-あなたの気になるにお答えします-

節分の柊鰯の由来は?いつまで飾ればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ節分の季節ですね♪

節分と言えば豆まきや鬼、恵方巻きなどを想像する方が多いと思いますが、地域によっては柊鰯を飾る習慣もありますよね。見た事ない方だとイメージしづらいと思うので、一応下にイラストを載せておきます♪

113774

僕の実家でも子供の頃に焼いたいわしの頭を柊の枝に刺して玄関に飾っていましたが、大人になってあれは一体なんだったんだろうと毎年疑問に思っていました。

ということで今回は長年の疑問に終止符を打つべく、節分に鰯柊を用いられるようになった由来を調べてきましたのでご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

柊鰯の由来

節分と言えば鬼を退治する行事ですよね。豆まきと同じように、鰯や柊も鬼が嫌うものの代表格としてあげられます。玄関に柊につけた鰯を飾ることによって鬼が逃げていくと昔から考えられているんですね。

いわしヒイラギ

ではそれぞれなぜ鬼が嫌うのか?由来を見ていきましょう!

鰯の由来

鰯は鰯でもそのままでは効果がありません。ポイントとしては焼くというところです。鬼は鰯を焼いた匂いや煙が嫌うとされているんですね。ちなみに節分に鰯を飾ったり食べるのは西日本の習慣で、関東ではあまり浸透していません。食べるのは体内の邪気を追い払うという意味が有ります。

柊の由来

よく見てみると、柊の葉には鋭いとげがありますよね。昔からとげは厄よけとして使われており、近づいてきた鬼の目をとげで刺して撃退すると考えられいました。

鬼って強そうなイメージがあるのに、とげが苦手だなんてちょっと拍子抜けですよね(笑)

ちなみに玄関に飾る理由として、日本の門守りという風習ものがあります。厄除けの効果があるものは、厄が家の中に入ってこないように、玄関の前に飾るのが一般的。余談ですが、正月の門松や、お札などを玄関の前に貼付けるのもそういった理由からきているんですね。

 

 

では次の章で柊鰯をいつまで飾るのかということについてご紹介していきます。

Sponsored Link

いつからいつまで飾るの?

111374

柊鰯を飾ったはいいものの、いつまで飾っておけばいいのか悩まれる方も多いはず。結論を言ってしまうと…

 

節分の日から2月の最終日まで飾っておく

というのが一般的です。

ただ場所によっては1月15日の小正月から2月4日の立春までというところや、節分の日だけというところ、はたまた節分から3月3日のひな祭りまでというところも…。

このように地域や家庭によって違いがあるので、既に決まりがある場合はそれに従うのが無難。もし今年から始めようという方ですと、先ほど説明したように節分から2月の最終日まで飾っておくと良いでしょう♪

 

では最後に柊鰯の作り方について動画を交えてご紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

柊鰯の作り方

分かり易い動画があったので載せておきます。20秒程の短い動画ですので、下の作り方とあわせてご覧になってみてください。

用意するもの

  • いわしの頭
  • 柊の枝

作り方

  • 鰯を塩焼きにする。
  • 頭以外の身の部分を食べる。
  • 頭と胴体の骨をはさみなどで切り離す。
  • 柊に鰯の頭を指す。
  • 玄関に飾る。

とっても簡単ですよね^^

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなりましたのでまとめておきます。

 
  • 節分に柊鰯を飾るのは、豆と同じで鬼が嫌うから。
  • 柊鰯を飾るのは一般的に節分から2月の終わりまで。
  • 作り方は焼いた鰯の頭に柊を刺すだけでOK。

 

まだ柊鰯を作った事がない方はぜひトライしてみてくださいね^^

 

節分関連記事

節分2016年はいつ?色んな疑問を一気に解決!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事