-あなたの気になるにお答えします-

七夕にそうめんを食べる由来は?地域によって食べ物は違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日は七夕ですね!年に一回、織姫と彦星が天の川を渡って会うことができるというなんともラブロマンチックな行事なのですが、皆さん毎年、七夕をどういう風に過ごしていますか?

「いや、特になんにもしないなぁ」という方や「七夕飾りを飾る」、「そうめんを食べる」なんて過ごし方は様々だと思いますが、特にこの「そうめんを食べる」ってどこからどう伝わってきた風習なのでしょう?

私も小学校時代に七夕の給食には必ずそうめんを使った料理が出されていたのを覚えています。今回はこの七夕とそうめんの関係と、七夕に食べられるものは地域によって食べ物は違うのかをまとめてみました(^▽^)/

Sponsored Link

七夕にそうめんを食べる由来は?

044316

七夕とそうめん、なんの関係があるのかな?

そうめんって長くてさらさら・・あ!もしかして、天の川だっ( *´艸`)天の川に見立てた食べ物なのね!そんでもって恵方巻とかバレンタインチョコとかみたいに食品メーカーの陰謀だったりして!なーんて私、最近まで思ってたんです・・が!!こんな簡単な流行ではなかったんですね。

調べてみると中国で大昔に七夕の日には、そうめんではなく索餅(さくべい)という小麦から作ったお菓子が食べられていました。

索餅は、病気や災害を起こす鬼を鎮めるいわば「お供え」のようなお菓子で、七夕に、無病息災を願って食べられていたそうです。それが日本に伝わり、やがて食べやすいそうめんへと形を変えて七夕に食べられるようになったそうです。

では、中国で食べられていた索餅は日本でどんな理由によりそうめんに形を変えて食べられるようになったのか?見ていきましょう!

Sponsored Link

そうめんを食べる理由は?

kids_nagashisoumen

中国で食べられていた索餅は、日本でなじみが薄く食べにくかったために時代と共にそうめんへと形が変わっていったそうです。

日本でそうめんを食べる理由は、先ほどご紹介した「索餅」と同じく、無病息災を願った食べ物として、七夕に食べられるようになっているのですが、風水では「恋愛成就」の食べ物らしく、織姫と彦星のロマンスにあやかって食べられるようになった食べ物ともいわれています

健康に、平和に、恋愛成就に・・!様々な願いが「食べる理由」となっているそうめん。こんなに沢山の願いがこもっているとは知りませんでした。単に天の川に見立てただけの食品ではなかったのですね!!

では、次に地域によって七夕はそうめん以外のものが食べられる地域もあるのでしょうか?七夕で食べるものの地域性の違いも調べてみました!!

Sponsored Link

地域によって食べるものが異なるの?

ill_0630

私の実家、九州の奥地では七夕に「みょうが饅頭」を食べる習慣がありました。

そうめんが夏になると毎日のように食卓に上がるため、特別感が全くない(;´Д`)状態でしたので、みょうがの葉っぱにくるんだあんこ入りの団子を蒸して作った「みょうが饅頭」が七夕のお供えでした。

給食では七夕ゼリー、スーパーには七夕饅頭が並び、もうなんでもいいんじゃないかというぐらい「七夕」って頭につければなんでも七夕のお供え、になっていました

長野県のでは「ほうとう」にあんこを付けて食べたりするそうです。色々あるけど、大事なのは「七夕の日をお祝いする」という気持ち一つなのかもしれませんね!

「お星様へのお供え」という気持ちで何か用意するととても意義のある七夕を送れるのではないのでしょうか!

まとめ

七夕に食べられるそうめんの由来について書いてきましたが、やはり七夕によく食べられるのは「そうめん!」。

栄養士をしていた頃、病院で七夕の行事食を作る時、吸物椀に赤と白のそうめんを川のように盛り、出汁を加えてオクラの輪切りを浮かべ、星に見立てて患者さんに提供していました。

季節感を大事にするって、忙しい日常を送っていればなおさら忘れがちだし、大事なことだと思います。皆さんも今年の七夕は是非、家族でそうめんを囲んでみてはいかがでしょうか?色んな色のそうめんも販売されていますし、家庭用の流しそうめんの機械が有ればとっても楽しいですよね(^^♪

今年の七夕の日がいいお天気でありますように!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事