-あなたの気になるにお答えします-

母の日のメッセージ文例!英語の場合もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母の日「今年は何を贈ろうかな」(^^♪

「毎年プレゼントなんてしてないけど、今年は贈り物とかしてみようかな」そんな風に思い始める人も多いのではないでしょうか?母の日のプレゼントの王道はカーネーションの鉢植えやおしゃれなお菓子。お母さんが喜びそうなものであれば何でもいいのですが、メッセージを添えるとなるとちょっと悩みますよね。

「お母さんありがとう」だけではありきたりすぎてなんだか物足りない・・という方の為に今回は「母の日に送るメッセージの文例」をご紹介します☆

Sponsored Link

母の日のメッセージ文例

hahanohi_arigatou

母の日のメッセージをありきたりな言葉にしないためには、いくつかのポイントを抑えると同時に、自分の言葉で書き表すことがオリジナリティにあふれた気持ちのこもったメッセージに仕上がるポイントになります。

そのポイントとは

  • 第一に感謝の言葉を忘れない
  • お母さんとの毎日の暮らしや、思い出をメッセージに入れてみる
  • 体を労わる言葉を入れる

 

この3つを抑えておけば、間違いのないメッセージを作ることが出来ます。それに加え、自分の言葉で書くことでありきたり感を払拭することができるのです(^^♪

実際の文を見てみましょう☆

★お母さん、いつもありがとう。毎日お弁当作ってくれて感謝しています。ときには体を休めて、いつまでも元気で居てね

★お母さん、毎日パワフルなお母さんを見ていると、こちらも元気が出ます。いつも私たちの面倒をみてくれてありがとう。感謝しています。

★お母さん、遠く離れてみてお母さんのありがたさを痛感しています。いつも本当にありがとう。感謝しています。

などなど、個人のシチュエーションにもよりますが、何よりも「いつもあなたに感謝している」という事を強く伝えることが重要です(^^♪是非、色々考えながらあなたらしいメッセージを書いてみてください!

次は照れくさくてメッセージが書けない、たまにはちょっとオシャレにメッセージを書いてみたいぞ!という方へ英語でのメッセージ文例をご紹介いたします。

Sponsored Link

母の日のメッセージ、英語で贈る場合

fa20b29e

★Thank you always mother

(お母さんいつもありがとう)

これはストレートですね!この後に、日本語で文章を付けても違和感ありませんよね!

★thank you for thinking of me

(いつも私を思っていてくれてありがとう)

これも短文、ストレートでいいですね☆英語苦手なお母さんもぎりぎり和訳なしで大丈夫なメッセージです!!

★Iam proud of you because you work so hard . But please dont work to hard

(頑張る姿は私の誇りです。でも、あまり無理しないでね)

これだけ長文だと想いも伝わりやすいのですが、英語が苦手なお母さんにはかわいくイラストを添えて、和訳をつけてあげるといいと思います(^^♪

身内なら、ジョークまじりでも、英語でも母親に感謝が伝わればいいのですが、義母へのメッセージとなるとそうもいきませんよね・・(;´Д`)お義母さんへのメッセージも、ご紹介します!!

Sponsored Link

義母へのメッセージはどう書けばいいの?

card21

お義母さんへの「母の日のプレゼント」などの手配は、大体お嫁さんから旦那さんのお母さんへすることが多いですよね。大事にしたいのは日頃の感謝の気持ちと、頼りにさせてもらっている、ということをアピールすること!!例えば・・

★お義母さん、いつもお世話になり、ありがとうございます。至らぬところが多く、申し訳ありません。また色々と教えてくださいね!

★お義母さん、この前は○○ごちそうさまでした!作り方を今度教えてください!

★いつもありがとうございます! 

など、ポイントを押さえてあまりお堅くなりすぎずに書いてみましょう☆

普段そんなに会わないだけ、イベントごとは重要になりますよ!!くれぐれも、「忘れてた!」なんてことが無いよう・・Σ(゚д゚lll)

 

まとめ

母の日って、実は他の色んな国々でもお祝いされています☆お母さんって万国共通、子供にとってはいつまでも偉大ですよね!!この機会を逃すことなく自分のお母さん、またお義母さんへ感謝の気持ちを伝えましょう(^^♪お母さんの日頃の苦労も報われますよ!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事