-あなたの気になるにお答えします-

金木犀の季節はいつ?花言葉など魅力もあわせてご紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の家の前には金木犀の木が植えてあり、秋になって窓をあけるといつも甘い香りが漂ってきます。

鑑賞としての金木犀も鮮やかなオレンジを見るととても心が穏やかな気分になりますよね。

この記事を読んでくれているあなたも、知らない間に金木犀の魅力に取り付かれたのではないでしょうか?

ただよく目にはするし、香りは好きだけど、以外と何も知らなかったりするかと思います。

金木犀を見かけたときに、さらっと魅力を伝えることができたら素敵ですよね。

今回はより金木犀の魅力を知っていただくために、金木犀の季節花言葉や由来についてご紹介していきます。

Sponsored Link

金木犀の季節はいつ?

一般的な金木犀の開花の季節は9月下旬〜10月上旬頃

もともと金木犀は4,5日で枯れてしまう花なので、その時期にずっと見れると言う訳ではありません。また南に行くほど開花時期は遅れると言われています。

なぜ一般的という表現を使ったかというと…。実は春にも金木犀が咲くという例もあるから!通常秋に咲く金木犀なのに、なぜか春に観察されるという報告がところどころであがっているみたいなんです。

ただ、毎年咲くワケでもなく、特定の木だけが春に花を咲かせるわけでもないので、「狂い咲き」なのか?なにかしら春に咲く「条件」があるのか?と昔から園芸家の間では話題になっているみたいです。

Sponsored Link

金木犀の花言葉!意味と由来

008195

金木犀の花言葉とその理由をまとめてみました!

謙虚・謙遜

強くて甘い人を魅了するような香りを持ちながらも、花が小ぶりで控えめな外観からきているます。

気高さ

雨が降るとその香りを惜しむことなく、枯れていないのに4,5日で花を散らしてします様からきています。

陶酔

香りを嗅いだときに、心を奪われ、まるで酔ってしまった状態になることからきています。

初恋

一度嗅いでしまうと忘れられない甘い香りを初恋の忘れられない甘い記憶に例えて意味づけられました。僕は花言葉が好きで色々調べているのですが、なかなかしっくりこない印象を持つものが多いです。ただこの金木犀の花言葉に関しては何か納得させられるものがありますね♪

なぜでしょう…?実は花言葉はもともと西洋から取り入れたもので、もともと中国の花である金木犀には花言葉はありませんでした。つまり、金木犀の花言葉は近年になって日本人が意味付けしたもの!日本人が考えた花言葉なのでどことなくしっくりくる感じがあるのかもしれませんね♪

またもともと中国では桂花と呼ばれており、雅な花という意味を持っており、金木犀という名前の由来は黄色い花を金色と捉えたところからきているそうです。

由来っていっても元をたどると結構単純だったりするもんですね。

金木犀の鑑賞以外の楽しみ方

金木犀は鑑賞目的以外にも使用されてたりしますのでご紹介していきますね。

飲食用

花びらを白ワインにつけた桂花陳酒、茶に混ぜて花茶にした桂花茶、香味料に仕立てた桂花醤などが代表的です。その甘い香りを利用して主に飲み物にも利用されているんですね。花がお酒に使われるということはよくあるのですが、金木犀がお酒やお茶などに利用されているのは僕も初めて知りました。

また金木犀の花の色にみたてて名付けられた桂花年糕のような卵料理も多くあります。

トイレの芳香剤・アロマ・香水

甘めでしっかりした強い香りであることから、1970年代初頭から1990年代までトイレの芳香剤として利用されていました。

比較的昔から香水には使われていましたが、最近だとアロマとしての利用なんかも人気ですね!

 

僕はアロマオイルを好んで使うのですが、部屋にデュフューザーで炊いたり、枕やカーテンなどにしみ込ませると一日中金木犀の香りが楽しめるのでおすすめです♪

 

最後に

flower_kinmokusei

いかがでしたでしょうか?

少しは金木犀の魅力をわかっていただけたのではないかと思います。昔「花は枯れるからこそ美しい」という言葉を聞いたことがあります。枯れるからこそ美しい!太く短くを体現したかのような金木犀!だからこそ人を魅了してやまないのかもしれませんね。

金木犀以外にも素敵な花があれば教えてくださいね♪

 

秋に関する記事はこちら♪

秋に眠い理由とは?根本から解決する方法をご紹介

秋に生じるうつの症状!原因と対策をわかりやすく解説!

金木犀の季節はいつ?花言葉など魅力もあわせてご紹介♪

彼岸花の花言葉!白や赤など色で意味が変わる不思議な花♪

秋に食欲の理由とは?知っておきたい3つの理由!

 

 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事