-あなたの気になるにお答えします-

花粉症での頭痛やだるさ!原因と対策方法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くしゃみが止まらない・・目がかゆくてかゆくて(´;ω;`)花粉飛散のシーズン到来花粉症の方にとってはかなりつらい毎日を送られているのではないでしょうか?それぞれにアレルギーを持った方が一斉に花粉症を発症するシーズンになります。

「おたくはスギ?」いやいや、ヒノキです・・」なんて会話もちらほら。とてもつらい花粉症ですが「くしゃみ、鼻水、目のかゆみ」の他にも頭痛やだるさの症状も引き起こすこともあるんですよ!!

花粉症の方にとってはとても困る症状ですよね。どうやったら症状が緩和されるのか・・気になるところですよね。今日はその花粉症による「頭痛やだるさ」の原因と、対策方法を調べてみました!

Sponsored Link

花粉症で頭痛がする原因は?

002989-300x286

花粉症と頭痛ってつながっていないようで実は不快症状のつながりがあるのです。

原因は「酸欠」!!

花粉症をお持ちの方ならピンと来られると思うのですが、花粉症の代表的な症状、「鼻ズルズル」とめどなく鼻水が出てきたり、鼻詰まりを起こしたり。普段鼻呼吸をして脳に酸素を送っているのに、鼻からの酸素が十分に脳に送られない!そして、脳が酸欠を起こして頭痛につながる。これが花粉症の頭痛の原因なのです。

また、終始鼻の不快な症状が続くことでよく眠れず、筋肉が緊張したりすると「緊張型頭痛」や寝不足での頭痛を引き起こします。花粉症の頭痛は「鼻の不快症状」からくるのですね!

それではこの辛い頭痛にはどう対策をとったらよいのでしょうか?見ていきましょう☆

Sponsored Link

花粉症の頭痛対策

2bbc6773d5b3a81904dae91e6d8a3abf

このような辛い頭痛の症状は「鼻の不快症状」=「鼻の炎症」から起こっているものがほとんどです。でも、頭痛薬などでしのごうとしても根本からの改善にはつながりませんよね。

花粉症の薬との飲み合わせも気になります。一番早く、効果的なのは「耳鼻科を受診する」こと!結局病院!これが一番です。耳鼻科へ行けば鼻のアレルギーを抑える薬を処方してもらえますし、詰まって酸素の通りが悪い鼻もきれいに吸引してくれます!!鼻が通ると本当に熟睡できますよ!!この時期は同じような花粉の症状の方で本当に混み合うので予約していける病院がおススメです☆

次は、花粉症の「だるさ」の原因を見ていきましょう!!

 

花粉症のだるさの原因は?

119611

「花粉症」とは簡単に言うと、自分の免疫が体に入ってきた「花粉」を敵だ!と思い込み過剰に反応することから諸症状が起こり始めるという仕組みなのですが、何故だるさを引き起こすかというと、ずっと花粉に免疫反応が働いているわけですから、花粉症でない人よりも体力を消耗する量が違ってきます。

花粉に過敏に反応するひとはたとえ自分が大変な労働をしていなくても体の中の免疫さんたちがものすごく過敏に働いてしまっている状態ですから、疲れて当然。この疲れがだるさを引き起こすことがほとんどです。

その他にも、鼻づまりの状態から先程ご説明した「酸欠」状態になると頭がぼーっとして、ふらふらとなってしまいますよね。なんにもしたくない・・だるい・・。酸欠、これもだるさの原因です。

それではこの「だるさ」にはどう対策をとっていったらいいのでしょうか?

 

花粉症のだるさ対策

花粉症のだるさは「花粉に対して過敏におこる免疫反応」の疲れから来ていますので、言ってしまえば原因となる粉」をシャットダウンするということで諸症状も抑えられます。

たとえば普段からのマスクやメガネ着用で花粉を体内に入れない。布団や洗濯物の外干しなどを控えて、布に付着する花粉を防ぎ室内に入れない。この時期の余計な外出は控える

あと、自分の免疫さんたちはずっと花粉と戦っているわけですから、当然体力は低下し疲れますのでゆっくりと睡眠を取って体力回復をはかる、などこの対策が上手にできれば花粉症による症状はだいぶ改善できるでしょう。

Sponsored Link

まとめ

会社で一番美人の同僚がマスクを外すとなんと両方の鼻の穴にティッシュを突っ込んでいました(;´Д`)花粉症で鼻水が止まらないそうです。笑っちゃいけないけどこれはやばい!相当辛いんだろうな!!

この季節は本当に花粉症の方にとってはものすごくしんどいですよね。暖かくなってきたのに全然外に出られない・・こんな辛い季節は早く過ぎてほしいですよね・・でも毎年来る辛い季節。

花粉症と上手に付き合って少しでもこの不快な季節を清々しく過ごしたいものですね!!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事