-あなたの気になるにお答えします-

正月と元旦の違いとは?元日もあわせてわかりやすく比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年の初めって色んな呼び方がありますよね。

正月、元旦、元日

この3つの違いを正確に答えられる人って以外と少ないと思います。

僕は年賀状書くときにいつもどれ使えばいいんだよーと迷っていました(笑)同じように悩まれている方も多いのではないでしょうか?

ということで今回は正月と元旦の違いについてお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

正月と元旦の違い

kako-axAT7gliNsUFWzSE

ではいきなり結論からいっちゃいましょう。

 
  • 正月は1月中。
  • 元旦は1月1日の日の出から昼の12時(午前中)まで。
  • 元日は1月1日。

 

というのが正月と元旦に関して一般的に定義されているものになります。

正月に関して

実は正月の定義は結構曖昧で、3が日のみを指す場合もあれば、門松をかたづけるまでというところもあります。関東では門松を15日まで、関西では20日まで飾る事が多いのでそのように曖昧になったのではないかといわれています。

元旦に関して

旦の字は水平線から太陽が上る様子を表しているといわれています。日が太陽を指し、下の線が水平線です。

元日に関して

1948年に年のはじめを祝うという意味を込めて国民の休日として定められました。他の2つに比べると元日という言葉が出てからの歴史が比較的浅いんですね。

 

ではこれを踏まえた上で年賀状にはどの言葉を使えばいいのかということについてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

年賀状は、正月?元旦?元日?

kako-w7augnJlYFyrLnsV

この正月、元旦、元日の使い分けで一番悩ましいのが年賀状を書くときだと思います。実は僕がこの言葉の使い分けを知ったのも、年賀状を書いているときにふと疑問に思ったからということがきっかけなのです。

ではご紹介していきます。

正確に言うと…

 

 
  • 1月1日に届くように出せるのであれば元旦、元日と記載。
  • 1月2日以降に出すのであれば正月にしておく方が無難だということですね。

 

先ほどご紹介したように、元旦と元日は1月1日のみを指す用語です。1月2日以降に送られて来てその言葉が記載されていると、詳しい人からするとあれっこの人日本語の使い方間違ってると思われてしまいます。

そこまで厳密にこだわる方に送るのでなければ気にしなくても良いとは思いますが、上司など目上の人に年賀状を出すときは気をつけておいた方がいいかもしれませんね。

 

では最後にもうひとつの似た言葉である旧正月についてさくっとお話しして終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

旧正月とは?

kako-M5utl9U4wkbjLUbW

読んで字のごとく旧暦の正月のこと。旧暦とは、日本では明治初期頃まで使用されていたもので、太陰暦と呼ばれていました。(ちなみに今の暦は太陽暦とよばれています。)

ざっくりと違いをまとめると…

 

太陰暦(旧暦)

  • 月の満ち欠けを基に暦を決めている。
  • 約354日

太陽暦(新暦)

  • 地球が太陽の周りを1周する周期を基に暦を決めている。
  • 約365日

 

このようになるので、約10日ほど新暦と旧暦の間でずれが生じるわけです。少しずつずれるので何月何日が旧正月ですよという明確な決まりはありません。

参考程度に2016年の旧暦は2月8日なので、新暦の正月と比較しても1ヶ月以上も離れているということがお分かりいただけるかと思います。

今の正月が制定されたのは1873年だということなので、まだ150年ほどしか経っていないんですね。

ご存知の方も多いかも知れませんが、中国やベトナムなんかでは、旧正月の方が大切にされています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長くなってしまったのでまとめると。

 
  • 正月は1月中。元旦は1日から午前中。元日は1月1日。
  • 年賀状を遅れて出す場合は正月にしておくのが無難。
  • 旧正月とは旧暦の正月のこと。

 

関連記事はこちら♪

正月っていつからいつまで?気になる記事をご紹介!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事