-あなたの気になるにお答えします-

節分の鬼の由来は?なぜあのような姿になったの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ節分の季節がやってきますね^^

節分と言えば、豆まきや恵方巻きなど様々なイベントが盛りだくさん。でもでも、実際節分って何のための行事なのか、どういう意味が込められているのか知らない方も多い印象です。

なんで節分と言えば豆をまくのか?なぜ恵方巻きを食べるのか?なぜ鬼が出てくるのか?

少し考えただけでも色んな疑問が湧いてきますよね。ということで今回は節分の疑問解決シリーズと致しまして、鬼の由来についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

節分の鬼の由来は?

114711

鬼の由来についてより理解が深まるよう、別記事で詳しく解説していますが、節分の由来について簡単に説明しておきますね。

節分の由来

実は節分って元々は今みたいに2月3日のことだけを指すのではなく、立春・立夏・立秋・立冬などの新しい季節に移行する前日のことでした。今でいう大晦日みたいなイメージです。それが時を経て、立春の前日である2月3日のことだけを節分と呼ばれるようになりました。

今でも大晦日に厄払いに神社やお寺に通う人も多いかとは思いますが、当時も新しい季節の前日には厄払いをするというのが習慣としてあったんですね。その厄払いというのが鬼につながっていきます。

 

節分の鬼の由来

節分に鬼が登場するようになったのは奈良時代からで、平安時代にだんだんと定着しだしたと言われています。

由来は中国の大晦日の風習で、鬼のお面をかぶった人を弓矢で追い払う追儺(ついな)という行事が日本に伝わったものだと言われています。なぜこのような事をするかというと、先ほど説明したように厄払いの意味合いが込められているからなんですね。

鬼というのはもともと姿形のない。この世の物ではない。といった意味を持つ隠(おぬ)という言葉から作られたものだとされています。最初は姿形を持たない何か恐ろしいものと考えられてきましたが、だんだんと今の鬼のようなイメージが作られ、人に災いをもたらす象徴として考えられるようになっていきました。

その災いである鬼を苦手とする豆や柊鰯などで退治してしまい、新しい季節を良い状態で過ごしましょうという意味を込められて節分に鬼が用いられるようになったというのが由来になります。

 

では次の章でなぜ鬼はあのような姿になったのか?ということについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

なぜ鬼はあの姿なの?

113916

鬼と言えば、赤や青色で、角が生えてて、虎柄のパンツはいて、混紡をもってて…みたいなイメージをみなさん抱きますよね。丁度上のイラストみたいな感じです。

もともとは目に見えない災いの象徴だったのに、なにがどうなってこんな姿になったのでしょう?

実は子・ 丑・ 寅・ 卯の干支が関係してくるんですね。陰陽道では鬼が出入りするとされている鬼門という位置が有り、そこが十二支の方位でいうところの丑と寅の方向になります。

つまりそこから鬼の姿を連想し、角はうしから、牙とふんどしをとらからとって今の姿になったという訳です。

赤や青の色に関しては様々な説がありますが、赤は怒りを連想させ、青はこの世の生き物ではないということを連想させる事からその色になったのではないかというのが一番有力な説だとされています。こん棒についてはただ単に恐怖を強調するように持たせているだけのようです^^;

 

では最後に節分用に鬼のお面の作り方について動画を交えてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link


鬼のお面の作り方

今まではお面を買っていたけどもっと節分を楽しみたいという方ですと、以外と簡単そうなんで自分で作ってみるのも良いかもしれませんね^^ 手作りのお面だときっとお子さんも喜んでくれるはず♪

ぜひぜひ試してみてくださいね^^

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなりましたのでまとめておきます。

 
  • 節分の鬼は目に見えない災いの象徴として用いられるようになったのが由来。
  • 鬼はうしととらを合体させたイメージからきている。

 

このように何かしらのイベントごとの由来というのは科学が発展した今の時代だからこそ、そんなことかよと思うことも多いですよね。ただ今になったからこそ解決されているものは多いものの、昔の原因不明の病や天変地位に脅かされて生きていた時代の人からすると何かにすがりたい。そういう気持ちから様々な行事が取り入れられるようになったんですね。

 

節分関連記事

節分2016年はいつ?色んな疑問を一気に解決!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事