-あなたの気になるにお答えします-

コンビニのATMを手数料無料で使える銀行!店舗別にご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニのATMってかなり便利ですよね。銀行や郵便局のATMと違って深夜も使えるし、何と言っても家の近くにある場合が多い。そんなこともあり、僕も普段からコンビニのATMをよく利用させてもらっています。

ただ結構手数料が高く付くと思っている方も多い印象です。確かにお金を引き出すために手数料を払うってなんだかばからしく感じてしまいますよね^^;

でもでも銀行によっては終日手数料がかからないところもあるって知ってましたか?(僕は趣味でオークションを利用しているので色々調べている内に見つけたのですが…)

ということで今回はコンビニのATMでお金を引き出す際に手数料無料で使える銀行をご紹介していきます。

いきなり手数料無料で使える銀行をご紹介していきたいところですが、コンビニで扱っているATMによって無料で使える銀行が変わってきますので、まずは主要なコンビニがどのATMを置いているのか?ということについてさくっとご紹介していきます。

Sponsored Link

主要コンビ二に設置してあるATMの種類

038713

では大手3つのコンビニをみていきましょう!

  • セブンイレブン・・・セブン銀行ATM
  • ファミリーマート・・・E-net/ゆうちょATM
  • ローソン・・・ローソンATM

 

セブンイレブンやローソンはコンビニ名を入れているのでわかりやすいのですが、ファミリーマートは従来のE-netの他に2014年からゆうちょATMを導入し始めました。現時点でまだ首都圏の500店舗ぐらいしかないのでE-netを利用する機会の方が多いかもしれませんね。

このように一見同じように見えるATMでもコンビニによって変わってきます。それにより、コンビニごとにATMを無料で使える条件が変わってくるんですね^^;なので、あなたが利用している銀行とよく行くコンビニを照らし合わせて見ていく必要があります

 

では、次の章でそれぞれのコンビニごとに手数料が無料で使える銀行をご紹介していきます。

Sponsored Link

各コンビニのATMの手数料を無料で使える銀行は?

プリント

ではご紹介していきます!

セブンイレブン

  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行

*ちなみにセブン銀行だと7時から19時まで無料。

ファミリーマート

▶︎E-net

  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行(月5回まで無料)
  • ソニー銀行(月4回まで無料)
  • じぶん銀行 (月3回まで無料)

▶︎ゆうちょATM

ゆうちょ銀行

ローソン

  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行(月5回まで無料)
  • ソニー銀行(月4回まで無料)
  • じぶん銀行(月3回まで無料)

その他

楽天銀行は前月末までの残高やサービスステージによって無料で利用出来る回数が変わってきます。

※詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/privilege/

このように新生銀行だけはどのATMでも手数料無料で引き出すことができますので、よく利用する方だとひとつ持っておくだけで大分節約ができちゃいますね♪

では最後にその他の銀行で引き出す場合の手数料についてさくっとご紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

手数料がかかる場合はおいくら?

259573

利用している銀行によって変わってくるのですが、大体100円〜200円ぐらいの手数料がかかってきます。

どの銀行も時間によって手数料がかかるかからないがかわってくるので確認が必要ですが、基本的に日中は無料だけど、夜間は有料という場合が多いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長くなりましたのでまとめておきます。

  • コンビニに置いてあるATMは店舗によって変わってくる。
  • 各ATMによって手数料無料の銀行が変わってくる。
  • 新生銀行だけ全てのコンビニで手数料無料で使える。
  • 手数料がかかる場合でも大体100円から200円

 

手数料無料で使える銀行の口座を持っていないよ〜という方はこの機会に銀行を変えてみる、もしくはもうひとつ口座を作ってみるのもいいかもしれませんね♪

 

お金に関する記事はこちら♪

コンビニでお金のやりとり!ATMにまつわる疑問解決

小銭からお札へ両替する方法!おすすめ記事6選

新札に交換する方法をご紹介!おすすめ記事4選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事