-あなたの気になるにお答えします-

赤ちゃんのほくろっていつから出来る?悪性のものもあるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛い赤ちゃんにほくろを見つけた!お世話している最中に見つけてしまったほくろ、とっても気になりますよね!生まれた時からあったかどうだったか・・。記憶もあいまいですよね。

そんな時、「ほくろなんて誰にでもあるし!」なんて放っておくのは絶対にやめてください!赤ちゃんのほくろには、実は稀に悪性のものも混ざっています。悪性のものだと気づかずに放っておくと大変です!

そんな、気になる注意すべき赤ちゃんのほくろについて、今回はいつからできるのか、良性、悪性、見分けはつくのか?悪性だった場合は取ったりすることはできるのか?など、気になるポイントをまとめてみました!

Sponsored Link

赤ちゃんのほくろはいつから出来るの?

8181666229_7cfcc5e1c0_b

生まれたての赤ちゃんにほくろはありません。

黒っぽい青紫色のあざのようなものが生まれたての赤ちゃんにある場合は、母親からの遺伝で母斑細胞と呼ばれるものが赤ちゃんの皮膚表面に現れたもので、母斑細胞自体がメラニン色素をもっているので色が出てきてしまうわけです。

これは悪性ではなく、なんの害もない良性の細胞です。私の娘も、生まれたての頃からずっと足首に直径1cmほどの母斑があります。

赤ちゃんのほくろはいつから出始めるのかというと、個人差があり早くて生まれて1か月半ごろから出始めるそうです。赤ちゃんの頃は小さい点だったほくろも、皮膚の成長と共に大きくなってきます。そう考えると、ほくろって先天的なものではないのですね。

次は気になる悪性のほくろについて見ていきましょう!

Sponsored Link

悪性のものもあるって本当?

201107021000

悪性のものも残念ながらあります。発見次第、除去しなければなりません。でも、ぱっと見た感じでは良性か悪性かなんて、素人には判断できませんよね。そんな時に「こんなほくろには注意」というポイント4つ、以下にをまとめてみました。

 
  • ほくろから血が出ている(もしくは分泌物がある)
  • ほくろの形がいびつ
  • 急激に大きくなってきた、または5cm以上の大きすぎるほくろ
  • ほくろが膨らんでいる

 

ジュクジュクしているようなほくろは見た感じですぐ皮膚の異常とわかりますし、早く皮膚科に連れていく必要がありますよね。

定期健診で指摘を受けなかった、このような特徴のない普通のほくろにはあまり危険性が無いといえますが、1つでもあてはまる場合は悪性黒色腫(皮膚がん)に進行するケースがありますので十分に気を付けましょう!!早めに除去しておおくことで傷跡も浅く、大人になってから目立ちにくくなります。

ほくろって除去出来るの?除去方法はどうするの?

kid0062-009

赤ちゃんのほくろ、良性のものでもあまり目立ちすぎるとなんとかしてあげたくなりますよね。ほくろ除去の方法は一般的にレーザーでの除去や、手術での除去となります。

これは大人の施術とほぼ変わらないのですがどちらも簡単にできますので入院などしなくても日帰りで大丈夫です。悪性のものならすぐにでも除去したほうがいいのですが良性だと健康なのに痛い思いをしなければならず、迷うところですよね。先の事を考えて除去される場合は早めに除去しておくことで傷跡も残りにくく、痛みや恐怖の記憶も残らずに済みますね。

実は私も新社会人の頃レーザーで鼻のほくろ除去の経験がありますが・・ずっと鼻にガーゼをテープでとめていなくてはならず、注目は浴びるわ仕事に支障が出るわで大変でした。やるなら絶対小さい頃だな、と痛感してしまいました(´;ω;`)大人にならないと小さい頃のほくろがどのくらい大きくなるかなんてわかりませんから、難しいところですよね・・

ほくろってあんまりいっぱいあってもいいことはありません・・だから親が注意してあげたいもの!次は赤ちゃんのほくろ予防法を見ていきましょう!

Sponsored Link

赤ちゃんのほくろ予防法

紫外線などから出来る、後天的なほくろは注意していれば予防することが出来ます。小さい頃に受けた紫外線がのちに成長と共に出てきてしまうので、まだ手の届くころはしっかりケアしてあげたいですね!

予防方法は大人と一緒で外出の際は日焼け止めを塗る、日差しが強い時は日陰を歩く、ベビーカーに日よけを付ける、など簡単なことで十分です。日焼け止めはベビー用に刺激が弱いものが販売されていますが、効果も弱めなので直射日光にはあまりさらさないほうが良いです。

強烈な日差しの真夏などは暑い時間帯を避けて日差しの弱い早朝や夕方を選んで外出するなどするとママにとってもずいぶん肌ダメージは抑えられます。

まとめ

赤ちゃんのほくろ、出来てしまうと心配ですよね。でも毎日しっかりと向き合っていれば少しの変化もすぐに気づくことが出来ます。早めに対応すれば怖いものではありません!これからどんどん日差しが強くなりますが、母子共に紫外線対策をしっかりして、赤ちゃんと楽しく夏を過ごしましょうね(^^♪

 

関連記事はこちら♪

子供の熱が上がったり下がったりする際の原因と対処法!1週間以上だと危険?

子供の鼻水や咳が一ヶ月続く!原因や対処法ってあるの?

子供の鼻血の原因って何?毎日出る場合は病気なの?

赤ちゃんの下痢の原因は?長引く場合の対処法は?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事