-あなたの気になるにお答えします-

ジャケットの洗濯頻度!自宅でする方法もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かくなり、お洗濯もしやすい季節になりましたね!クローゼットごと丸洗いして新生活に備えたい!そんな方もいらっしゃるかと思います(^^♪

ですが普通のお洋服と違って型崩れが気になるジャケット!クリーニング屋さんだとジャケットは何着か持って行って、すぐ10,000円近くの金額がかかってしまいます。

なにかとものいりなこの季節、何とか自宅で洗濯して、この費用を浮かせたい・・!でも失敗したら、と思うとなかなか行動にはうつせませんよね。でも!ジャケットも自宅で洗う方法がちゃんとあるのです!手順を守ればあなたのジャケットが自宅で洗えます☆

その方法や失敗しないポイントを今回はまとめてみました!

Sponsored Link

自宅でジャケットを洗濯する方法☆

lgi01a201407191200

まず、自宅で洗える素材で出来ているかどうかを調べましょう。色んな意見がありますが、私の失敗談も加えながらご紹介いたします。

★洗える素材

綿、麻、ポリエステル、アクリル、ナイロン・ダウン

 

これ以外のウール、カシミヤ、シルク、レーヨン等は、洗える!という意見もありますがスクが高すぎます。ウールを洗って縮ませ、毛羽立ち、レーヨンのシャツを洗って縮ませ、なんてこったいな失敗を繰り返した私が自信をもっておススメしません(笑)

シルクやカシミアはもう高級素材。失敗したらとんでもない。是非クリーニング屋さんでお願いします。では、洗える素材であるジャケットの洗濯方法手順を見ていきましょう。

ジャケットの選択方法手順

  • 汚れが目立つ箇所にはあらかじめ洗濯洗剤を染み込ませて置き、少し手洗いする。
  • 表面繊維の毛羽立ちなどを防ぐため、裏返しにしてきれいに折りたたむ。
  • 洗濯ネットに入れる。
  • 短時間の脱水にかける。
  • 手でしわを伸ばし、陰干しをする。

 

どうでしょうか。いつもの洗濯手順に少し手間を加えたぐらいでおうちで洗える幅が増えますよね(^^♪試してみましょう☆

次は、心配される型崩れや縮み防止について見ていきましょう!!

Sponsored Link

ジャケットの型崩れや縮みを防ぐ注意ポイント!

winter_ca_009

洗濯での注意点

★洗濯洗剤は必ず「ドライマーク用、おしゃれ着洗い」で洗う事!!漂白剤が入っていたり、蛍光剤が入っているとジャケット表面の色みに影響があるため、使用はしないほうが良いです、

★洗いの工程であまり長く洗濯機の中で普通に選択してしまうとシワや傷みの原因になったりするのでコース選択がおススメです。「ドライ」コースがあればそれに越したことはないのですが、普通しかない場合は短時間のコースを選択しましょう

★脱水の注意として、お洗濯された方なら誰しも見たことありますが脱水過程は激しいですよね。激しく長い脱水はジャケットのシワや傷みの原因。最悪クッシャクシャになり無残な姿になります。是非、脱水も短時間の必要最低限にしてください。

干し方の注意点

★必ず直射日光で干すのではなく、陰干ししてください!!日差しが強いところで干してしまうと変色します!

★細いハンガーはあとがのこって変なところがボコってなります・・細いハンガーしかない場合は、タオルで厚みをつくるなどして鋭角なところがジャケットに直接あたらないようにしましょう。

 

気を付けるところ、結構ありますが慣れてしまえば簡単ですよね(^^♪このジャケットの洗濯、頻度はどれくらいなのでしょうか?同じくクリーニングの頻度や価格は?調べてみました!

Sponsored Link

ジャケットの洗濯やクリーニング、頻度はどれくらい?クリーニングの費用は?

gatag-00004851

ジャケットの洗濯やクリーニング、大体シーズン終わりの衣替えのシーズンに1度、つまり年に1度の方が多いようです。

(私もそうです)が、大体ジャケットは秋口から初夏まで使うわけですから7~8か月着ているわけです、当然汗ばんでくる季節には汗が、汗をかかなくても皮脂が付着しています。そのほか空気中の浮遊物なども付着しています。

そうなってくると、シーズン中にもう1回は洗濯をしたほうがおすすめだと、クリーニングのサイトにも掲載がありました。洗濯やクリーニングの頻度はシーズン中1回、シーズンオフ1回、計2回が気持ちよく、長くジャケットを着られる頻度と言えますね!!

素材にもよりますが、ジャケット1着は大体1000円~2000円。お馴染みのクリーニング屋さんなどを作っておくと、割引チケット等が手に入るので上手に活用して節約すれば、そう痛い出費ではなくなりますね!

 

まとめ

ジャケットも長く使わずにクローゼットに入れたままだと、心当たりのない変なシミが出来てしまいます。淡色であればあるほど早めに対処する必要があります。

ちょっと続けて着たな、と思ったらちゃんとした手順をふんできれいにしてあげましょう!お気に入りの一着を長く楽しむために、是非お洗濯やクリーニングで大事にしてあげてくださいね!!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事