-あなたの気になるにお答えします-

新札への両替を銀行でする方法!手数料ってかかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急遽新札が必要になることってありますよね。結婚式とか、お年玉とか…

僕も先日友人の結婚式があったのですが、前日まで新札を用意するのを忘れており慌てて銀行の窓口へ駆け込みました。何事も事前の準備が大切ですね ^^;

両替した後で色々と調べてみたのですが、やはり平日であれば銀行でするのが一般的で一番手っ取り早そうです。

ということで実践記として新札への両替を銀行でする方法についてお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

新札への両替を銀行でする方法

kako-WVaPxptAJPU1XBN3

大きく分けて新札に両替する方法としては二つあります。

  • 窓口
  • 両替機

それぞれ詳しく解説していきます。

窓口

一番一般的な方法として銀行の窓口で両替してもらう事が出来ます、まず間違いなく新札に両替する事が出来ます。あとは基本キャッシュカードや通帳などがない場合でも、用紙に名前や住所、日付などを記入すると両替できるので、持ち物は両替する分のお札だけでOKです♪

デメリットとしては朝一で行った場合は別ですが待ち時間があったり、大量の両替なると手数料がかかってしまう場合があるという点ですね。僕もかなり焦っていたので窓口を利用したのですが、確実に新札を手に入れるなら銀行の窓口に駆け込むのが一番かと思います。

両替機

両替機を設置している店舗であれば、そちらで両替する事も可能です。窓口に比べるとかなり時間の短縮が出来ます。ただ比較的大きい店舗でないと両替機自体がないという確立が高いので、そこは行く前に調べておくのが無難かと思います。

両替機の仕組みとして新札がある場合はそちらが優先されるようになっているのですが、こちらは先ほどの窓口で両替する方法と違って100%ではないので店員さんに聞いてみて下さい。両替機に新札が入っている場合は時間短縮のため店員さんが誘導してくれる場合が多いんですけどね^^;

利用するにあたってキャッシュカードか両替専用のカードが必要になってくるのでお忘れにならないように。また両替機も窓口が営業している時間しか利用することができないのでこちらも注意が必要です!

 

では次の章で銀行で両替する際の手数料に関して解説していきたいと思います。

Sponsored Link

銀行で両替する場合手数料は?

kako-uLJ7Cc7jipENJ4En

新札に両替する場合手数料がかかる場合があるのですが、どうしても銀行によって変わってきますので問い合わせてみるのが一番なのですが、大体の目安があります。

まず窓口と両替機の共通点として、1万円札から1万円札の要に同じ紙幣であれば何枚両替しても料金はかかりません。ただ、1万円札から千円札のように異なる紙幣に両替する場合は手数料がかかってきます。これは窓口でする場合も両替機でする場合も基本一緒です。

違う紙幣への変換の場合は窓口と両替機で異なってきますのでご紹介していきますね。

窓口での両替

両替前と両替後の枚数が多い方を対象として考えます。

  • 50枚までは無料
  • 51枚から500枚までは約300円
  • 500枚以上だと約600円
  • 1001枚以上からは500枚ごとに約300円加算

 

両替機での両替

こちらは両替後のお札の枚数によって手数料が変わって来ます。

  • 50枚までは無料
  • 51枚から500枚までは約200円
  • 501枚から1,000枚までは約300円

ほとんどの銀行はこれが基本になり、何千円も大きく金額が変わる事はないのでひとつの目安にしてみてくださいね♪

 

では次の章で土日でも新札に両替出来るのか?ということについて見ていきたいと思います。

Sponsored Link

土日でも新札に両替って出来るの?

kako-ksLvP5ji0bOBmfJS

窓口で両替する場合はもちろん銀行が開いていないとできないので、出来ないという結論になってしまいます。

では両替機はどうでしょう?こちらも銀行の営業時間しか取り扱いできないので、両替ができないんですね^^;

どうしても土日に両替したいという事であれば、ATMを利用する方法もあるのですが結構ギャンブル的な方法になってしまいますのであまりおすすめは出来ません。

他にも銀行以外で新札を手に入れる方法をまとめた記事がありますのでご紹介しておきますね♪

土日でも新札に両替って出来るの?裏技もあわせてご紹介

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長くなったのでまとめておきます。

  • 銀行で新札の両替をする場合は窓口を利用する方法と、両替機を利用する方法がある。
  • 手数料は同じ紙幣への両替なら無料だが、異なる紙幣への両替は50枚以上から手数料がかかる。
  • 銀行では土日に両替はできないのでそれ以外の方法を使うしかない。

 

僕みたいに急に新札が必要になって慌てると心臓に悪いので、お金に余裕がある方なら数万円新札をタンス貯金しておいてもいいかもしれませんね^^;

 

両替関連記事はこちら♪

新札に交換する方法をご紹介!おすすめ記事4選

小銭からお札へ両替する方法!おすすめ記事6選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事