-あなたの気になるにお答えします-

お年玉って何歳まであげるもの?そもそもなぜあげるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始、子供たちはお年玉が待ち遠しい季節ですが、大人になるとお年玉をあげる立場、新年を手放しでよろこんでもいられません。

お年玉は、ルールがあるようではっきりしていなくて、毎年頭が痛いところですよね。

それで今回はお年玉は何歳まであげるのかということや、お年玉の由来やルールについてまとめてみましたのでご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

そもそもなぜお年玉ってあげるの!

258e99abe097603bb9c66e1c9a3ec805_s

お年玉はもともとはお金ではなく、お餅を渡していました。お正月は歳神様をお迎えし、お餅をお供えします。そのお餅を神様のおさがりとして目上のものから目下のものへ与えたのがお年玉の由来です。

さらに時代がくだって江戸時代、商家の主人が奉公人たちに金品を与えたのが、お金をお年玉として渡す始まりとも言われています。

いずれにしても上位のものから下位のものへ渡すものがお年玉でした

 

では次の章で本題であるお年玉は何歳まであげるものなのか?ということについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

お年玉は何歳まであげるもの?

YUKI86_okanekodomo15144308-thumb-815xauto-18888

お年玉を何歳まであげるべきでしょうか?

学生であってもアルバイトをしていれば、大人より自由につかえるお金をもっていたりしますし、でも学業とアルバイトを頑張って両立させているなら、大人として応援したい気持ちもありますよね。

一般的には次のようなルールで区別している方が多いようです。

 
  • 自分がもらっていた年齢まであげる(または自分の子供がもらっていた年齢まで)
  • 高校生まであげる
  • 二十歳まであげる
  • 社会人になるまであげる(学生の間はあげる)

それぞれの家の考え方もあるので、前もって親同志・親戚同志で話合って決めておくと良いかもしれません

 

では次にお年玉を渡す際のルールについてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

渡すときのルール

渡すときに悩むのが金額ですね。

一般的には以下の目安が多いようです。

 
  • 就学前1000円
  • 小学生で2000円~5000円
  • 中学生で5000円前後
  • 高校生・大学生で5000~10000円

 

また、上記より少し高めになりますが年齢×500円で計算する方法もあります。

この方法では

  • 小学一年生で7×500=3500円
  • 小学四年生で10×500=5000円
  • 中学一年生で13×500=6500円
  • 高校一年生で16×5000=8000円

端数は切り上げるか切り下げるかして、きりを良くしてもいいので、とりあえずの目安にはなりますね。

 

それから最近の少子化の傾向で新たに生まれたお年玉の悩みとして、相手の家と自分の家とで子供の数が大きく違う場合があります。

たとえば夫の兄弟の家に子供が一人、自分の家には三人いる場合、どうしても自分の家が多くもらってしまって、嫁の立場としては相手側の思惑が気になるところだったりします。

そういうときは、相手のお子さんに年齢に見合った金額のお年玉をあげるときに、おもちゃ券図書カードなどを一緒にそえるという方法があります。

その場合、必ずしも相手方と同じ合計金額にしなければというわけではなく、こちらが相手を気遣っているという誠意が伝われば十分だと思われます。

またお年玉のマナーとして、ポチ袋にいれるときは紙幣を三つ折りにするとよいでしょう。四つ折りだと縁起が悪いと考える人もいますが、三つ折りなら誰もが気持ちよく受け取れますね。

紙幣の折り方に関しては、参考に動画を載せておきます^^

それから忘れてはいけないルールとしては、お年始に上司の家にいったときに上司の起こさんに渡すときです。

お年玉はその由来からも、目上の者から目下のものへ渡すもので、上司の子供も目上の関係者とみなすので、部下からお年玉を渡すのは間違いとなります

上司のお子さんに何か渡す必要があるときには表書きを「お年玉」ではなく「文具代」としたり、お金ではなく図書カードにするとよいでしょう。

 

では最後にお年玉をもらうときのルールについて簡単に解説して終わりにしたいと思います。

 

もらうときのルール

YUKI_kodomookane15144623-thumb-815xauto-18876

これはごく簡単に二つだけです。

 
  • お礼をきちんと言う(子供にお礼を言うよう教えておく)
  • その場で開封して金額を確認しない

当たり前のことですが、お年玉をくれた相手へ感謝をもって接することが、マナーのある態度になります。それさえ気をつければ自然体で大丈夫です。

 

最後に

以上、お年玉についてをまとめてみました。

現在、あげる立場になった大人も、かつて子供のころに大人たちからお年玉をもらい欲しかったおもちゃを買ってうれしかった思い出がありますね。

お年玉のルールを参考にしていただき、新年をむかえてお年玉を待っている子供たちを喜ばせてあげられたらいいですね^^

その他にもお年玉関連記事をご用意しておりますので、ぜひ参考にしてみてください♪

お年玉の相場!小学生にはいくらあげるのが一般的?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事