャーシーズンになると共に雷シーズンに突入しますよね。野外で過ごすことが多くなってくる分、雷の被害も身近なものになります。正しい知識を身に着けて、とっさの判断で身を守ることができるようにしておきたいですね!私も落雷で家電の故障なんて無駄な出費は絶対ごめんなので雷が鳴りだしたらこまめにコンセント抜こうと思います(^▽^)/

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事