-あなたの気になるにお答えします-

牛乳を飲むと下痢になる!原因と対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳を飲むたびに下痢になる・・そんな方って結構いらっしゃいますよね。飲んだ牛乳が毎回古い、なんてことも考えられないし、冷たすぎたのかな?自分の体が受け付けないのかな?

色々と疑問が湧いてくるのですが、飲むと毎回お腹がゴロゴロと痛くなって下痢するのって普通じゃありませんよね。毎回お腹を壊すのをわかってて、わざわざ牛乳を飲む気にもなれない( ;∀;)私に牛乳は無理なのか・・?

そんな方に、今回は牛乳を飲むと下痢になる原因やその対策、下痢によってダイエットに及ぼす影響などをまとめてみました!まず、原因から見ていきましょう!

Sponsored Link

牛乳を飲むと下痢になる原因は?

_38-4418

下痢を引き起こすそもそもの原因は、牛乳の成分「乳糖」。牛乳が少し甘く感じるあの感じ、簡単にいうとあれが「乳糖」です。

人の体には乳糖が入ってきた時に分解する「ラクターゼ」という消化酵素が通常備わっているのですが、このラクターゼが消化器官から分泌されないか、または分泌してもごく少ない。このタイプの方たちは乳糖の分解ができず、消化不良を起こして下痢になってしまいます。

日本人に多いようで、日本人は大昔、牛乳を飲む習慣がなかったからだといわれています。これを聞くとエッ(;´Д`)自分だけ進化してない?!なんて思われるかもしれませんが、多くの日本人の方はこの「乳糖不耐症」を持っています。

では、「乳糖不耐症」である人たちは牛乳がずっと飲めないのか?自分がそうだと分かったときの対策方法をご紹介致します。

Sponsored Link

乳糖不耐症の対策方法ってあるの?

_19-135412

大人になると飲み物なんて自由になるのでさほど気にすることもなくなるのですが、子供の頃は集団生活の中での給食、おやつで半強制的に牛乳を飲まなければいけないことが多いですよね。

下痢をするとわかっているのに飲ませてしまうのは可愛そう!!病院に言って検査をすればすぐにわかることなので、学校や保育園に連絡しましょう。

乳糖不耐症の対策方法としては、乳糖が体に合わないことによって起こるものですから、この乳糖を除いてしまえばいい、という考え方で作られた「乳糖カット」の商品が発売されています。若干味は違ってきますが気分は全くの牛乳(笑)是非、牛乳が飲みたい、という方にはおススメです。

また、比較的症状の軽い人は少しずつゆっくり飲む温めて消化を良くしてから飲む、という方法もおススメです。少しずつゆっくりと、温かい牛乳を飲むことで消化する酵素が少しずつ作られて、下痢になるリスクを減らしてくれます。

次に、ダイエットの為に下痢を狙って牛乳をガブ飲みΣ(゚д゚lll)こんな人も居るかもしれませんが、下痢ってダイエットに効果あるのでしょうか?そちらも調べてみました!!

下痢をするとダイエットに逆効果?

_38-4418

答えは「逆効果過ぎ」です!!下痢ってそもそも、「体の不調」ですよね。何故不調になるかというと、体の中にある「水分・必要な栄養素」をぜーんぶ体外へ排出してしまうからです。「でも、体重減ってるし!」減るはずです。水分が抜けてるんですから・・( ;∀;)

体が空っぽの状態になればまた飢餓状態に陥り、次に入ってきた食べ物や飲み物を体はうんと蓄えようとします。少量の糖分や水分でも体にめぐるだけめぐらせますので逆に太ってしまいます。

ダイエットに下痢は大敵です。消化器官の機能低下はおろか、肌までボロボロになります。すっきりしたければ、繊維質の多い野菜やココナッツオイル、炭酸水などを上手に使ってデトックスしましょう。

Sponsored Link

まとめ

今回は牛乳と下痢について書いてきましたが、実は乳糖不耐症って赤ちゃんのころからわかります。娘も小児科で乳糖不耐症と診断され、通常の大きさの3分の1なのに、値段は2倍程のめっちゃ高いという特殊な粉ミルクを使用していました。

幸い誤診(~_~;)で今は牛乳が欠かせない生活を送っています。牛乳を飲むとどうもお腹の調子が・・という方のために開発されている乳製品もお店に並んでいますので、じっくり見て、自分に合った乳製品を発見されてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事