-あなたの気になるにお答えします-

立春 2017年はいつからいつまで?節分との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もまだまだ寒いですよね。例年通り3月まではこの寒さも続くのではないでしょうか。

そんな寒さもどこへやら、2月になると立春がやってきますね。春という言葉が入っているのでなんだか4月ぐらいのことを指すのかな〜なんて思っている方も多いですが、実際立春は毎年2月。

また、節分は毎年豆まきをしているけど、立春についてはどういう日なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

ということで今年の立春はいつなのか?といったことや、立春にまつわる疑問についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

今年の立春はいつ?

risshun-2

ではいきなり結論からいってしましましょう!

 

今年の立春は2月4日(土曜日)

毎年そうでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は立春=2月4日というわけではなく、2月3日が立春になる場合もあるのです。

ちなみに1985年から2020年まではずっと2月4日が立春になりますが、2021年や2025年は2月3日が立春になる予定です。

日にちが変わる理由としては、立春というのが太陽の角度が315度になるときのこと。それがほとんどの場合2月4日なのですが、数年に1度2月3日にずれ込むこともあるからなんですね。

立春はいつまで?

立春の始まりは2月4日になることがほとんどなのですが、実はその日だけを指すのではなく期間が決まっているんですね。いつまでかというと…雨水まで。

雨水という聞き慣れない言葉が出てきたので簡単に解説しておきますね。

雨水とは太陽の角度が330度になるときのことで、雪が溶けて雨に変わり始める季節であることからこのように名付けられました。雨水はほとんど場合19日からなので、立春は18日までとなることが多いいうことになります。

つまり立春は…

 

2月4日(もしくは3日)から2月18日まで。

となる場合がほとんどいうのが正しい答えとなります。

 

では次の章で立春というのはどういう日なのか?ということについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

そもそも立春ってどんな日?

311319

昔は立春・立夏・立秋・立冬と季節の変わり目を今のお正月のように捉えていました。その中でも立春というのは春の始まりの日で、1年のはじまりという位置づけでした。

このように今も残っている風習などは大体旧暦の時に決められた物がほとんどなので、1ヶ月ほどずれが生じる場合がほとんどです。なので今と昔では同じ春という言葉でも月が違うので全然イメージと違う行事になってしまうんですね。

またこれはご存知の方も多いかと思いますが、立春は一年の中で一番寒い日だとされています。

では次の章で立春と節分との関係性をみていきましょう!

Sponsored Link

節分との関係は?

116010

節分は今でいうところの大晦日

先ほど季節の変わり目に、立春・立夏・立秋・立冬とあるとご説明しましたが、その前日のことを節分と読んでいました。つまり節分は1年に4回もあったんですね。

簡単に説明すると、今も大晦日などで除夜の鐘などで邪気を取り除いてから新年を迎えましょうという風習がありますが、節分も同じで新しい季節に入る前に身の回りの邪気を取り払ってしまおうという行事だったんですね。

新暦に以降するにあたって1月1日が正月になり、旧暦での新年である立春の前日だけが一番大事な日だとして今でも行事事として残される事になりました。

節分に関しては別記事で詳しく解説していますのでそちらをご参照下さい。

節分2017年はいつ?色んな疑問を一気に解決!

節分は立春の一日前と決まっているので、こちらも2月3日が節分とイメージする方が多いと思うのですが、立春が2月3日になることもあるので、2月2日が節分になる場合もあるということになりますね。

 

では最後に立春の日によく玄関などで見かける立春大吉についてみていきましょう!

立春大吉とは

立春の日に、立春大吉と書かれたお札のようなものが貼ってあるのを見た事がある人も多いと思います。立春大吉とか簡単に言うと厄よけのお札。新しい年に入って邪気が家の中に入って来ないようにするためのものなんですね。

注目すべき点は、立春大吉という文字が全て左右対称になっているという点。表裏どちらから見ても同じように見えますよね。これは鬼を家から追い出すための工夫だと言われています。

家に入ってきた鬼が振り返った先の玄関で立春大吉という文字を目にすると、そこをまだ入った事がない家だと勘違いして出て行くというなんとも間抜けな理由からこのように左右対称の立春大吉という文字が飾られるようになったとされています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長くなりましたのでまとめておきます。

 
  • 立春は基本的に2月4日だが、3日になる場合もある。
  • 立春の終わりは2月18日。
  • 立春は今で言うところの正月。
  • 節分は今で言うところの大晦日。
  • 立春大吉のお札は鬼を追い出すため。

 

 

2月の数少ないイベントを楽しんでくださいね♪

関連記事はこちら♪

節分っていつ?色んな疑問を一気に解決!

節分の豆まきの由来とは?子供にもわかる簡単解説!

節分の豆を年の数だけ食べる理由!子供にもわかる簡単解説

節分の鬼の由来は?なぜあのような姿になったの?

節分の柊鰯の由来は?いつまで飾ればいいの?

節分にそばを食べる由来!うどんじゃだめなの?

立春はいつからいつまで?節分との関係は?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事