-あなたの気になるにお答えします-

寝起きに頭痛や吐き気がする原因!治す方法ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きた時や昼寝の後、ズキズキとすごく頭痛がすることはありませんか?

ちゃんと寝たはずだから寝不足ではないはずだし、風邪も引いてないし・・なんで頭痛がするんだろう?しかもなんか気分も悪いし(´;ω;`)これって私も経験があり、特に土曜日夜更かしして、日曜日の昼前まで寝てしまったときによく頭痛を起こしていました!!多くの人が経験していますが、その原因な何なのでしょう

今回は「寝起きの頭痛」の原因を突き止めると共に治す方法まで調べてみました!まずは寝起きに頭痛がする原因から見ていきましょう!

Sponsored Link

寝起きに頭痛がする原因

160202-waking-headache

寝起きに頭痛がする原因は色々とありますが、よく起こる頭痛の種類は実は3タイプに分かれます。痛みの種類によって違いますので、自分がどれに当てはまるか見てみてくださいね。

頭痛のタイプ①  ガンガン、ズキズキと頭が脈打つように痛む「偏頭痛」

この頭痛のタイプは、脳の血管が拡張して神経を圧迫することにより痛みを引き起こすことが原因です。この脳の血管が拡張してしまう原因ははっきりとはわかっていませんが、女性の生理期間中、空腹や日中のストレス、チョコレートや柑橘の過剰摂取(血管拡張を促すため)などが挙げられています.。

頭痛のタイプ②  重く頭が突っ張るような痛み、締め付けられるような痛み「緊張型頭痛」

この頭痛のタイプは首こり、肩こりから来ています。少しの凝りでも毎日の積み重ねでだんだんとひどくなっていけば体の筋肉が緊張し、熟睡できない状態になります。合わない枕などを使いつづけるなどすると、悪化して頭痛につながります。

頭痛のタイプ③  片側の目やこめかみがズキズキとひどく痛む「群発性頭痛」

過度な精神的ストレスや、同じ姿勢で作業し続けるなど体にかかる負担にもかかわっています。他の頭痛と違い、長く痛みが続くのが特徴で、目の充血や鼻づまりなどを併発することが多いです。

頭痛の原因がわかったところで、頭痛に伴うつらい「吐き気」の原因についても見ていきましょう!

Sponsored Link

寝起きに吐き気がする原因

symptom_97

寝起きに吐き気がする原因も様々!こちらは頭痛とセットのような気がしますが、胃腸単体の原因のほうが多いのです。

寝起きの吐き気原因

  • 前日の食べ過ぎ、飲み過ぎ

これはもうすぐにわかりますよね。例えば、前の日飲み会で暴飲暴食をしてしまったならば二日酔いで頭は痛い上に気分も悪い。自分でも自覚が簡単な吐き気の原因です。

  • 低血圧

起きた時に胃の働きが弱く、吐き気や低血圧による眩暈が起こります。

  • 逆流性食道炎

胃液が逆流して、胸やけやのどの気持ち悪さを引き起こします。この症状はひどくなりますので症状が疑われる場合は病院を受診ましょう。

この他にも寝不足や過敏性腸症候群(会社や学校に行くことへのストレスで引き起こされる)など様々な要因で寝起きの吐き気が起こります。このような辛い症状が朝いちばんに襲ってくるとそうとう辛いですよね。治し方ってあるんでしょうか?次は「治し方」についてみていきましょう!

Sponsored Link

寝起きの頭痛、吐き気を治す方法

gatag-00006688

頭痛や吐き気をその場ですぐに治すことは困難です。頭痛は頭痛薬でしのぎ、吐き気は整腸剤や胃薬などを飲んでしのぐしかありません。それでも症状がひどく、治る見込みがない時は迷わず病院を受診しましょう。原因がはっきりすると早く対処でき、その後の回復に時間をかけなくてすむでしょう。

頭痛や吐き気を根本からなくすには、ストレスをためない生活をする、生活リズムを乱さない、暴飲暴食をしない、刺激物などを過剰摂取しない。要は「心身ともに健康的な生活」を心がけることが頭痛や吐き気を引き起こさない一番の方法です。低血圧がひどい場合も、一度医師に相談して、少しでも不快症状を解消しましょう。

 

寝起きの頭痛、吐き気 まとめ

人間、あまりにもリラックス状態が続くと、脳の血管が拡張しやすくなり寝起きに頭痛や吐き気が起こりやすくなるそうです。

「長時間リラックス」=「寝すぎ」の状態も頭痛に繋がるんですね・・私にも心あたりがあります(-_-;)あの頭痛は「寝すぎ」だったのか・・!すっきりしたくて沢山寝たのに、起きたら頭が痛いなんて悲しいですよね。

睡眠の質をよくする安眠グッズなども数多くありますのでこの機会に自分の睡眠をもういちど振り返って、清々しい毎日を送りたいですね(^^♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事