-あなたの気になるにお答えします-

なぜ6月?ジューンブライドの起源と意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ6月ですね!

この時期になると周りで結婚式をあげる人多くなってきますよね?かくいう僕も友人の結婚式で3回ほどジューンブライドを経験しています。

d6b58d4292f352775cb50f771049c0eb_l

6月に結婚すると幸せになれる!という話はかなり定着していますが、

なぜ6月なの?という話は今まで聞いたことがないですね。

ということで、今回はなぜ結婚=6月なのか?そもそもジューンブライドの起源と意味って何なの?ということについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

ジューンブライドの意味は?

a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_l

そもそもジューンブライドってなに?6月に入籍した人?6月に結婚式をあげた人?
と色々と疑問を抱かれているかも知れないですね。

まずそこから解説していきたいと思います。

「ジューンブライド」を直訳すると、「6月の花嫁」という意味です。

花嫁という言葉を使っているので、結婚式を挙げた人という解釈の方が本来の意味として適切ですね。

ヨーロッパでは昔から6月に結婚すると幸せになると言われており、そこが起源になっています。

Sponsored Link

なぜ6月?ジューンブライドの起源は?

megami

起源に関しては複数あるのですが、一番一般的な説から紹介していきたいと思います。

 

ローマ神話の女神が由来説

さきほどお話したように、ジューンブライドの起源はヨーロッパになります。
6月の英語表記のJuneという月名が、ローマ神話に出てくる女神Juno(ジュノー)に由来します。

ジュノーは女性の守り神で婚姻を司る神様なので、6月に結婚をすると女神が二人の幸せを一生約束してくれるという言い伝えから生じたという説です。

 

6月に結婚が解禁説!

昔ヨーロッパでは農業の妨げになるため、3・4・5月の3ヶ月間は結婚が禁止されており、結婚が解禁される6月に一斉に結婚するカップルが増え、周りの人々からの祝福も多い月だったからという説があります。

 

ヨーロッパでは6月がベストな天候だから説

ヨーロッパの6月は年間で最も雨が少なく天候に恵まれているので、結婚式を開催するにはベストな月とも言われています。

復活祭もこの時期に行われるので、ヨーロッパ全体が祝福ムードであふれていて、6月に結婚すれば花嫁は幸せになれるだろうという説。

Sponsored Link


日本での起源は?なぜジューンブライドが定着したの?

58d4f806af31dac160d106e37996f973_l

ジューンブライドをお考えの方にはちょっとがっかりするような話しかもしれませんが、日本でジューンブライドが定着した起源について紹介していきたいと思います。日本では閑散期になんとかお客さんを呼び込みたいと考えたブライダル業界の戦略みたいですね。

ヨーロッパの言い伝えを利用し、流行させたというのが起源だといわれています。バレンタインやクリスマスなど、日本人はこういったイベントごとに弱いですよね。

 

最後に

これからジューンブライドを考えていた方は、日本の起源を知ってがっかりしたかも知れませんね。

でも6月以外の月に結婚しても幸せそうな夫婦もいますし、6月に結婚したから幸せになりましたというデータをとったわけでもありません。

要は気持ち次第ということですね!

でもジューンブライドをお考えなら少なくとも意味や起源などは知っておいた方がいいかもしれませんね!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事