-あなたの気になるにお答えします-

冷え症の原因と改善方法!食事や運動で改善できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い!!春になったのに(;´Д`)早く夏になれ!!なんて思っている冷え症の皆さん、冷え症、とても辛いですよね。私も冷え症を代表していいぐらいひどい冷え症の持ち主です。

毎年「冬を乗り越えた達成感」をひしひしと感じ、気温が1度でも上がるのを心待ちにしています。手先、足先が常に冷たく、肩こりがひどく、なんかお腹も痛いし、唇は紫・・「ママ、おてて冷たいから嫌っ!」と娘に手をつなぐのさえ拒まれます(泣き)

悩める冷え症ですが原因って一体なんなのでしょう?食事とか運動とか、簡単なもので改善出来たりするものなのでしょうか?今回は冷え症の原因や改善方法について調べてみました!

Sponsored Link

冷え症の原因

w621_1304243top

私たちの体は季節問わず体温が一定に保たれるように作られています。「恒温動物」と呼ばれるのですが、流れる血液の量を調節したり、汗をかいたりして体温調節が行われています。冬、寒いのは誰しもですが、体が常に冷たく、手先が非常に冷たいのが冷え症の特徴でもあります。原因は色々ありますが、代表的なものをあげると5つあります。

 
  • 自律神経の乱れ
  • 皮膚感覚の乱れ
  • 筋肉量が少ない
  • 血液循環の悪化
  • 女性ホルモンの乱れ

 

それぞれ詳しく見ていきましょう!

自律神経の乱れ

体温調節の役割をはたす「自律神経」は過度のストレスや室内、室外の温度の急激な変化によって乱れます。温度が一定の室内から、急激に温度変化の起こる室外への頻繁な出入りにより、体温調節機能が狂ってしまうのです。

皮膚感覚の乱れ

女性はよくあると思いますが、きつい下着などを着用しているとスムーズに血液が流れず、血流が悪くなってしまいます。温度調節しようと体が頑張っても滞らせてしまいます。

筋肉量が少ない

女性は男性よりも筋肉量が少なく、また日頃の運動不足で筋肉が衰えていると筋肉運動による熱生産が起こらず、冷え症になってしまうのです。男性であまり「冷え症」の方が居ないのは筋肉量が多いからなんですね☆

血液循環の悪化

低血圧や貧血の方は、もともと血液の循環や血液中の物質が不足しますので、おのずと冷え症になってしまいがちです。

女性ホルモンの乱れ

歳をとってくると、女性ホルモンにも変化が現れ、更年期特有のひどい冷え症を引き起こす症状が出てくることがあります。

 

原因を見てきましたが、心当たりはありましたでしょうか?なんと私は4つも当てはまりました(;´Д`)ヒー 原因をふまえて対策方法を見ていきましょう!

Sponsored Link

冷え症の改善方法

寒さに震える女性

冷えを改善する方法は、前章で書いた5つのポイントをクリアしていくことが簡単(^^♪全体的な流れを見ていくとどうやら熱を産生する「筋肉量」に問題があるようです。

要は「無い筋肉を動かして作る」つまり、運動です。運動、じゃあ明日からジョギングね!!・・とは人間なかなか行動に移せないものです。運動ももちろん出来る方は即効性があるものですが、毎日パワフルに続けられるものかというとそうでもありません。手軽に改善する「食事」の方法を調べてみました。

冷え症を改善する食べ物

食材を選ぶ基準は、

 
  • 寒い時に摂れる食材(ミカンや春菊、小松菜、カボチャ等、タラ、ブリ等)
  • 寒い地方で摂れる食材(りんご、玉ねぎ、ジャガイモ等)
  • 食材そのものの味が濃いもの(えび、にら、にんにく等)
  • 根菜類(ごぼう、にんじん、だいこん等)

 

手足が冷える時のメニューは、食材選びから始めると手軽に挑戦できますよね(^^♪

次に、冷える前に対策ってとれるのでしょうか?冷え症の対策について調べてみました。

Sponsored Link

冷え症の簡単対策法

97c370aacf4f466b4e2b16179865a802-e1427360483290

今回は簡単にできる3つの方法をご紹介していきますね^^

冷え症のツボ押し

検索すると効果的なツボを知ることが出来ます。すきま時間にツボ押ししたいですね。

手首、足首、首を温める

一番冷えやすい手首や足首、首の出ている衣類だと冷えがひどくなってしまいます。スカーフやレッグウォーマー、締め付けない衣類を着用して暖をとりましょう。

ストレッチ

血液の循環が悪くなってしまい起こる冷え症ですから、体をのばして血流をよくしてあげましょう

 

まとめ

体温が1度下がると病気に対する抵抗力も20~30%下がってしまうそうです。慢性的な冷え症の方は是非食生活を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか?朝のコーヒーをカフェインレスに変えるとか、根菜メニューを多く取り入れたメニューを考えるとか、そんな始めてみたいと思います(^^

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事