-あなたの気になるにお答えします-

耳垢が多い原因ってなに?片方だけ多い理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか最近耳の聞こえが悪い気がする?耳垢がたまっているのかなぁ・・そういえば耳掃除してなかったっけ。

耳掃除をしたあなたは耳垢の量に「ヒャ――(;゚Д゚)!!」なんでこんなに溜まるの?!しかも片方だけ!!そんな体験ありませんか?

しかもこの耳垢、乾燥タイプと湿ったタイプに分かれます!これはもうかなり親しい仲じゃないと聞けませんよね。

今日はそのしていきたいと思います。ちなみに私の耳垢は湿ったタイプです。(あ、要らないですね?そういう情報)

Sponsored Link

耳垢とはいったいなんなの?

aa01-19

そもそも、耳垢って一体なんなのでしょう?

「耳垢というのは、外耳道(耳の穴)に存在する二種類の腺「耳垢腺(耳道腺)」と「皮脂腺」からの分泌物に、剥離脱落した角化表皮細胞(いわゆる普通の垢)や毛髪、粉塵などが混在して出来た物です。」

引用元URL:http://www.3330.jp/cerumen1.htm

簡単に言うと、耳の中からの老廃物と外からの粉塵などが混じったものなんですね!では耳垢が多い人と少ない人、どんな違いがあるのでしょう?見ていきましょう♪

Sponsored Link

耳垢が多い原因は?

illust201

耳垢が多すぎて聞こえにくかったり、違和感を感じる場は病気の可能性があります。「耳垢栓塞」といって字のごとく耳垢が多すぎて耳の穴が塞がってしまう症状です。

この違和感、自分で処理はしにくいです。耳掃除をしてももう尋常じゃない量耳垢が溜まってしまっているため耳鼻科でとってもらうほうが他の病気がないかも調べられて効率的ですよね。

の耳垢が多い症状、おそらく耳垢栓が他の人より多いか、耳の中に炎症が起こっているかのどちらかの可能性が高いです。

では次に耳垢の気になるタイプ!見ていきましょう。

 

耳垢の乾燥タイプと湿ったタイプの違いは?

380x380xfree-illust33.jpg.pagespeed.ic.ViR2yrTwJ9

耳垢の湿ったタイプの人は乾燥タイプの人より、耳垢栓が多いということがわかっています。そして、乾燥耳垢のタイプの人より耳垢にシアル酸という糖質が多く存在する為、その糖質が水分を吸収しやすく、乾燥耳垢タイプの方に比べると湿った耳垢になるという事がわかっています。

ですが、この乾燥耳垢タイプ、湿った耳垢タイプ、まだはっきりとしたことがわかっていないということが事実らしいです。ちょっとした耳垢の神秘ですよね。

日本人で乾燥耳垢タイプは84%、湿った耳垢タイプは16%の割合です

私は希少種なんですね(^▽^)/喜ぶべきか?うーん、微妙・・それはさておき、片方だけ多いのは何故なのかの疑問に迫りましょう

Sponsored Link

片方だけ耳垢が多いのはなぜ?

miminohi003

前の章でご紹介した通り、耳垢の量には「耳垢線」が大きく関与してきます。右より左の耳のほうが耳垢が多い場合はこの「耳垢線」が左に多くある、と思って頂いて構いません。

それかやはり左の耳に何らかの炎症系のトラブルがあり、分泌量が多くなってしまっている可能性があります。

どちらにせよ、少しでも「多いなぁおかしいなぁ」と感じられる方は耳掃除もかねて、定期的に耳鼻科へ通われることをお勧めします

次は耳垢の量、赤ちゃんだとどうなんだろう?うちの子、めちゃ耳垢多いんだけど・・そんなママさん達の疑問に

お答えします。

 

赤ちゃんの耳垢が多いのは病気?

2038

耳垢は耳の中と外からの老廃物。そして新陳代謝がかなり活発な赤ちゃんだと、老廃物の出方も、耳の中の皮膚の代謝もかなりのスピード。すっごい耳垢がとれたりします。

ですがほとんどは心配のない耳垢で、量が多くても心配ありません。たまに「黒い耳垢」なんてのも出ますがこれは用水が耳の中に溜まっていたものが出たもの。心配ないのですがやはり黒い耳垢なんて気になりますよね。小児科で取ってもらったほうがよさそうです。

しかし、注意しないといけないのは「液体」が出てくること。液体は要注意です。知らない間に中耳炎や外耳炎を起こしており、悪化すると黄色っぽい液体が出てきます。そうかなと

思ったらすぐに病院を受診してください。

 

最後に

耳垢の事をいろいろ調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

私も自分がまさか希少種(笑)なんて思ってもみなかった結果が出てびっくりしました!耳垢が多いと不快ですよね。

たまには専門の方に耳垢チェックや掃除をしてもらって健康な耳の環境を保ちましょうね♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事