-あなたの気になるにお答えします-

節分の豆まきの由来とは?子供にもわかる簡単解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ節分の季節ですね^^

節分と言えば恵方巻きや鬼など様々な物を連想するかと思いますが、一番メジャーなのは豆まきですよね。鬼は〜外!福は〜内!なんて声がどこからともなく聞こえてきそうです♪

いやぁ〜なんとも楽しそうですね♪

でもでも子供の頃から習慣でなんとなぁ〜く豆まきをしていたけど実際なぜ豆まきをするのか?その理由を知らないという人が増えてきているのも事実。

ということで今回は節分の豆まきの由来について子供でもわかるように噛み砕いてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

節分の豆まきの由来

114428

いきなり豆まきに関して説明していきたいところですが、その前に予備知識として節分の由来を知っておくとより理解が深まりますので簡単にご紹介していきます。もう既に知ってるよという方は豆まきの由来から読み進めてください♪

 

節分の由来

そもそも節分というのは昔、季節の終わりの日の事を意味していました。立春・立夏・立秋・立冬と1年を4つにわけ、それぞれの季節に移行する前日は全て節分の日とされていたんですね。つまり今で言うところの大晦日が年に4回あるようなイメージです。それがだんだんと変化していき、今の立春の前日である2月3日のことだけを節分と呼ぶようになったんですね。

節分は大晦日のようなイメージだということをお話ししましたが、大晦日の日に1年の穢れを洗い流してから次の年を迎えたいという方も多いかと思います。それと同じで昔から新しい季節に入る前には自分の身の回りの穢れを洗い流してから次の季節を迎えようという風習があったんですね。

 

豆まきの由来

では本題であるなぜ豆まきをするようになったのかという疑問を解決していきましょう。

まず豆とは、鬼は〜外!と叫びながら鬼を退治するものですよね。そう、鬼は豆が嫌いだからというのが一番の理由です。まぁそりゃ嫌いなものじゃないと鬼も逃げていかないですよね(笑)ということでなぜ鬼は豆が嫌いだとされているのかということを説明していくと…

昔から豆には邪気を追い払う力があると考えられていました。その理由は以外と単純で、まめという字は通常漢字で豆と書きますが、読みがなから魔滅。つまり魔(ま)を滅(め)するという風な漢字を宛てたのが由来だとされています。

冗談のようですが、以外と日本の行事などはこういった単純な理由から始まったものも多かったりするのもまた事実。

ちなみに別記事で詳しく書いていますが、鬼とは”姿形のない。この世の物ではない“という意味がある隠(おぬ)という字が転じたもの。今と違って科学が発展しておらず、原因不明の病気や天災などが頻繁に起きていた時代に作られたものだとされています。その形のない恐怖を鬼というイメージとして作り、魔である鬼を滅するために豆まきが始まったんですね。

*参考記事

節分の鬼の由来は?なぜあのような姿になったの?

 

では次の章で撒いた豆を食べる理由について簡単にご紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

撒いた豆を食べる理由

077591

鬼を退治するために豆を撒くというのはお分かりいただけたかと思いますが、では一体なぜ食べるのでしょう?

実はこちらも根本的には先ほどした豆まきをする理由と同じで、体内の穢れを洗い流すために豆を食べるのが良いとされているから。つまり家の中や自分の身の回りだけでなく体内の魔を滅するために、豆を食べるようになったんですね。

ちなみに節分の豆は年の数だけ食べましょうとか、年の数プラス1個食べるとよい見たいな話を聞いた事がある方も多いかと思いますが、もともとは数え年の数プラス1個というところから始まったようですが、これに関しては地域差があるのでその土地の風習に従うのが良いでしょう。

*参考記事

節分の豆を年の数だけ食べる理由!

Sponsored Link

最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなりましたのでまとめておきます。

 
  • 豆まきの由来は、豆を魔滅として、魔である鬼を滅するために始まった。
  • 撒いた豆を食べる理由は、体内の穢れを洗い流すため。

 

今の時代だからこそ豆まきというイベントを遊び半分で楽しめていますが、昔の原因不明の病気やら天災に怯えていた人達は藁にでもすがる思いでこの節分という行事を考えたのかなぁと思うと、今の時代に生まれてきて本当によかったなと感謝せずには射られませんね^^

 

節分関連記事

節分2016年はいつ?色んな疑問を一気に解決!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事