-あなたの気になるにお答えします-

爪の縦線は病気なの?白い線や黒い線について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の爪を見てびっくり!!変な縦線が入っている!!

爪の縦線は何かの病気のサインでしょうか?不安になって気になってしまいますよね。

そんなあなたのために気になる爪の白い縦線や黒い縦線は何なのか、それぞれ調べてみました。

Sponsored Link

爪の縦線が白い場合

338766

こちらはあまり病気の心配はありませんが、普通の爪の状態ではありませんよね。縦線が入っているということはなんらかの原因があるということです。

それはまさに「老化現象」

爪も皮膚と同様に古いものから新しいものへ入れ替わりますのでうまく新しいものへ変わることが出来なくなってしまっている状態です。

その原因は代表的に…

 
  • 栄養バランスの乱れ
  • 乾燥

 

この二つがあります。具体的にどういうことかみていきましょう!

栄養バランスの乱れ

1つ目は「栄養バランスの乱れ」。栄養バランスが乱れては新陳代謝も落ちてしまいます。代謝が悪くなればいつまでも古い細胞のままになって老化してくるんですね。皮膚の生まれ変わりにとても重要なビタミンB群が不足するとこの症状が出やすいといわれています。

乾燥

2つ目は「乾燥」。
爪にとって乾燥は大敵です。爪のタンパク質中には水分も含まれますのでこの水分が不足することによってバランスのよい爪の表面が保たれなくなり、結果縦線やでこぼこした表面になってしまうということです。

では次に黒い縦線についてみていきましょう。

Sponsored Link

爪の縦線が黒い場合

073375

黒い縦線は要注意です。かなりの確率で病気の可能性があります。代表的なものを2つ挙げています。

① メラノーマ(爪下悪性黒色腫)

悪性の皮膚がんです。ひどくなると取り返しのつかないことになりますので発見したらすぐに皮膚科へ受診されることをお勧めします。

② アジソン病(副腎皮質機能不全)

ホルモン臓器の機能低下により引き起こされる病気で、こちらもすぐに病院への受診をお勧めします。同じ爪に何本も出来ることがあり、ひどくなると全身の皮膚が黒くなってしまいます

どちらも怖い病気ですよね。でもこれらの病気の心配は多くはないそうです。ほとんどがメラニンの仕業のようで、すぐに消えてしまうことが多いです。

ですが少しでも不安な場合はすぐに専門医を受診しましょう。爪の病気を解説した動画も参考に見てみてくださいね。

爪の病気に関する動画

ではどうすればこのような爪の縦線を防ぐことができるのでしょうか。次は解決策を見ていきましょう。

 

縦線の解決策は?

309250

黒い縦線の場合

上記のような黒い縦線が病気からくるものであれば、健康的な生活をすることで防ぐこともできます。

しかし様々な要因から病気由来のものは予防することが難しく、病院を受診して安心を得ることが大切です。

白い縦線の場合

白い縦線の場合は栄養不足や感想が主な原因ですから、栄養を考えた食事を摂り、爪を乾燥から守ることが重要です。

 

ではどのように普段から心がければよいのでしょうか。見ていきましょう。

Sponsored Link

縦線が出来ないよう普段から心がけておくべきことは?

333926

ズバリ!

 

「栄養」と「保湿」です。

 

それぞれ詳しくみていきましょう!

栄養

爪はケラチンというタンパク質からできていますのでタンパク質を生成する、主に「体をつくる」食べ物を摂りましょう。

肉、魚、大豆、乳、卵などが挙げられます。大豆等の植物性タンパク質は爪を丈夫にするといわれていますので、積極的に食事に取り入れることをお勧めします。

保湿

「保湿」は、まめにハンドクリームやネイルオイルなどを利用して爪を乾燥からふせぐケアを怠らないようにしましょう。手荒れ等も防げて一石二鳥ですよね。

水仕事をされる方はお湯の扱いに注意!熱いお湯でお皿などを洗ってしまうとお湯が熱ければ熱いほど手も爪も乾燥し荒れてしまいます。水仕事の際は熱すぎないお湯でゴム手袋等を利用するとよいでしょう。

 

最後に

謎の爪の縦線と、解決策をみてきましたがいかがでしたでしょうか。寒い冬は肌も爪も乾燥し、傷みやすくなってしまっています。

しっかり保湿をして健康的な食生活を送り、病気になりにくく健康的な体で冬を乗り切りましょう。

 

関連記事はこちら♪

「夜に爪を切ると」の迷信って本当?その謎に迫る!

爪を切る頻度ってどれくらい?いつ切るのが一番良いの?

爪が伸びるのが早い原因は?病気の可能性ってあるの?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事