-あなたの気になるにお答えします-

梅雨の語源とは?なぜ”梅”という字を使うのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はもう夏か!?と思っちゃうぐらいの日差しが照りつけていますね。

でもでもちょっと待ってください。夏の前に何か忘れていませんか?

そう梅雨です!

僕は雨はそんなに嫌いじゃないんでそこまで苦にはなりませんが・・・

主婦の方からしたら、洗濯物が乾かないやら、カビがはえないように気をつけてやら悩ましい声が聞こえてきそうですね。

ということで今回は梅雨にまつわるある疑問なぜ梅という漢字を使うのか?

ということについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

梅雨という言葉の語源とは?2つの説!

151115

梅雨の語源は諸説ありますが、ここでは有名な2つの説を紹介していきます。

もともと「梅雨」は中国から伝わった言葉ということは間違いなさそうですね!

 

梅の実が熟れる時期説

長江流域で梅の実が熟す頃に降る雨ということが語源だという説が一番信ぴょう性が高そうです。

僕も調べてみて一番しっくりくるなと感じました。

 

黴(カビ)が語源説

黴が生えやすい季節のため黴雨と呼ばれていましたが、カビだと印象が悪いので、

同じ「ばい」と読む言葉でなおかつ季節に合った「梅」という字を使い梅雨になったというという説ですね。

 

その他

あと二つ説があったのですが、ちょっとこじつけっぽかったのでさらっと紹介します。

 

  • この時期は毎日のように雨がふるから説

⇒これだと「毎」が「梅」に変わった理由がよくわかりませんね。「海」とかでも良い気がします。

  • 普段の倍雨が降るから「倍雨」という説

⇒これはこじつけだという声が多いです。

Sponsored Link

仮名のつゆの語源とは?

中国から伝わったのは江戸時代のことで、梅雨をつゆと読むようになりました。

「日本歳時記」に、「此の月淫雨ふるこれを梅雨(梅雨)と名づく」とあります。

「つゆ」という言葉と「梅雨」という文字は別々の時期に作られたもので、このときに初めて「つゆ」と読むようになったと言われています。

また「つゆ」の語源も2つ説があると言われています。

  • 「露」

梅雨の時期が「露」が付きやすい時期であるからという説です。

  • 「梅雨」

梅の実が熟れて潰れる時期であることから、潰(つぶ)れるをいみする「潰ゆ」に由来するという説。

Sponsored Link


最後に

161774

いかがでしたでしょうか?

語源というものは意外とはっきりしないものが多く、梅雨もその中の1つに当たりそうですね。

ただ言葉の語源はやはり何かしら関連性のあるものから出来ていることが多いんだなと改めて感じました。

 

今回紹介した「梅雨」のように言葉は知ってるけど

なぜそういう漢字を使うようになったのか?

どうしてそういう読み方をするのか?

まだまだそういう言葉沢山あると思うので、これからも紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事