-あなたの気になるにお答えします-

『了解』と『承知』の違いとは?正しい言葉遣い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『了解しました!』

『承知しました!』

ビジネスシーンでよく使われる言葉。
了解」と「承知」なんとなくわかったよという意味だというのはわかるんだけど、違いがよくわからないというビジネスマンが増えているそうな…。

159920

普段からよく使っているけど、この使い方って本当にあってるの?って思うことってありますよね。入社して間もないあなた、ずっと間違った使い方をしていていざ大事な場面で指摘されたりすると赤っ恥ですね。特に目上の方と接するときには細心の注意が必要です。

そうならないためにも今回は「了解」と「承知」の違いについてチェックしていきましょう。

Sponsored Link

了解の意味

 

意味

物事のない内容や事情を理解して承認すること。

コトバンクより引用-

 

なぜ失礼なのか?

『了解』という言葉自体が相手を見て許す場合に使用する言葉で、上の権限をもつ者が許可を与えるというニュアンスがあるからと言われています。

『了解しました』自体は敬語的には問題がはないようですが、ビジネスマナー上NGとされています。

pose_ng_man

了解が上司にNGというのは最近認知されつつありますが、まだ使用しているよというあなたは注意が必要!

会社の中で仲のよい上司との間であれば問題はないですが、対お客様お取引先相手に使ってしまうと、相手によっては侮辱されたという印象を持つ方もいます…。

特に年配の方(第二次ベビーブーム以前の方)は気にされる方が多いので、要注意!!

Sponsored Link

承知の意味

 

意味

事情などを知ること。また、知っていること。わかっていること。
依頼・要求などを聞き入れること。承諾。

コトバンクより引用-

 

なぜ好まれるのか?

相手側を敬う気持ちが含まれているからなんですね。漢語なのでちょっと固いかなという印象をうけますが、ビジネスシーン!特に目上の方に対しては固いぐらいが相手も気持ちよくなるので、丁度良かったりします。

gomasuri_businessman

僕が勤めていた会社もそうだったのですが、通常ビジネスマナー研修では『承知』を使うように指導されていたりもしますね。

Sponsored Link


『了解』と『承知』の違いとは?

上記のことからもわかるように、「了解しました」より「承知しました」の方が敬意を込めた言い方といえます。

『承知』には相手側を敬う気持ちが含まれているのに対して、『了解』には敬意が含まれていないということを意識し、目上の人に対してや、かしこまった場では

「承知しました」「承知いたしました」を使うようにすると良い印象をもたれます!

 
  • 承知は敬語
  • 了解は敬語ではない

これだけおさえておけば安心ですね!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

どんなに仕事ができても言葉ひとつ、対応ひとつで相手に悪い印象をもたれてしまうと、自分の評価まで下がってしまいます

047055出世するためには目上の人に気に入ってもらうことは必須条件になりますからね。

良識のあるビジネスマンという印象を相手に与えるためにもしっかりした言葉遣いを身につけていきたいですね!

他にも違いがわからないよ〜という言葉があればバッチリまとめますので、メッセージ頂けると嬉しいです♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事